中学3年生が制作した短編映像作品『2045』

巷で噂の、中学3年生 38912 DIGITALさんが自主制作したという5分ほどの短編映像作品↓



すでにネットのニュースなどでも取り上げられていて「天才少年現る」といった感じ。
http://kai-you.net/article/26364
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/29/news087.html


スポンサーリンク


だが、少し調べてみると、どうやらこの少年、いわゆる天才肌のクリエイターというより、時間をかけた訓練と、堅実な自己管理によって着実に作品を完成させ、公開に至ったようなのだ。(もちろん天才と呼べるレベルなのですが)

以下はBlender公式サイトのアルバムページから38912 DIGITALさんの書き込みの引用↓

「2045」の制作時間に関しては約1年かけて作ったので全体としてどれくらいかけたのかは残念ながら分からなくなっていますが、効率を重視することにはとても気を遣っています。勉強や習い事で忙しく限られた時間の中で作らなければならないので、ノートにTo-Doリストや制作目標時間を書くなどして効率を上げました。例えばレインボーブリッジのシーンはカメラマッピングと2D処理で作業を簡略化することで1日で仕上げています。

空いた時間は映像、学校の登校中も街のビルを観察するなど、とにかく限られた時間をどう使うかを意識して制作しています。

なお、「2045」は学校の総合的な学習の時間の課題として作ったものなので、本編の他にレポートと講堂発表用のプレゼン資料も作りました。

学校の総合的な学習の時間ってところに世代の違いをひしひしと感じてしまうな(笑)
この書き込みを読むと、かなりの進捗管理能力がうかがえる。中学生でTo-Doリストを用意しているなんて。(社会人でもできない人いっぱいいるのに)
オイラが中学生の頃は「限られた時間」なんて感覚はまるでなかったよ。。。
期日までに完成させ、公開することの重要性をすでに認識しているようだし、かなり大人というか、「仕事な感覚」を持っているんじゃないだろうか。
勝手な想像だが、たぶん試験勉強も計画的に進めていけるタイプなんじゃないでしょうか。(成績良さそう)
実際、こういう考え方ができて、実践できる人ってどんな分野でも着実に成果を上げると思うんですよ。

38912 DIGITALさんは作品のメイキング動画も公開している↓



春から高校生ということだが、変な大人に惑わされず、堅実に自分を高めていってほしい。今後の活躍にも期待大ですね。



ちょっと上から目線で語ってしまいましたが、正直かなり尊敬します。

追記:読売新聞が38912 DIGITALさん本人に取材している↓
http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO022412/20160318-OYT8T50084.html
http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO022412/20160318-OYT8T50085.html

http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO022412/20160921-OYT8T50119.html
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=04992

追記:38912 DIGITALこと三宅智之さんが総務省の “異能(Inno)vation” に採択されたそうです。すごい。



2017年10月 追記:現在は高校の映画部で活動されているんですね。



雑誌AERAで取り上げられているそうですよ。



AERA (アエラ) 2017年 10/16 号【表紙:新垣結衣】[雑誌]


スポンサーリンク

関連記事

布のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ラクガキの立体化 目標設定
2022年9月 振り返り
読書は趣味か?
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
2021年3月 振り返り
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrush 2018での作業環境を整える
2020年5月 振り返り
ZBrushでアマビエを作る その2
1週間のサイクル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
必見!就活リサーチ
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
HD画質の無駄遣い
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
Mayaのレンダリング アトリビュート
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ポリ男をリファイン
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
2020年1月 振り返り
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
UnityでARKit2.0
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
機械から情報の時代へ
文系・理系・それ以外
2022年5月 振り返り
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
動画配信ぐらい当たり前の時代
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む

コメント