ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish

前回から少し間が空いた。



その間に公式のユーザーガイドを読んだり過去のラクガキの立体化とかでちょこちょこZBrushはしていたけど。
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓ もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


さて、この仮面ライダー3号のモデリング、いつまで仮面編を続けているのだろうか(笑)


スポンサーリンク


ディティールを追加しようとしてちょっとボコボコになっちゃった前回の状態。

前回の状態

ユーザーガイドを読んでて見つけたんだけど、ZBrushにはClay Polishというポスト処理機能があるらしい。この機能は、今のMeshモデルに対して、指定のルールで平滑化とエッジを出す処理をしてくれるらしい。DynaMeshと併用すると効果的だとか。

Polishのパラメータ設定は置いておいて、DynaMeshにPolishのオプションをONにしてとりあえずかけてみた。

DynaMesh_Polish

お、小さい凸凹が消えて、メディアンフィルタをかけた後みたいな見た目になった。

何となくハードサーフェイスっぽくなった

ハードサーフェイスっぽくなってきた感じ。

何かシンプルなラインが戻ってきた

仮面ライダー3号というモチーフにこの手順が適しているかはわからないけど。


スポンサーリンク

関連記事

2018年 観に行った映画振り返り
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
デザインのリファイン再び
ポリ男からMetaHumanを作る
フルCGのウルトラマン!?
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
ZScript
2020年 観に行った映画振り返り
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
布地のシワの法則性
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ジュラシック・パークのメイキング
仮面ライダーアマゾンズ
仮面ライダーアギト 20周年
注文してた本が届いた
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
HD画質の無駄遣い
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
プログラムによる景観の自動生成
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
2017年 観に行った映画振り返り
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
線画を遠近法で描く
まだまだ続く空想科学読本
2012のメイキングまとめ(途中)

コメント