ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓


https://blog.negativemind.com/2014/06/10/zbrush%E3%81%A7%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


スポンサーリンク


放置していた理由はいくつかあるんだけど、要するにZBrushの操作に慣れてなくて進まなかった。大まかなシルエットはできていたけど、そこからの磨き上げや、別パーツの配置方法が良くわかっていなかったのです。
最近、TrimDynamicブラシを使ってエッジを出す方法を覚えたので、シャープな造形も行けそうな気がしてきた。

この状態で放置していた

そろそろこいつに眼のパーツを入れようと思う。SubToolで球体をAppendする。

眼用の球体

サイズと位置を調整してから、Moveブラシを使って眼っぽく形を整える。

位置・スケールを調整


スポンサーリンク

片方の眼が整ったら、そのSubToolをDuplicateして、Deformation→Mirrorで左右反転したコピーを作れば両目が出来上がる。

DuplicateMirror

両目が入った。

透けさせて確認

眼を入れてみたら、だいぶ離れ眼な印象だったので、眼の近辺のバランスをいじって目つきを調整する。

両目が入った状態

元のラクガキを見ずに作業進めたから、ちょっと形が変わってきちゃったな。無意識のうちに龍っぽいラインが入ってしまった。少し修正をかけよう。

こういうオリジナルものは何かの再現よりも気楽で良いな。サクサク進んで行く。


スポンサーリンク

関連記事

ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
生物の骨格
SIGGRAPH Asia
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushのZScript入門
「立場が人を作る」って言ったりするよね
Oculus Goを購入!
Mayaのシェーディングノードの区分
能力者
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ガメラ生誕50周年
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ゆとりだし
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush 4R7
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ゴジラの造形
ラクガキの立体化 モールドの追加
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
分類
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
シン・ゴジラのファンアート
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
黒歴史
Blenderでよく使うaddon
布地のシワの法則性
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ほのぼの
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』

コメント