ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓


https://blog.negativemind.com/2014/06/10/zbrush%E3%81%A7%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


スポンサーリンク


放置していた理由はいくつかあるんだけど、要するにZBrushの操作に慣れてなくて進まなかった。大まかなシルエットはできていたけど、そこからの磨き上げや、別パーツの配置方法が良くわかっていなかったのです。
最近、TrimDynamicブラシを使ってエッジを出す方法を覚えたので、シャープな造形も行けそうな気がしてきた。

この状態で放置していた

そろそろこいつに眼のパーツを入れようと思う。SubToolで球体をAppendする。

眼用の球体

サイズと位置を調整してから、Moveブラシを使って眼っぽく形を整える。

位置・スケールを調整


スポンサーリンク

片方の眼が整ったら、そのSubToolをDuplicateして、Deformation→Mirrorで左右反転したコピーを作れば両目が出来上がる。

DuplicateMirror

両目が入った。

透けさせて確認

眼を入れてみたら、だいぶ離れ眼な印象だったので、眼の近辺のバランスをいじって目つきを調整する。

両目が入った状態

元のラクガキを見ずに作業進めたから、ちょっと形が変わってきちゃったな。無意識のうちに龍っぽいラインが入ってしまった。少し修正をかけよう。

こういうオリジナルものは何かの再現よりも気楽で良いな。サクサク進んで行く。


スポンサーリンク

関連記事

mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
3DCGのモデルを立体化するサービス
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrush 4R8 リリース!
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
デザインのリファイン再び
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
布地のシワの法則性
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
2020年5月 振り返り
ZScript
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
マイケル・ベイの動画の感覚
NICOGRAPHって有名?
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
別に悪意は無いんだけどさ
就活の風景
ラクガキの立体化 目標設定
Open Shading Language (OSL)
二次創作というやつ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Unityをレンダラとして活用する
顔のモデリング
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
シン・ゴジラのファンアート
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
CLO:服飾デザインツール
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ

コメント