ZBrushからBlenderへモデルをインポート

この記事の続きです↓



ZBrushで作ったモデルをただBlender上に表示するだけならGoBでも良いんですが、今回の目的はリギング、アニメーションです。
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。Blen...

ZBrush上でモデルの準備

前提として、モデルはすでにZBrush上でリメッシュ、サブディビジョンレベルを保持したメッシュにディティールを投影し、UVも展開済み。



ここでは、最大サブディビジョンレベル5まで持ったモデルを作成した。



ここから最低レベルのSubDiv1のローメッシュモデルをエクスポートすることになる。


スポンサーリンク

ZBrushでMapを作成

ZBrushからモデルをエクスポートする前にDisplacement Map, Normal Mapを作成しておく。今回Albedo Map(いわゆる普通のカラーテクスチャ)は面倒なので作らなかった。

全てのSubToolを最低レベルのSubDiv1表示にして、各SubToolごとにMapを作っていく。



Displacement Mapの作成。



Normal Mapの作成。tangent spaceにすることを忘れずに。


ZBrushからエクスポート

そもそも、ZBrushにはファイルをエクスポートするためのプラグインが複数あって混乱する。
FBXファイルと各種マップ画像ファイルのエクスポート・インポートを行うFBX ExportImportと、OBJファイルと各種マップ画像ファイルをエクスポートするMulti Map Exporterというプラグインが存在する。
どちらを使ってもモデルとマップをエクスポートできるけど、今回はFBX ExportImportを使ってFBXファイルとマップをエクスポートする。



これでモデルのFBXファイルとマップのTIFFファイルがエクスポートされる。


スポンサーリンク

Blenderへインポート

FBXファイルをBlenderにインポートし、マテリアルにNormal Mapを設定。
無駄にCyclesでレンダリング↓


ZBrushからDisplacement Mapのエクスポート、Blenderへのインポート

ちなみに、ZbrushからMulti Map Exporterを使ってDisplacement Mapをエクスポートし、Displacement MapをBlenderへインポートする方法はこちらのチュートリアルが分かりやすい↓
https://3dtotal.jp/tutorials/20164/



頭のモデルだけでやってみた。
ZBrushからDisplacement Mapを3チャンネル 32bit OpenEXR形式でエクスポートして、



Blender側ではSubdivision Surface, Displacement Mappingをモディファイアで設定するのね。
Blenderのビューポート上でサブディビジョンをかけた状態↓



Displacement Mapを適用した状態↓



マテリアルを設定してNormal Mapも適用し、Cyclesでレンダリング↓



サブディビジョンが最低レベルでもそれなりに形を保っているメッシュだから、Normal Mapを使った場合との違いが分かりにくいな。

こんなことしてると全然リギングへ進まないな(笑)


スポンサーリンク

関連記事

WebGL開発に関する情報が充実してきている
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
CreativeCOW.net
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
CEDEC 3日目
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrushでアマビエを作る その2
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
AfterEffectsプラグイン開発
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
タダでRenderManを体験する方法
参考になりそうなサイト
iPhone欲しいなぁ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
MFnMeshクラスのsplit関数
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZScript
Adobe Photoshop CS5の新機能
NICOGRAPHって有名?
Paul Debevec
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Oculus Goを購入!
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
デザインのリファイン再び
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
社会人になったら…

コメント