ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish

前回から少し間が空いた。



その間に公式のユーザーガイドを読んだり過去のラクガキの立体化とかでちょこちょこZBrushはしていたけど。
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓ もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


さて、この仮面ライダー3号のモデリング、いつまで仮面編を続けているのだろうか(笑)


スポンサーリンク


ディティールを追加しようとしてちょっとボコボコになっちゃった前回の状態。

前回の状態

ユーザーガイドを読んでて見つけたんだけど、ZBrushにはClay Polishというポスト処理機能があるらしい。この機能は、今のMeshモデルに対して、指定のルールで平滑化とエッジを出す処理をしてくれるらしい。DynaMeshと併用すると効果的だとか。

Polishのパラメータ設定は置いておいて、DynaMeshにPolishのオプションをONにしてとりあえずかけてみた。

DynaMesh_Polish

お、小さい凸凹が消えて、メディアンフィルタをかけた後みたいな見た目になった。

何となくハードサーフェイスっぽくなった

ハードサーフェイスっぽくなってきた感じ。

何かシンプルなラインが戻ってきた

仮面ライダー3号というモチーフにこの手順が適しているかはわからないけど。


スポンサーリンク

関連記事

ウルトラ×ライダー
Mayaのレンダリング アトリビュート
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushの練習 手のモデリング
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
自前Shaderの件 解決しました
『ピクサー展』へ行ってきた
仮面ライダー4号の最終話を観た
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
2016年 観に行った映画振り返り
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
まだまだ続く空想科学読本
タマムシっぽい質感
立体視を試してみた
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
生物の骨格
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
プログラムによる景観の自動生成
アニゴジ関連情報
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Houdiniのライセンスの種類
CEDEC 3日目
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
仮面ライダーアマゾンズ
UnityのAR FoundationでARKit 3
タダでRenderManを体験する方法
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
参考になりそうなサイト

コメント