ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ

ワンフェスのデジタル原型ステージで聞いたZBrushのZModeler機能の話を忘れないうちに自分でも試しておこう。



ポリゴンのMesh1枚1枚を気にせず粘土をこねるようにモデリングできるのがZBrush大きな特長だけど、Zmodelerは逆に旧来のCGモデリングのようにポリゴン1枚1枚を分割したり押し出したりできる機能。

ZmodelerDynamic Subdivision表示を併用すると、割と手軽にキレイなハードサーフェイスモデリングができるらしい。

ZBrushへようこそ! 04 – 岸田保様 ZModelerによるハードサーフェースモデリング

Dynamic Subdivisionは細分割後の形状を表示しながら細分割前の解像度で編集できる機能。Mayaで言うところのSubdiv Proxyみたいなものだろうか。


スポンサーリンク


こちらの書籍の第10章を参考にしつつ、ZModelerDynamic Subdivisionの使い方を勉強してみる↓

しっかり身に付く ZBrushの一番わかりやすい本

ZModelerは公式ドキュメントが非常にわかりづらいのだ。

Zmodelerの使い方

適当なサブツールを配置した状態で、Initialize(イニシャライズ)QCube(Qキューブ)を選択する。



するとサブツールがQCubeで初期化される。



QCubeの分割数はX Res, Y Res, Z Resのパラメータで変更可能。
ここまでの操作は公式に動画チュートリアルもある↓

ZBrush ZModeler Introduction – PolyMesh3D Initialize

ZModelerブラシ

ZModelerブラシは、ポリゴンを分割したり押し出したりといったトポロジーの編集を行うことができるブラシ。


ACTIONTARGET

ZModelerブラシは、ACTIONTARGETの組み合わせで操作モードの切り替えを行う。
ACTIONTARGETの組み合わせはQuickMenuで選択する。QuickMenuにはボタンが沢山並んでいてちょっと混乱するけど、単純にやりたいACTIONに対してTARGETを選ぶ、という順番で考えれば良いのです。(英語の語順ですね)

ZModelerブラシを選択した状態でポインタを先ほどのQCube上に持って行くと、Face, Edge, Pointそれぞれの上でポインタの表示が切り替わり、その状態でSpaceキーを押すとそれぞれに対応したQuickMenuが表示される。


スポンサーリンク

ポインタがFace上にある時

ポインタをFaceの上に持って行くと、以下のように表示が切り替わる。



この状態でAltキーを押しながらそのFaceをクリックすると、クリックしたFaceに白いPolyGroupを割り当てて複数選択できる。(Altキーによるサブ機能ですね)


FaceのQuickMenu

ポインタがFace上にある時にSpaceキーを押すと、4つのウィンドウが表示される。

  • POLYGON ACTIONS
  • TARGET
  • OPTIONS
  • MODIFIERS



ポインタをFace上に持って行くと表示される文字は、現在QuickMenuで選択されているACTIONTARGETを表している。
この例では現在

  • ACTION:Qメッシュ
  • TARGET:単一メッシュ

が選択されているわけ。

ポインタがEdge上にある時

ポインタをEdgeの上に持って行くと、以下のように表示が切り替わる。



この状態でAltキーを押しながらEdgeをクリックすると、そのEdgeループを削除することもできる。

EdgeのQuickMenu

ポインタがEdge上にある時にSpaceキーを押すと、2つのウィンドウが表示される。

  • EDGE ACTIONS
  • TARGET



Faceの時と同様に、ポインタをEdge上に持って行くと表示される文字は、現在QuickMenuで選択されているACTIONTARGETを表している。
この例では現在

  • ACTION:挿入
  • TARGET:単一エッジループ

が選択されている。

ポインタがPoint上にある時

ポインタをPointの上に持って行くと、以下のように表示が切り替わる。


PointのQuickMenu

ポインタがPoint上にある時にSpaceキーを押すと、2つのウィンドウが表示される。

  • POINT ACTION
  • TARGET



同様に、ポインタをPoint上に持って行くと表示される文字は、現在QuickMenuで選択されているACTIONTARGETを表している。
この例では現在

  • ACTION:移動
  • TARGET:ブラシ半径

が選択されている。

Dynamic Subdivision

Dynamic SubdivisionのON/OFF切替は、
Geometry(ジオメトリ)Dynamic Subdivision(ダイナミックサブディビジョン)Dynamic(ダイナミック)
で行う。



このようなQCubeに対して↓



Dynamic SubdivisionをONにするとこのような表示になる↓



オイラは昔Autodesk MayaでCubeからモデリングしていた人間なので、ZModelerの各ボタン名やDynamic Subdivision表示の意味が分かれば感覚としては割ととっつきやすい気がする。


スポンサーリンク

関連記事

BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushトレーニング
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Unityをレンダラとして活用する
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
clearcoat Shader
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
この本読むよ
マイケル・ベイの動画の感覚
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
OpenMayaRender
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Raytracing Wiki
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Oculus Goを購入!
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
無料で使える人体3DCG作成ツール
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Photogrammetry (写真測量法)
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ファンの力
2012のメイキングまとめ(途中)
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...

コメント