Biography

NegativeMindってこんな人

基本的にオタク。趣味に執着しないと生きられない。集団に上手く馴染めない。他人より多く休まないと調子が悪くなるかも。世間の尺度で言うと「ダメ人間」ってやつです。

最近は模型の知識と3DCGの知識を両方活かせる3Dプリンター、マイコンを使ったお手軽電子工作に興味あり。

写真や映像を撮るよ

小学生ぐらいから写真(銀塩)を撮り始める。主に風景写真。長時間露光で星の写真とか。高校生の頃にはモノクロ写真の現像・印画もしてた。その後デジタル一眼へ移行。
まだYoutubeとか無かった頃からビデオ撮影・編集を趣味にしてた。
そこからエスカレートしてCGに興味がわく。CG技術を身につけたくて情報系の大学へ進学。

模型とか工作が好き

中学生終わりぐらいから本格化して、模型雑誌を読むようになる。そのままエスカレートしてガレージキットに手を出す。

自分で原型制作しようとしては挫折を繰り返し、型取り複製ぐらいはマスター。

最近また再燃し、週末はプラモデルやガレージキットを組み立てて過ごしてる。

専門は3DCG

大学・大学院ではGPU化のための3DCGレンダリングアルゴリズムを研究。

その傍でCG映像制作を学ぶ。作品をコンテストに出したりもした。その過程でモデリングが割と上達した。

仕事

大学院卒業後、都内でソフトウェアエンジニアとして業務システムの開発を行う。

その後、インタラクティブシステム開発に携わり、心と身体を壊す。

画像処理とか機械学習っぽいことを始めたと思ったら、再び何でも屋に。娯楽系と実用系のソフトウェアを半々ぐらいの比率で開発中。

使用するツールなど

開発環境:Visual Studio, Eclipce, Xcode

開発言語:C++, C#, java, PHP, javascript, Python, Objective-C

ライブラリOpenCV, DLib, Point Cloud Library, CGAL, Kinect for Windows SDK, OpenGV, OpenMVG, OpenMVS

制作:Autodesk Maya, ZBrush, Adobe After Effects, Adobe Premiere Pro, Adobe Photoshop, Adobe Illustrator, Unity, Unreal Engine