ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓


https://blog.negativemind.com/2014/06/10/zbrush%E3%81%A7%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


スポンサーリンク


放置していた理由はいくつかあるんだけど、要するにZBrushの操作に慣れてなくて進まなかった。大まかなシルエットはできていたけど、そこからの磨き上げや、別パーツの配置方法が良くわかっていなかったのです。
最近、TrimDynamicブラシを使ってエッジを出す方法を覚えたので、シャープな造形も行けそうな気がしてきた。

この状態で放置していた

そろそろこいつに眼のパーツを入れようと思う。SubToolで球体をAppendする。

眼用の球体

サイズと位置を調整してから、Moveブラシを使って眼っぽく形を整える。

位置・スケールを調整


スポンサーリンク

片方の眼が整ったら、そのSubToolをDuplicateして、Deformation→Mirrorで左右反転したコピーを作れば両目が出来上がる。

DuplicateMirror

両目が入った。

透けさせて確認

眼を入れてみたら、だいぶ離れ眼な印象だったので、眼の近辺のバランスをいじって目つきを調整する。

両目が入った状態

元のラクガキを見ずに作業進めたから、ちょっと形が変わってきちゃったな。無意識のうちに龍っぽいラインが入ってしまった。少し修正をかけよう。

こういうオリジナルものは何かの再現よりも気楽で良いな。サクサク進んで行く。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
シン・ゴジラのファンアート
Stanford Bunny
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
タマムシっぽい質感
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
デザインのリファイン再び
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Houdiniのライセンスの種類
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ZScript
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
参考書
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushのZScript入門
Oculus Goを購入!
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Maya API Reference
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
無料で使える人体3DCG作成ツール
ゆとりだし
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
マジョーラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』

コメント