ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです↓


ZBrushで基本となるブラシ
田島光二作品集 & ZBrushテクニックは本当に良書。 この本に載っていた基本のブラシ Standard Move Smooth Clay ClayTube TrimDynamic で結構思い通りに形が作れる。 ということで、この前の黒歴...


もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


スポンサーリンク


放置していた理由はいくつかあるんだけど、要するにZBrushの操作に慣れてなくて進まなかった。大まかなシルエットはできていたけど、そこからの磨き上げや、別パーツの配置方法が良くわかっていなかったのです。
最近、TrimDynamicブラシを使ってエッジを出す方法を覚えたので、シャープな造形も行けそうな気がしてきた。

この状態で放置していた

そろそろこいつに眼のパーツを入れようと思う。SubToolで球体をAppendする。

眼用の球体

サイズと位置を調整してから、Moveブラシを使って眼っぽく形を整える。

位置・スケールを調整


スポンサーリンク

片方の眼が整ったら、そのSubToolをDuplicateして、Deformation→Mirrorで左右反転したコピーを作れば両目が出来上がる。

DuplicateMirror

両目が入った。

透けさせて確認

眼を入れてみたら、だいぶ離れ眼な印象だったので、眼の近辺のバランスをいじって目つきを調整する。

両目が入った状態

元のラクガキを見ずに作業進めたから、ちょっと形が変わってきちゃったな。無意識のうちに龍っぽいラインが入ってしまった。少し修正をかけよう。

こういうオリジナルものは何かの再現よりも気楽で良いな。サクサク進んで行く。


スポンサーリンク

関連記事

映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
グローバル化社会
TVML (TV program Making language)
UnityでLight Shaftを表現する
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrushで人型クリーチャー
Paul Debevec
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Unityで360度ステレオVR動画を作る
就活の風景
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
UnityでARKit2.0
Subsurface scatteringの動画
テクニック
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
OpenMayaRender
ZBrush 2018へのアップグレード
UnityのAR FoundationでARKit 3
合理的?
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Physically Based Rendering
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
WebGL開発に関する情報が充実してきている
冷静

コメント