ZBrushからBlenderへモデルをインポート

この記事の続きです↓



ZBrushで作ったモデルをただBlender上に表示するだけならGoBでも良いんですが、今回の目的はリギング、アニメーションです。
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。Blen...

ZBrush上でモデルの準備

前提として、モデルはすでにZBrush上でリメッシュ、サブディビジョンレベルを保持したメッシュにディティールを投影し、UVも展開済み。



ここでは、最大サブディビジョンレベル5まで持ったモデルを作成した。



ここから最低レベルのSubDiv1のローメッシュモデルをエクスポートすることになる。


スポンサーリンク

ZBrushでMapを作成

ZBrushからモデルをエクスポートする前にDisplacement Map, Normal Mapを作成しておく。今回Albedo Map(いわゆる普通のカラーテクスチャ)は面倒なので作らなかった。

全てのSubToolを最低レベルのSubDiv1表示にして、各SubToolごとにMapを作っていく。



Displacement Mapの作成。



Normal Mapの作成。tangent spaceにすることを忘れずに。


ZBrushからエクスポート

そもそも、ZBrushにはファイルをエクスポートするためのプラグインが複数あって混乱する。
FBXファイルと各種マップ画像ファイルのエクスポート・インポートを行うFBX ExportImportと、OBJファイルと各種マップ画像ファイルをエクスポートするMulti Map Exporterというプラグインが存在する。
どちらを使ってもモデルとマップをエクスポートできるけど、今回はFBX ExportImportを使ってFBXファイルとマップをエクスポートする。



これでモデルのFBXファイルとマップのTIFFファイルがエクスポートされる。


スポンサーリンク

Blenderへインポート

FBXファイルをBlenderにインポートし、マテリアルにNormal Mapを設定。
無駄にCyclesでレンダリング↓


ZBrushからDisplacement Mapのエクスポート、Blenderへのインポート

ちなみに、ZbrushからMulti Map Exporterを使ってDisplacement Mapをエクスポートし、Displacement MapをBlenderへインポートする方法はこちらのチュートリアルが分かりやすい↓
https://3dtotal.jp/tutorials/20164/



頭のモデルだけでやってみた。
ZBrushからDisplacement Mapを3チャンネル 32bit OpenEXR形式でエクスポートして、



Blender側ではSubdivision Surface, Displacement Mappingをモディファイアで設定するのね。
Blenderのビューポート上でサブディビジョンをかけた状態↓



Displacement Mapを適用した状態↓



マテリアルを設定してNormal Mapも適用し、Cyclesでレンダリング↓



サブディビジョンが最低レベルでもそれなりに形を保っているメッシュだから、Normal Mapを使った場合との違いが分かりにくいな。

こんなことしてると全然リギングへ進まないな(笑)


スポンサーリンク

関連記事

ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
海外ドラマのChromaKey
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
変身ベルト
Stanford Bunny
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
社会人になったら…
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ゴジラの造形
UnityのGlobal Illumination
iPhone欲しいなぁ
頭脳派
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Mayaのプラグイン開発
『ピクサー展』へ行ってきた
能力者
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
天体写真の3D動画
日本でMakersは普及するだろうか?
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
個人情報の開示
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
立体視を試してみた
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Maya LTのQuick Rigを試す
シン・ゴジラのファンアート
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
グローバル化社会
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ

コメント