ガレージキット

Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成

一通り仕上げたので写真を撮る。 今回、眼の塗装に新しいやり方を試してみたけど、割と期待通りの結果になった気がする。 ただ、爪の塗装はだいぶ反省点がある。いつもの感覚で何となく塗っただけで微妙。
2019.06.17 0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ

エアブラシで大まかに塗り分けたから、細部の境界が結構はみ出していた。 はみ出した部分を筆でレタッチしていく。 腹甲と皮膚の境目、皮膚と甲羅の境目にベース色のグレー(メカサフ スーパーヘビィ)を筆塗り。 すでに暗緑色を吹いた上からグ...
0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着

前回、皮膚のベース色としてメカサフ スーパーヘビィを全体に吹いた。 メカサフのグレーから少しずつ色味を乗せて行きましょう。 まずはお腹の甲羅を塗っていく。キットの説明書には「腹甲」と書かれていた。「ふっこう」と読むらしい。
0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装

前回、眼を塗ったことでいっきにガメラの雰囲気が出てきた。(気がする) 皮膚のベースとして頭部に塗ったメカサフ スーパーヘビィを全身にも塗っていく。 エアブラシで吹いていきましょう。互換ブースが大活躍!
2019.05.27 0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装

半年ほど放置していたガメラも作業再開。 口内を塗り終え、眼の塗装の段取りを考えていた。白目は前回すでにMr.カラーのピュアホワイトで塗りつぶしておいた。
0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1

前回の記事から半年経ってますが、そもそもガメラ3のキットに手をつけ始めたのは衝動的なものだった。 このガメラ3のキットの制作記事を書くのは割と久しぶりなわけですが、作業は細々と進めていました。 接着したパーツ同士の隙間をエポキシパテで大...
2019.05.28 0
Electronic Kit

海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する

デスゴジの制作記事が1年半も空いてしまったね。 時間が経ち過ぎて、エポキシ樹脂で作った透明インナーパーツがすっかり黄ばんでしまっている(笑) 黄色い光で電飾する予定なので問題は無いはずだけど。
0
Hobby

東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット

冬のワンフェスが近づいているので模型の話題。 以前X-PLUSから塗装済み完成品のソフビフィギュアとして発売された東宝30cmシリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016)の話。 先に酒井ゆうじ造型工房からレジンキット版も発売...
2019.02.08 0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強

海洋堂から再販された20cmサイズの平成ガメラ三部作のソフビ、発売と同時に3つ購入していた。 G1ガメラのキットはすでに手を付けていて、塗装作業中↓ 夏のワンフェスで酒井ゆうじ造型工房から20cm G3ガメラのソフビキットと同一原型...
2018.09.29 0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装

前回までで口内の加工を終えた。 ようやく塗装作業に入る。再び全体にサーフェイサーを吹いた。 何回サーフェイサー吹いてんだか。。。
0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工

前回まで、着々と表面処理を進めていたけど。 舌のパーツの存在をすっかり忘れていたのでした。 怪獣ソフビキットで舌パーツが下アゴパーツと別になっている場合、接着位置の目印が曖昧で位置決めが結構大変。 なので、真鍮線で軸打ち加工して位置が...
2018.07.28 0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理

前回、目につく気泡をパテで埋め、表面の様子をよく見るためにいったん全体にサーフェイサーを吹いた。 ここからさらにちまちまと表面処理を進めていく。ひたすら地味な作業です。 今までと同様に、気泡を見つけた箇所を赤ペンでマーキングしていく。 ...
0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所の本格修復

だいぶ時間が空いてしまった。前回失敗箇所をレタッチしてリカバーを試みたけど、 水性プレミアムトップコートつや消しスプレーを吹いて乾かしたら、また同じ箇所が白くかぶって変な感じになってしまった。 パーツ同士を接着してパテ埋めした箇所...
0
Hobby

海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ

前回は眼を描き込みました。 眼の塗装が乾いた状態で眺めてみると、雰囲気は結構良い感じじゃないでしょうか。 今回は口や目の塗装ではみ出した箇所をレタッチしていきます。このままだと歯茎の面積が広くてキンゴジみたいですね。
0