プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)

Texturing & Modeling A Procedural Approach Third Edition 日本語版

内容紹介

プロシージャル手法は、モデリングとテクスチャリングでデータ容量を節約しつつ、驚くべき結果を生み出します。
2次元テクスチャ、ソリッド テクスチャ、ハイパーテクスチャ、ボリューム プロシージャル モデリング、フラクタル、遺伝的アルゴリズム、仮想プロシージャル アクターを含む、様々なプロシージャル テクスチャリングとモデリングとアニメーションのテクニックの実用的な知識を紹介しています。
また各パラメータ値を決定する際に役立つ実践的なガイドラインを含む、技術論文で省略されがちな、これらのテクニックの詳細を提供し、リアリスティックな画像を作り出すのに必要不可欠な個々のプロシージャや基本プリミティブ関数(ノイズ、乱流など)を紹介します。
ノイズ関数を詳細に説明し、複数の実装とそれらの関数の幅広い比較が付属します。そのプロシージャのいくつかは、大理石・ブロック・火・流れ・煙・水・雲・石・惑星のリアリスティックな画像の作成に使えます。


スポンサーリンク

プロシージャル手法はデータ容量の節約もそうだが、制作する時間と手間の節約にもつながる重要な分野。
特にハイビジョン時代のCG制作においては無視できない手法だと思うな。
とはいえ、本の値段が14,700円と普通じゃないので気軽に手が出せない。買ってみて期待と違ってたら凹む。
実装例とかあるのかな?
Amazonにもまだレビューがないし、まずは立ち読みでもしてみようかな。

追記:Google book検索で原著の中身が見れる。


スポンサーリンク

関連記事

Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Oculus Goを購入!
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ファンの力
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
2012のメイキングまとめ(途中)
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
SIGGRAPH ASIAのマスコット
書籍『グラビアアイドルの仕事論』読了
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
SIGGRAPH Asia
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
iPhone欲しいなぁ
MeshroomでPhotogrammetry
エニアグラム
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
CLO:服飾デザインツール
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Physically Based Rendering
プログラムによる景観の自動生成
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
書籍『ROSプログラミング』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN

コメント