ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish

前回から少し間が空いた。



その間に公式のユーザーガイドを読んだり過去のラクガキの立体化とかでちょこちょこZBrushはしていたけど。
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓ もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


さて、この仮面ライダー3号のモデリング、いつまで仮面編を続けているのだろうか(笑)


スポンサーリンク


ディティールを追加しようとしてちょっとボコボコになっちゃった前回の状態。

前回の状態

ユーザーガイドを読んでて見つけたんだけど、ZBrushにはClay Polishというポスト処理機能があるらしい。この機能は、今のMeshモデルに対して、指定のルールで平滑化とエッジを出す処理をしてくれるらしい。DynaMeshと併用すると効果的だとか。

Polishのパラメータ設定は置いておいて、DynaMeshにPolishのオプションをONにしてとりあえずかけてみた。

DynaMesh_Polish

お、小さい凸凹が消えて、メディアンフィルタをかけた後みたいな見た目になった。

何となくハードサーフェイスっぽくなった

ハードサーフェイスっぽくなってきた感じ。

何かシンプルなラインが戻ってきた

仮面ライダー3号というモチーフにこの手順が適しているかはわからないけど。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 進捗
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
この本読むよ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
HD画質の無駄遣い
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushで基本となるブラシ
ラクガキの立体化
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
ぼくたちのトクサツ!
ZBrush 4R7
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
BlenderのRigifyでリギング
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ZBrush 4R8 リリース!
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZScript
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
デザインのリファイン再び
Vancouver Film Schoolのデモリール
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D

コメント