ZBrushからBlenderへモデルをインポート

この記事の続きです↓



ZBrushで作ったモデルをただBlender上に表示するだけならGoBでも良いんですが、今回の目的はリギング、アニメーションです。
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。 と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。 Blende...

ZBrush上でモデルの準備

前提として、モデルはすでにZBrush上でリメッシュ、サブディビジョンレベルを保持したメッシュにディティールを投影し、UVも展開済み。



ここでは、最大サブディビジョンレベル5まで持ったモデルを作成した。



ここから最低レベルのSubDiv1のローメッシュモデルをエクスポートすることになる。


スポンサーリンク

ZBrushでMapを作成

ZBrushからモデルをエクスポートする前にDisplacement Map, Normal Mapを作成しておく。今回Albedo Map(いわゆる普通のカラーテクスチャ)は面倒なので作らなかった。

全てのSubToolを最低レベルのSubDiv1表示にして、各SubToolごとにMapを作っていく。



Displacement Mapの作成。



Normal Mapの作成。tangent spaceにすることを忘れずに。


ZBrushからエクスポート

そもそも、ZBrushにはファイルをエクスポートするためのプラグインが複数あって混乱する。
FBXファイルと各種マップ画像ファイルのエクスポート・インポートを行うFBX ExportImportと、OBJファイルと各種マップ画像ファイルをエクスポートするMulti Map Exporterというプラグインが存在する。
どちらを使ってもモデルとマップをエクスポートできるけど、今回はFBX ExportImportを使ってFBXファイルとマップをエクスポートする。



これでモデルのFBXファイルとマップのTIFFファイルがエクスポートされる。


スポンサーリンク

Blenderへインポート

FBXファイルをBlenderにインポートし、マテリアルにNormal Mapを設定。
無駄にCyclesでレンダリング↓


ZBrushからDisplacement Mapのエクスポート、Blenderへのインポート

ちなみに、ZbrushからMulti Map Exporterを使ってDisplacement Mapをエクスポートし、Displacement MapをBlenderへインポートする方法はこちらのチュートリアルが分かりやすい↓
https://3dtotal.jp/tutorials/20164/



頭のモデルだけでやってみた。
ZBrushからDisplacement Mapを3チャンネル 32bit OpenEXR形式でエクスポートして、



Blender側ではSubdivision Surface, Displacement Mappingをモディファイアで設定するのね。
Blenderのビューポート上でサブディビジョンをかけた状態↓



Displacement Mapを適用した状態↓



マテリアルを設定してNormal Mapも適用し、Cyclesでレンダリング↓



サブディビジョンが最低レベルでもそれなりに形を保っているメッシュだから、Normal Mapを使った場合との違いが分かりにくいな。

こんなことしてると全然リギングへ進まないな(笑)

ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Blenderでリギングしたくてポーズ変更だけするつもりだったのだけど 眺めているとやっぱりモデリングそのものが気にくわなくなってくるんですよ。 動かすことを考えると、特に手のモデリングはやり直さないといけない気がしてくる。こういうのがちっ...

BlenderのRigifyでリギング
さて、やっとBlenderでリギングする段階まで来た。(はず) リギングについて、Blender公式の動画チュートリアルを見てみよう↓ って、リギングとは何か、リギングでやることは何か、っていう概要だけか。


スポンサーリンク

関連記事

3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZScript
『ピクサー展』へ行ってきた
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
生物の骨格
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ゴジラ(2014)のメイキング
ラクガキの立体化 モールドの追加
3DCG Meetup #4に行ってきた
タマムシっぽい質感
一般教養
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
PythonでBlenderのAdd-on開発
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
Stanford Bunny
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
WebGL開発に関する情報が充実してきている
日本でMakersは普及するだろうか?
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
立体視を試してみた
冷静
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Maya API Reference
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
参考になりそうなサイト
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrushCore

コメント