中学3年生が制作した短編映像作品『2045』

巷で噂の、中学3年生 38912 DIGITALさんが自主制作したという5分ほどの短編映像作品。↓

2045

すでにネットのニュースなどでも取り上げられていて「天才少年現る」といった感じ。
http://kai-you.net/article/26364
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/29/news087.html


スポンサーリンク


だが、少し調べてみると、どうやらこの少年、いわゆる天才肌のクリエイターというより、時間をかけた訓練と、堅実な自己管理によって着実に作品を完成させ、公開に至ったようなのだ。(もちろん天才と呼べるレベルなのですが)

以下はBlender公式サイトのアルバムページから38912 DIGITALさんの書き込みの引用↓

「2045」の制作時間に関しては約1年かけて作ったので全体としてどれくらいかけたのかは残念ながら分からなくなっていますが、効率を重視することにはとても気を遣っています。勉強や習い事で忙しく限られた時間の中で作らなければならないので、ノートにTo-Doリストや制作目標時間を書くなどして効率を上げました。例えばレインボーブリッジのシーンはカメラマッピングと2D処理で作業を簡略化することで1日で仕上げています。

空いた時間は映像、学校の登校中も街のビルを観察するなど、とにかく限られた時間をどう使うかを意識して制作しています。

なお、「2045」は学校の総合的な学習の時間の課題として作ったものなので、本編の他にレポートと講堂発表用のプレゼン資料も作りました。

学校の総合的な学習の時間ってところに世代の違いをひしひしと感じてしまうな(笑)
この書き込みを読むと、かなりの進捗管理能力がうかがえる。中学生でTo-Doリストを用意しているなんて。(社会人でもできない人いっぱいいるのに)
オイラが中学生の頃は「限られた時間」なんて感覚はまるでなかったよ。。。
期日までに完成させ、公開することの重要性をすでに認識しているようだし、かなり大人というか、「仕事な感覚」を持っているんじゃないだろうか。
勝手な想像だが、たぶん試験勉強も計画的に進めていけるタイプなんじゃないでしょうか。(成績良さそう)
実際、こういう考え方ができて、実践できる人ってどんな分野でも着実に成果を上げると思うんですよ。

38912 DIGITALさんは作品のメイキング動画も公開している。↓

Making of 2045 / Shibuya Destruction

春から高校生ということだが、変な大人に惑わされず、堅実に自分を高めていってほしい。今後の活躍にも期待大ですね。



ちょっと上から目線で語ってしまいましたが、正直かなり尊敬します。

追記:読売新聞が38912 DIGITALさん本人に取材している。↓
http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO022412/20160318-OYT8T50084.html
http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO022412/20160318-OYT8T50085.html

http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO022412/20160921-OYT8T50119.html
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=04992

追記:38912 DIGITALこと三宅智之さんが総務省の “異能(Inno)vation” に採択されたそうです。すごい。



2017年10月 追記:現在は高校の映画部で活動されているんですね。



雑誌AERAで取り上げられているそうですよ。



AERA (アエラ) 2017年 10/16 号【表紙:新垣結衣】[雑誌]


スポンサーリンク

関連記事

界王拳って実は必須スキルなのかも
UnityのGlobal Illumination
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
皆声.jp
色んな三面図があるサイト
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Mayaのプラグイン開発
UnityのTransformクラスについて調べてみた
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Ambient Occlusionを解析的に求める
Unityで360度ステレオVR動画を作る
草食男子必見だってさ
そのアプローチは帰納的か演繹的か
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
クライマックスヒーローズ
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
あの頃で止まった時間
ZBrushで基本となるブラシ
ZBrush キャラクター&クリーチャー
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
4月の振り返り
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
6月の振り返り
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Unreal Engine 5の情報が公開された!
服飾デザインツール『CLO』
PolyPaint
2020年1月 振り返り
3月の振り返り
2020年3月 振り返り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
透明標本

コメント