書籍『自分の強みを見つけよう』読了

もう昨年の話になるけど、Kindleで書籍「自分の強みを見つけよう~『8つの知能』で未来を切り開く~」を読んだ。
また自己分析チックな本ですね。要するにストレングスファインダーと似た類の本。

自分の強みを見つけよう~「8つの知能」で未来を切り開く~

ところてんさんの「チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題」のスライドを読んでたら引用されていたので本書に興味を持った↓


スポンサーリンク

ハーバード大学のハワード・ガードナー教授が提唱する多重知能理論(MI理論)は、人間は皆8つの知能を備えていると仮定し、その8つのパラ―メーター配分の違いで得意・不得意の個人差を説明する考え方。

この理論をそのまま鵜呑みにして良いのかちょっと気になるところだけど、たぶん心理学系の理論の信憑性はそれが事実かどうかよりも、その理屈に則った方が過去の多くの事例・人間を説明できるということだろう。


スポンサーリンク


MI理論に基づく簡易的な診断はこちらのサイトでもできる↓
http://www.nichinoken.co.jp/np5/nnk/multiple_intelligences/mi/mi.html

オイラの診断結果↓



設問数の少ない簡易診断ではあるけど、苦手意識のある分野が凹んでいるのでそれなりに妥当な結果でしょう(笑)
この数値は他人と比べられるものではなく、ここで重要なのはあくまで自分の8つの知能のバランスを見ること。

「人は自分の得意な知能で物事を解決しようとする」というのを仕事でも感じることがある。どんなことでも対人関係の問題として片付けようとする人を見かける(笑)
こういう個人差の話に目を向けると、「仕事を標準化して生産性を上げる」という考えがややナンセンスにも思えてくる。人によっては苦手なやり方を押し付けられて能力を潰されている可能性もあるわけだ。

以前読んだ認知特性の話にも近い考え方な気がする↓
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
ここ最近の関心ごとである認知特性というやつの個人差について、たまたまこんな記事を読んだ。↓この記事の中で紹介されていた「医師のつくった『頭のよさ』テスト 認知特性から見た6つのパターン」という書籍を買ってみた。面白かったのであっという...


スポンサーリンク

関連記事

映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
成果を待てない長学歴化の時代
2019年の振り返り
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
書籍『コンテンツの秘密』読了
注文してた本が届いた
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た
映画『ピーターラビット』を観た
2019年7月 行動振り返り
まるで成長していない
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』を観てきた
2020年9月 振り返り
2020年6月 振り返り
職場におけるセルフブランディング
エニアグラム
情報の編集
言葉が支配する世界
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
2020年4月 振り返り
2017年の振り返り
1週間のサイクル
映画『ダウンサイズ』を観た
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
2020年の振り返り
手軽にRAID環境が構築できる高機能ストレージケース『Drobo(ドロボ)』
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
2017年 観に行った映画振り返り
感じたことを言語化する
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
映画『メッセージ』を観た
動画配信ぐらい当たり前の時代
映画『この世界の片隅に』を観た
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
ハードルの下げ方を学べば続けられる
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見た (ややネタバレ)
CEDEC 2日目
Managing Software Requirements: A Unified Approach
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た

コメント