ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish

前回から少し間が空いた。



その間に公式のユーザーガイドを読んだり過去のラクガキの立体化とかでちょこちょこZBrushはしていたけど。
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓ もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


さて、この仮面ライダー3号のモデリング、いつまで仮面編を続けているのだろうか(笑)


スポンサーリンク


ディティールを追加しようとしてちょっとボコボコになっちゃった前回の状態。

前回の状態

ユーザーガイドを読んでて見つけたんだけど、ZBrushにはClay Polishというポスト処理機能があるらしい。この機能は、今のMeshモデルに対して、指定のルールで平滑化とエッジを出す処理をしてくれるらしい。DynaMeshと併用すると効果的だとか。

Polishのパラメータ設定は置いておいて、DynaMeshにPolishのオプションをONにしてとりあえずかけてみた。

DynaMesh_Polish

お、小さい凸凹が消えて、メディアンフィルタをかけた後みたいな見た目になった。

何となくハードサーフェイスっぽくなった

ハードサーフェイスっぽくなってきた感じ。

何かシンプルなラインが戻ってきた

仮面ライダー3号というモチーフにこの手順が適しているかはわからないけど。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのお勉強
ZBrushCore
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Adobe Photoshop CS5の新機能
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
東京おもちゃショー2017
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
AfterEffectsプラグイン開発
天体写真の3D動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ラクガキの立体化 胴体の追加
タダでRenderManを体験する方法
仮面ライダーアマゾンズ
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
CreativeCOW.net
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
Stanford Bunny
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ジュラシック・パークのメイキング
ドリフトパッケージナノとシフトカー
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
『ピクサー展』へ行ってきた
参考書
2012のメイキングまとめ(途中)
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
ZBrush 4R8 リリース!
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
自前Shaderの件 解決しました
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』

コメント