ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓


https://blog.negativemind.com/2014/06/10/zbrush%E3%81%A7%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


スポンサーリンク


放置していた理由はいくつかあるんだけど、要するにZBrushの操作に慣れてなくて進まなかった。大まかなシルエットはできていたけど、そこからの磨き上げや、別パーツの配置方法が良くわかっていなかったのです。
最近、TrimDynamicブラシを使ってエッジを出す方法を覚えたので、シャープな造形も行けそうな気がしてきた。

この状態で放置していた

そろそろこいつに眼のパーツを入れようと思う。SubToolで球体をAppendする。

眼用の球体

サイズと位置を調整してから、Moveブラシを使って眼っぽく形を整える。

位置・スケールを調整


スポンサーリンク

片方の眼が整ったら、そのSubToolをDuplicateして、Deformation→Mirrorで左右反転したコピーを作れば両目が出来上がる。

DuplicateMirror

両目が入った。

透けさせて確認

眼を入れてみたら、だいぶ離れ眼な印象だったので、眼の近辺のバランスをいじって目つきを調整する。

両目が入った状態

元のラクガキを見ずに作業進めたから、ちょっと形が変わってきちゃったな。無意識のうちに龍っぽいラインが入ってしまった。少し修正をかけよう。

こういうオリジナルものは何かの再現よりも気楽で良いな。サクサク進んで行く。


スポンサーリンク

関連記事

Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
TVML (TV program Making language)
ZBrushのお勉強
素敵なパーティクル
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushでアマビエを作る その2
Houdiniのライセンスの種類
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
学ぶ姿勢
SIGGRAPH Asia
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ZBrushCore
デザインのリファイン再び
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ゴジラ三昧
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Maya LTのQuick Rigを試す
Blender 2.8がついに正式リリース!
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ラクガキの立体化 反省
ZBrush 2018での作業環境を整える
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrush 4R8 リリース!
二次創作というやつ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
無料で使える人体3DCG作成ツール
ゴジラの造形
ほのぼの
テスト

コメント