ラクガキの立体化 進捗

今までウジウジと何年もいじり続けていた頭部からいったん離れて、胴体を作り始めた。



超行き当たりばったりで帰納的に進めてます。こういう作り方ができるのはDynaMeshのおかげ。
こういう怪人っぽいのに身体を付けようとすると、無意識に人間が着ぐるみ着てるような頭身(つまり頭でっかち)に作っちゃうんだけど、もっと小顔にしても良いんだよね。

以前発売されていたギラファアンデッドのフィギュアぐらいのバランスがカッコイイな。

アートワークスモンスターズ 仮面ライダー剣 ギラファアンデッド

韮沢怪人はホントにカッコイイ。


スポンサーリンク


胸は線が少ない方がたくましく見えると思うので、ディティールはこれくらいに止めて、ここから彫りを深くシャープにする。
胸部から腹部へかけては肋骨の延長みたいなモールドで繋げてみた。腹部に腹筋っぽいディティールを入れるのも芸が無いのでちょっと試行錯誤中。でもベルトは付けたくない。
何となく腕も生やし始めたけど、手首周りのラインがイマイチわからなくて宙ぶらりん状態。



上腕はもう少し長くても良いな。
ちょっと前に買った人体模型を眺めながらボチボチと作って行こう。

Male Anatomy Figure: 11-inch Anatomical Reference for Artists (Grey) 男性解剖図

眺めていると、細かく色々といじりたくなってくる。
眼をもう少し小さくしても良い気がしてきた。もう少し奥に引っ込ませて影を落としたいかも。



さて、ZBrushの操作方法についてですが、今更ながらUndo Historyの削除方法を覚えた。
Edit → Tool → DelUH
で削除される。
http://docs.pixologic.com/user-guide/3d-modeling/undo-history/

特にモチーフが定まっていないと何が重要かわからないから全く取捨選択ができない。まあ、だからこそラクガキなんだけど。
こういう風に時間がかかってしまうのは、完璧主義とは違って「無思想」だったり「無策」だから陥るのだと最近自覚した。↓


スポンサーリンク



具体的なモチーフや、思想を表すキーワードを設定した方が結果として早くデザインがまとまる気がしてきたぞ。(今更遅いけど)

胴体パーツを1つのSubToolで作ってるんだけど、そろそろパーツごとにSubToolを分割して作業したい。分割のやり方も調べないと。

模型制作と違って、デジタル造形は進捗の区切りが難しいな。パテとか塗料の乾燥待ちみたいな物理的な区切りが無いから、際限なく作業を続けられてしまう。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Mayaのシェーディングノードの区分
今後の抱負
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
色んな三面図があるサイト
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ラクガキの立体化 モールドの追加
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
一般教養
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
この本読むよ
ZBrush 2018での作業環境を整える
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
UnityのGlobal Illumination
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushトレーニング
ラクガキの立体化 胴体の追加
Vancouver Film Schoolのデモリール
CEDEC 3日目
Houdiniのライセンスの種類
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ラクガキの立体化 反省
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
エコカー
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
Maya LTのQuick Rigを試す
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
CGのためのディープラーニング
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ゴジラの口の色
積みキットの下地処理
iPhone欲しいなぁ
フルCGのウルトラマン!?
ラクガキの立体化 3Dプリント注文

コメント