ZBrushからBlenderへモデルをインポート

この記事の続きです↓



ZBrushで作ったモデルをただBlender上に表示するだけならGoBでも良いんですが、今回の目的はリギング、アニメーションです。
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。Blen...

ZBrush上でモデルの準備

前提として、モデルはすでにZBrush上でリメッシュ、サブディビジョンレベルを保持したメッシュにディティールを投影し、UVも展開済み。



ここでは、最大サブディビジョンレベル5まで持ったモデルを作成した。



ここから最低レベルのSubDiv1のローメッシュモデルをエクスポートすることになる。


スポンサーリンク

ZBrushでMapを作成

ZBrushからモデルをエクスポートする前にDisplacement Map, Normal Mapを作成しておく。今回Albedo Map(いわゆる普通のカラーテクスチャ)は面倒なので作らなかった。

全てのSubToolを最低レベルのSubDiv1表示にして、各SubToolごとにMapを作っていく。



Displacement Mapの作成。



Normal Mapの作成。tangent spaceにすることを忘れずに。


ZBrushからエクスポート

そもそも、ZBrushにはファイルをエクスポートするためのプラグインが複数あって混乱する。
FBXファイルと各種マップ画像ファイルのエクスポート・インポートを行うFBX ExportImportと、OBJファイルと各種マップ画像ファイルをエクスポートするMulti Map Exporterというプラグインが存在する。
どちらを使ってもモデルとマップをエクスポートできるけど、今回はFBX ExportImportを使ってFBXファイルとマップをエクスポートする。



これでモデルのFBXファイルとマップのTIFFファイルがエクスポートされる。


スポンサーリンク

Blenderへインポート

FBXファイルをBlenderにインポートし、マテリアルにNormal Mapを設定。
無駄にCyclesでレンダリング↓


ZBrushからDisplacement Mapのエクスポート、Blenderへのインポート

ちなみに、ZbrushからMulti Map Exporterを使ってDisplacement Mapをエクスポートし、Displacement MapをBlenderへインポートする方法はこちらのチュートリアルが分かりやすい↓
https://3dtotal.jp/tutorials/20164/

ZBrush to Blender 2.8 Displacement Maps – Ultimate Guide

頭のモデルだけでやってみた。
ZBrushからDisplacement Mapを3チャンネル 32bit OpenEXR形式でエクスポートして、



Blender側ではSubdivision Surface, Displacement Mappingをモディファイアで設定するのね。
Blenderのビューポート上でサブディビジョンをかけた状態↓



Displacement Mapを適用した状態↓



マテリアルを設定してNormal Mapも適用し、Cyclesでレンダリング↓



サブディビジョンが最低レベルでもそれなりに形を保っているメッシュだから、Normal Mapを使った場合との違いが分かりにくいな。

こんなことしてると全然リギングへ進まないな(笑)


スポンサーリンク

関連記事

MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ゆとりだし
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
SIGGRAPH Asia
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Unreal Engine 5の情報が公開された!
学ぶ姿勢
Physically Based Rendering
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
転職時代の新入社員
Pix2Pix:CGANによる画像変換
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
分類
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
MFnMeshクラスのsplit関数
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
自前Shaderの件 解決しました
マジョーラ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
多忙な人
Maya 2015から標準搭載されたMILA
PolyPaint
変身ベルト
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ラクガキの立体化 進捗
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
clearcoat Shader
ゴジラの造形
Maya API Reference
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Mayaのプラグイン開発
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ZBrushのZScript入門

コメント