ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish

前回から少し間が空いた。



その間に公式のユーザーガイドを読んだり過去のラクガキの立体化とかでちょこちょこZBrushはしていたけど。
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです↓ もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


さて、この仮面ライダー3号のモデリング、いつまで仮面編を続けているのだろうか(笑)


スポンサーリンク


ディティールを追加しようとしてちょっとボコボコになっちゃった前回の状態。

前回の状態

ユーザーガイドを読んでて見つけたんだけど、ZBrushにはClay Polishというポスト処理機能があるらしい。この機能は、今のMeshモデルに対して、指定のルールで平滑化とエッジを出す処理をしてくれるらしい。DynaMeshと併用すると効果的だとか。

Polishのパラメータ設定は置いておいて、DynaMeshにPolishのオプションをONにしてとりあえずかけてみた。

DynaMesh_Polish

お、小さい凸凹が消えて、メディアンフィルタをかけた後みたいな見た目になった。

何となくハードサーフェイスっぽくなった

ハードサーフェイスっぽくなってきた感じ。

何かシンプルなラインが戻ってきた

仮面ライダー3号というモチーフにこの手順が適しているかはわからないけど。


スポンサーリンク

関連記事

ぼくたちのトクサツ!
シフトカーを改造する人達
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Vancouver Film Schoolのデモリール
ラクガキの立体化 胴体の追加
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
3DCGのモデルを立体化するサービス
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
UnityでARKit2.0
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
シン・ゴジラのファンアート
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
3Dグラフィックスの入門書
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Photogrammetry (写真測量法)
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
UnityのAR FoundationでARKit 3
Unreal Engineの薄い本
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
参考になりそうなサイト
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
なんかすごいサイト
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
仮面ライダーアギト 20周年
『魂ネイション2015』に行ってきた
Ambient Occlusionを解析的に求める
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン

コメント