ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish

前回から少し間が空いた。



その間に公式のユーザーガイドを読んだり過去のラクガキの立体化とかでちょこちょこZBrushはしていたけど。
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓ もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


さて、この仮面ライダー3号のモデリング、いつまで仮面編を続けているのだろうか(笑)


スポンサーリンク


ディティールを追加しようとしてちょっとボコボコになっちゃった前回の状態。

前回の状態

ユーザーガイドを読んでて見つけたんだけど、ZBrushにはClay Polishというポスト処理機能があるらしい。この機能は、今のMeshモデルに対して、指定のルールで平滑化とエッジを出す処理をしてくれるらしい。DynaMeshと併用すると効果的だとか。

Polishのパラメータ設定は置いておいて、DynaMeshにPolishのオプションをONにしてとりあえずかけてみた。

DynaMesh_Polish

お、小さい凸凹が消えて、メディアンフィルタをかけた後みたいな見た目になった。

何となくハードサーフェイスっぽくなった

ハードサーフェイスっぽくなってきた感じ。

何かシンプルなラインが戻ってきた

仮面ライダー3号というモチーフにこの手順が適しているかはわからないけど。


スポンサーリンク

関連記事

Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
MFnDataとMFnAttribute
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Maya API Reference
ZBrush 4R8 リリース!
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
AfterEffectsプラグイン開発
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ゴジラ(2014)のメイキング
Unityで360度ステレオVR動画を作る
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushCore
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
線画を遠近法で描く
消費の記録
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
そのアプローチは帰納的か演繹的か
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ジュラシック・パークのメイキング
UnityでLight Shaftを表現する
仮面ライダーアマゾンズ
Maya LTのQuick Rigを試す
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ぼくたちのトクサツ!
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZScript
MRenderUtil::raytrace
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
天体写真の3D動画
日本でMakersは普及するだろうか?
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』

コメント