ZBrushで人型クリーチャー

ブログにはほとんど投稿してなかったけど、オリジナルキャラクターのモデリングを始めて1年半、上半身はだいぶイメージが固まってきた↓


スポンサーリンク



SubToolを分割して各部をもっとブラッシュアップしないと。


スポンサーリンク


もともとは学生の頃ノートに描いたラクガキが元ネタ。人体アニメーション練習用の素体を作るつもりでなんとなくツルッとシンプルなデザインを目指した。



自分なりにウルトラマン的な人間を抽象化した造形を目指してみたけど、立体化していくうちに物足りなくなって結局どんどんディティールを増やしてしまった。当初身体はミシュランマン的なイメージだったけど、力強さや鋭さが欲しくなって要所要所でエッジを立てた。

ブログ記事にはしていなかったものの、作り始めた当初からZBrushのヒストリーを録画した動画は定期的にYouTubeにアップしていた。
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ちょっと遅いけど、ZBrush 2019にアップグレードした。 で、バージョン2019の新機能とは全然関係なく(笑)、最近になってZBrushのUndo Historyを動画にできることを知った。 Undo History Movies モ...




今回、今までのように球体からフルスクラッチで形状を作っていくようなことはせず、ZBrushに用意されているMeshをベースに作り始めた。頭はHeadPlanes_Male、身体はMaleを使用した。そのおかげで、基本的な人体構造の形状再現に時間と労力を取られず、時短で破綻の無い人型クリーチャーを簡単に作れる。

このやり方は、MLW CreativeというYouTubeチャンネルの人型クリーチャーのモデリング方法を真似てみた↓



仮面ライダーBLAK SUNも同様のやり方で時短を狙った。(結局その後続いてないけど)
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
10月末に配信が始まった「仮面ライダーBLACK SUN」全10話を視聴し終えて、(ストーリーはともかく)登場する造形物のカッコ良くてフィギュアが欲しくなった。 しかし、予約合戦に負けてS.H.Figuarts 仮面ライダーBLACK SU...


自分の創る衝動を逃さないための省力・時短方法は節操なく色々活用すべきだと感じるようになった。学生の頃はオリジナリティ、フルスクラッチにやたら拘って結局未完成で終わることが本当に多かった。

ZBrushで初めて完成させたオリジナルキャラクターも人型クリーチャーではあったけど、人体のベースモデルは使わずに作ったから身体のバランスがかなり歪になってしまった。
クリミア・エンゲルス
一応、いったん完成ということにする。 大学生の頃、世界史(だったと思う)の授業中に描いた怪人の顔のラクガキを基にイメージを膨らませながらZBrushで立体化を試みた。 昔描いたラクガキをモデリングのモチーフに選んだのは、ZBrushの使い方...


一応まとめページ↓
素体
学生の頃、人間のアニメーションの練習をしようと思って、なぜかオリジナルの素体のデザインから始めてしまい結局モデリングすら終わらなかった。 これはその頃ノートに描いたデザイン。ノートの罫線が見えますね。 特に名前も無い。強いて言えば「素体」だ...


スポンサーリンク

関連記事

UnityのGlobal Illumination
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
2015年の振り返り
Adobe Photoshop CS5の新機能
ゴジラ(2014)のメイキング
ラクガキの立体化 反省
OpenMayaのPhongShaderクラス
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
Unite 2014の動画
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
ラクガキの立体化 目標設定
NICOGRAPHって有名?
色んな三面図があるサイト
天体写真の3D動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
映画『モスラ』 4Kデジタルリマスター版
Unityをレンダラとして活用する
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Profilograph
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
素敵なパーティクル
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
注文してた本が届いた
まだまだ続く空想科学読本
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ZBrushのUV MasterでUV展開
3D復元技術の情報リンク集
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
GMKゴジラの口接着
感じたことを言語化する
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
adskShaderSDK
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)

コメント