ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish

前回から少し間が空いた。



その間に公式のユーザーガイドを読んだり過去のラクガキの立体化とかでちょこちょこZBrushはしていたけど。
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓ もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


さて、この仮面ライダー3号のモデリング、いつまで仮面編を続けているのだろうか(笑)


スポンサーリンク


ディティールを追加しようとしてちょっとボコボコになっちゃった前回の状態。

前回の状態

ユーザーガイドを読んでて見つけたんだけど、ZBrushにはClay Polishというポスト処理機能があるらしい。この機能は、今のMeshモデルに対して、指定のルールで平滑化とエッジを出す処理をしてくれるらしい。DynaMeshと併用すると効果的だとか。

Polishのパラメータ設定は置いておいて、DynaMeshにPolishのオプションをONにしてとりあえずかけてみた。

DynaMesh_Polish

お、小さい凸凹が消えて、メディアンフィルタをかけた後みたいな見た目になった。

何となくハードサーフェイスっぽくなった

ハードサーフェイスっぽくなってきた感じ。

何かシンプルなラインが戻ってきた

仮面ライダー3号というモチーフにこの手順が適しているかはわからないけど。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
仮面ライダーアマゾンズ
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
仮面ライダークウガ 20周年
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
変身ベルト
PolyPaint
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ラクガキの立体化 反省
Stanford Bunny
Blender 2.8がついに正式リリース!
2018年 観に行った映画振り返り
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Maya LTのQuick Rigを試す
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Paul Debevec
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
3DCG Meetup #4に行ってきた
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ファンの力
ZBrushでカスタムUIを設定する
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい

コメント