ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓


https://blog.negativemind.com/2014/06/10/zbrush%E3%81%A7%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


スポンサーリンク


放置していた理由はいくつかあるんだけど、要するにZBrushの操作に慣れてなくて進まなかった。大まかなシルエットはできていたけど、そこからの磨き上げや、別パーツの配置方法が良くわかっていなかったのです。
最近、TrimDynamicブラシを使ってエッジを出す方法を覚えたので、シャープな造形も行けそうな気がしてきた。

この状態で放置していた

そろそろこいつに眼のパーツを入れようと思う。SubToolで球体をAppendする。

眼用の球体

サイズと位置を調整してから、Moveブラシを使って眼っぽく形を整える。

位置・スケールを調整


スポンサーリンク

片方の眼が整ったら、そのSubToolをDuplicateして、Deformation→Mirrorで左右反転したコピーを作れば両目が出来上がる。

DuplicateMirror

両目が入った。

透けさせて確認

眼を入れてみたら、だいぶ離れ眼な印象だったので、眼の近辺のバランスをいじって目つきを調整する。

両目が入った状態

元のラクガキを見ずに作業進めたから、ちょっと形が変わってきちゃったな。無意識のうちに龍っぽいラインが入ってしまった。少し修正をかけよう。

こういうオリジナルものは何かの再現よりも気楽で良いな。サクサク進んで行く。


スポンサーリンク

関連記事

BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
なんかすごいサイト
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Blender 2.8がついに正式リリース!
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
タマムシっぽい質感
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Unityをレンダラとして活用する
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Unreal Engineの薄い本
参考になりそうなサイト
線画を遠近法で描く
変身ベルト
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
PolyPaint
CEDEC 3日目
ラクガキの立体化 モールドの追加
Blenderでよく使うaddon
サンプルコードにも間違いはある?
Photogrammetry (写真測量法)
ゴジラの造形
Houdiniのライセンスの種類
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
そのアプローチは帰納的か演繹的か
最近のフィギュアの製造工程
テスト
Open Shading Language (OSL)
冷静
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
グローバル化社会
HD画質の無駄遣い その2
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ

コメント