プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)

Texturing & Modeling A Procedural Approach Third Edition 日本語版

内容紹介

プロシージャル手法は、モデリングとテクスチャリングでデータ容量を節約しつつ、驚くべき結果を生み出します。
2次元テクスチャ、ソリッド テクスチャ、ハイパーテクスチャ、ボリューム プロシージャル モデリング、フラクタル、遺伝的アルゴリズム、仮想プロシージャル アクターを含む、様々なプロシージャル テクスチャリングとモデリングとアニメーションのテクニックの実用的な知識を紹介しています。
また各パラメータ値を決定する際に役立つ実践的なガイドラインを含む、技術論文で省略されがちな、これらのテクニックの詳細を提供し、リアリスティックな画像を作り出すのに必要不可欠な個々のプロシージャや基本プリミティブ関数(ノイズ、乱流など)を紹介します。
ノイズ関数を詳細に説明し、複数の実装とそれらの関数の幅広い比較が付属します。そのプロシージャのいくつかは、大理石・ブロック・火・流れ・煙・水・雲・石・惑星のリアリスティックな画像の作成に使えます。


スポンサーリンク

プロシージャル手法はデータ容量の節約もそうだが、制作する時間と手間の節約にもつながる重要な分野。
特にハイビジョン時代のCG制作においては無視できない手法だと思うな。
とはいえ、本の値段が14,700円と普通じゃないので気軽に手が出せない。買ってみて期待と違ってたら凹む。
実装例とかあるのかな?
Amazonにもまだレビューがないし、まずは立ち読みでもしてみようかな。

追記:Google book検索で原著の中身が見れる。


スポンサーリンク

関連記事

Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
読書は趣味か?
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
OpenMayaのPhongShaderクラス
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
線画を遠近法で描く
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Maya API Reference
Raytracing Wiki
ZBrushの練習 手のモデリング
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
書籍『伝わる イラスト思考』読了
ゴジラの造形
OpenMayaRender
MRenderUtil::raytrace
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
ZBrushで基本となるブラシ
CreativeCOW.net
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
注文してた本が届いた
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)

コメント