ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し

ここまでトータル16時間作業した。



触る頻度がどんどん減っています(笑) 始めたのは5月だったので、そろそろ半年経っちゃいますね。
しばらく触らないうちにまたZBrushがマイナーバージョンアップしていたので、とりあえずバージョン2021.1.2へアップデート。

ダラダラと長引き過ぎているから、近い期限で目標設定してみようかな。作業した時間ばかり気にしていても前に進まないし。「年末までに3Dプリント注文する」とか。3Dプリントするなら身体もそれなりに作り込んでおきたいな。
Substance Painterでちゃんと質感をつけたい気もするけど。

DynaMeshの解像度を一気に200まで上げた。一般的なZBrushセオリーではないかもしれないけど、最後までDynaMeshで仕上げちゃうかもな。
頬の突起のモールドの彫りを深くして、なるべくエッジも立たせた。



もう少しエッジを立たせたいな。
首のシワの大きな流れを作り、オデコの甲羅(?)にもディティールを入れた。

アヴァンガメラの後頭部の写真が手に入らずに悩んでいた後頭部は、トトの後頭部写真を参考に細かいシワ入れることにした。


スポンサーリンク


前回は舌のバランスを調整したけど、今回は下の前歯の調整を始めた↓



2本の歯も根っこは全部つなげて1つのSubToolにした。このまま入れ歯みたいな全部の歯を1つのSubToolで作って、入れ歯みたいなパーツを目指そう。

カメラの保存

ZBrushにカメラ設定と位置を保存できる機能があると今頃知った。



なるべく資料写真と同じ角度からの眺めたいので、特撮のDNAでレプリカヘッドを撮影した際の角度に近い3視点を保存した。







今参考にしているのは右側面だけで、左側面はまだ全然作っていないのだけど。

身体

頭のモデリングで少し行き詰まったら身体の方を進める。身体もDynaMeshの解像度を上げ、64にした。
まだだいぶ大雑把で形状出しの段階。甲羅の分割ラインやパーツ構成のあたりを付けた。
腕も削り込んでシルエットを探っている。手の指も少しだけ。腕は関節ごとに別のSubToolで作ってから合わせた方が上手くいくだろうか。



甲羅も前後で別パーツ化した方がイメージを掴みやすそうな気もする。
こうやって遠目から見ると、頭は十分に出来上がっているように思えなくもないな。


スポンサーリンク

作業の振り返り

今回も作業の振り返り。今回でまたプラス1時間ほど作業した。これでトータル17時間作業したことになる。

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング Part 8

DynaMeshの解像度を上げたのは、彫りをハッキリさせてエッジを立たせるためだったけど、細かいシワを入れることもできちゃうから全体のシルエットを捉えることを放棄しそうになる。
目元や頬はもう左右非対称の造形に入りたいけど、それ以外の部分はまだ左右対称で作業していたい。
あ、左右対称で済む部分と非対称な部分は別のSubToolに分けてしまえば良いか。普通に怪獣ガレージキットのパーツ分割セオリーを模して、頭部、下アゴ、上歯茎、下歯茎、首に分割するか。
そろそろ目つきもちゃんと定めないとな。

身体の方も履歴を動画にした↓

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング 身体 Part 2

身体の方は残り3時間でできる気がしない。身体はまだTrimDynamicブラシとかでザクザクと形出ししなきゃいけない段階。
それにしても、世の原型師の方々はすごいよな。オイラは全身のモールドを入れるまで根気が続かなそう。。。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



ガメラ生誕55周年で良いニュースが↓



「小さき勇者たち〜ガメラ〜」は無いのね。。。



スポンサーリンク

関連記事

布地のシワの法則性
PolyPaint
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Unreal Engineの薄い本
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
黒歴史
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
GMKゴジラの口の塗装
シン・ゴジラのファンアート
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
MFnMeshクラスのsplit関数
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
天体写真の3D動画
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
参考書
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
マジョーラ
参考になりそうなサイト
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Subsurface scatteringの動画
Unityをレンダラとして活用する
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
平成ガメラ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入

コメント