ラクガキの立体化 進捗

今までウジウジと何年もいじり続けていた頭部からいったん離れて、胴体を作り始めた。



超行き当たりばったりで帰納的に進めてます。こういう作り方ができるのはDynaMeshのおかげ。
こういう怪人っぽいのに身体を付けようとすると、無意識に人間が着ぐるみ着てるような頭身(つまり頭でっかち)に作っちゃうんだけど、もっと小顔にしても良いんだよね。

以前発売されていたギラファアンデッドのフィギュアぐらいのバランスがカッコイイな。

アートワークスモンスターズ 仮面ライダー剣 ギラファアンデッド

韮沢怪人はホントにカッコイイ。


スポンサーリンク


胸は線が少ない方がたくましく見えると思うので、ディティールはこれくらいに止めて、ここから彫りを深くシャープにする。
胸部から腹部へかけては肋骨の延長みたいなモールドで繋げてみた。腹部に腹筋っぽいディティールを入れるのも芸が無いのでちょっと試行錯誤中。でもベルトは付けたくない。
何となく腕も生やし始めたけど、手首周りのラインがイマイチわからなくて宙ぶらりん状態。



上腕はもう少し長くても良いな。
ちょっと前に買った人体模型を眺めながらボチボチと作って行こう。

Male Anatomy Figure: 11-inch Anatomical Reference for Artists (Grey) 男性解剖図

眺めていると、細かく色々といじりたくなってくる。
眼をもう少し小さくしても良い気がしてきた。もう少し奥に引っ込ませて影を落としたいかも。



さて、ZBrushの操作方法についてですが、今更ながらUndo Historyの削除方法を覚えた。
Edit → Tool → DelUH
で削除される。
http://docs.pixologic.com/user-guide/3d-modeling/undo-history/

特にモチーフが定まっていないと何が重要かわからないから全く取捨選択ができない。まあ、だからこそラクガキなんだけど。
こういう風に時間がかかってしまうのは、完璧主義とは違って「無思想」だったり「無策」だから陥るのだと最近自覚した。↓


スポンサーリンク



具体的なモチーフや、思想を表すキーワードを設定した方が結果として早くデザインがまとまる気がしてきたぞ。(今更遅いけど)

胴体パーツを1つのSubToolで作ってるんだけど、そろそろパーツごとにSubToolを分割して作業したい。分割のやり方も調べないと。

模型制作と違って、デジタル造形は進捗の区切りが難しいな。パテとか塗料の乾燥待ちみたいな物理的な区切りが無いから、際限なく作業を続けられてしまう。


スポンサーリンク

関連記事

Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
adskShaderSDK
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
線画を遠近法で描く
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityのGlobal Illumination
ZBrushの作業環境を見直す
Unityをレンダラとして活用する
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
シン・ゴジラ第四形態の造形
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
なんかすごいサイト
Adobe Photoshop CS5の新機能
MFnDataとMFnAttribute
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ラクガキの立体化
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
二次創作というやつ
OpenMayaのPhongShaderクラス
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
憧れ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ゴジラの口の色
タダでRenderManを体験する方法

コメント