プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)

Texturing & Modeling A Procedural Approach Third Edition 日本語版

内容紹介

プロシージャル手法は、モデリングとテクスチャリングでデータ容量を節約しつつ、驚くべき結果を生み出します。
2次元テクスチャ、ソリッド テクスチャ、ハイパーテクスチャ、ボリューム プロシージャル モデリング、フラクタル、遺伝的アルゴリズム、仮想プロシージャル アクターを含む、様々なプロシージャル テクスチャリングとモデリングとアニメーションのテクニックの実用的な知識を紹介しています。
また各パラメータ値を決定する際に役立つ実践的なガイドラインを含む、技術論文で省略されがちな、これらのテクニックの詳細を提供し、リアリスティックな画像を作り出すのに必要不可欠な個々のプロシージャや基本プリミティブ関数(ノイズ、乱流など)を紹介します。
ノイズ関数を詳細に説明し、複数の実装とそれらの関数の幅広い比較が付属します。そのプロシージャのいくつかは、大理石・ブロック・火・流れ・煙・水・雲・石・惑星のリアリスティックな画像の作成に使えます。


スポンサーリンク

プロシージャル手法はデータ容量の節約もそうだが、制作する時間と手間の節約にもつながる重要な分野。
特にハイビジョン時代のCG制作においては無視できない手法だと思うな。
とはいえ、本の値段が14,700円と普通じゃないので気軽に手が出せない。買ってみて期待と違ってたら凹む。
実装例とかあるのかな?
Amazonにもまだレビューがないし、まずは立ち読みでもしてみようかな。

追記:Google book検索で原著の中身が見れる。


スポンサーリンク

関連記事

株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
日本でMakersは普及するだろうか?
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
まだまだ続く空想科学読本
それぞれの媒質の屈折率
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
CreativeCOW.net
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
生物の骨格
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
UnityのAR FoundationでARKit 3
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
線画を遠近法で描く
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
キャリアの振り返り
Stanford Bunny
プログラムによる景観の自動生成
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Blenderでよく使うaddon
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
なんかすごいサイト
ZBrushでカスタムUIを設定する
タマムシっぽい質感

コメント