プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)

Texturing & Modeling A Procedural Approach Third Edition 日本語版

内容紹介

プロシージャル手法は、モデリングとテクスチャリングでデータ容量を節約しつつ、驚くべき結果を生み出します。
2次元テクスチャ、ソリッド テクスチャ、ハイパーテクスチャ、ボリューム プロシージャル モデリング、フラクタル、遺伝的アルゴリズム、仮想プロシージャル アクターを含む、様々なプロシージャル テクスチャリングとモデリングとアニメーションのテクニックの実用的な知識を紹介しています。
また各パラメータ値を決定する際に役立つ実践的なガイドラインを含む、技術論文で省略されがちな、これらのテクニックの詳細を提供し、リアリスティックな画像を作り出すのに必要不可欠な個々のプロシージャや基本プリミティブ関数(ノイズ、乱流など)を紹介します。
ノイズ関数を詳細に説明し、複数の実装とそれらの関数の幅広い比較が付属します。そのプロシージャのいくつかは、大理石・ブロック・火・流れ・煙・水・雲・石・惑星のリアリスティックな画像の作成に使えます。


スポンサーリンク

プロシージャル手法はデータ容量の節約もそうだが、制作する時間と手間の節約にもつながる重要な分野。
特にハイビジョン時代のCG制作においては無視できない手法だと思うな。
とはいえ、本の値段が14,700円と普通じゃないので気軽に手が出せない。買ってみて期待と違ってたら凹む。
実装例とかあるのかな?
Amazonにもまだレビューがないし、まずは立ち読みでもしてみようかな。

追記:Google book検索で原著の中身が見れる。


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SIGGRAPH ASIAのマスコット
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
3D復元技術の情報リンク集
天体写真の3D動画
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Mayaのシェーディングノードの区分
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
Subsurface scatteringの動画
ZBrush 4R7
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Blender 2.8がついに正式リリース!
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
AfterEffectsプラグイン開発
ゴジラの造形
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenMayaのPhongShaderクラス
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenMayaRender
アニゴジ関連情報
SIGGRAPH Asia
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Unite 2014の動画
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushトレーニング
東京オリンピックと案内表示
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ラクガキの立体化 反省
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
書籍『メモの魔力』読了
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました

コメント