ZBrushからBlenderへモデルをインポート

この記事の続きです↓



ZBrushで作ったモデルをただBlender上に表示するだけならGoBでも良いんですが、今回の目的はリギング、アニメーションです。
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。Blen...

ZBrush上でモデルの準備

前提として、モデルはすでにZBrush上でリメッシュ、サブディビジョンレベルを保持したメッシュにディティールを投影し、UVも展開済み。



ここでは、最大サブディビジョンレベル5まで持ったモデルを作成した。



ここから最低レベルのSubDiv1のローメッシュモデルをエクスポートすることになる。


スポンサーリンク

ZBrushでMapを作成

ZBrushからモデルをエクスポートする前にDisplacement Map, Normal Mapを作成しておく。今回Albedo Map(いわゆる普通のカラーテクスチャ)は面倒なので作らなかった。

全てのSubToolを最低レベルのSubDiv1表示にして、各SubToolごとにMapを作っていく。



Displacement Mapの作成。



Normal Mapの作成。tangent spaceにすることを忘れずに。


ZBrushからエクスポート

そもそも、ZBrushにはファイルをエクスポートするためのプラグインが複数あって混乱する。
FBXファイルと各種マップ画像ファイルのエクスポート・インポートを行うFBX ExportImportと、OBJファイルと各種マップ画像ファイルをエクスポートするMulti Map Exporterというプラグインが存在する。
どちらを使ってもモデルとマップをエクスポートできるけど、今回はFBX ExportImportを使ってFBXファイルとマップをエクスポートする。



これでモデルのFBXファイルとマップのTIFFファイルがエクスポートされる。


スポンサーリンク

Blenderへインポート

FBXファイルをBlenderにインポートし、マテリアルにNormal Mapを設定。
無駄にCyclesでレンダリング↓


ZBrushからDisplacement Mapのエクスポート、Blenderへのインポート

ちなみに、ZbrushからMulti Map Exporterを使ってDisplacement Mapをエクスポートし、Displacement MapをBlenderへインポートする方法はこちらのチュートリアルが分かりやすい↓
https://3dtotal.jp/tutorials/20164/



頭のモデルだけでやってみた。
ZBrushからDisplacement Mapを3チャンネル 32bit OpenEXR形式でエクスポートして、



Blender側ではSubdivision Surface, Displacement Mappingをモディファイアで設定するのね。
Blenderのビューポート上でサブディビジョンをかけた状態↓



Displacement Mapを適用した状態↓



マテリアルを設定してNormal Mapも適用し、Cyclesでレンダリング↓



サブディビジョンが最低レベルでもそれなりに形を保っているメッシュだから、Normal Mapを使った場合との違いが分かりにくいな。

こんなことしてると全然リギングへ進まないな(笑)

ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Blenderでリギングしたくてポーズ変更だけするつもりだったのだけど眺めているとやっぱりモデリングそのものが気にくわなくなってくるんですよ。動かすことを考えると、特に手のモデリングはやり直さないといけない気がしてくる。こういうのが...

BlenderのRigifyでリギング
さて、やっとBlenderでリギングする段階まで来た。(はず)リギングについて、Blender公式の動画チュートリアルを見てみよう↓って、リギングとは何か、リギングでやることは何か、っていう概要だけか。


スポンサーリンク

関連記事

ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Unityの薄い本
頭脳派
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
多忙な人
Physically Based Rendering
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Web時代の教育方法
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
BlenderのRigifyでリギング
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
デザインのリファイン再び
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・メッシュを扱うライブラリ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Unreal Engine 5の情報が公開された!
UnityでLight Shaftを表現する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
2021年4月 振り返り
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Mayaのシェーディングノードの区分
WebGL開発に関する情報が充実してきている
プログラムによる景観の自動生成
布地のシワの法則性
別に悪意は無いんだけどさ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

コメント