ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

仮面ライダー3号はちょっと置いといてですね、最近得た知識でこいつを少し進めようと思うんです。↓


https://blog.negativemind.com/2014/06/10/zbrush%E3%81%A7%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7/

もう放置してから1年半ぐらい経ってますね。


スポンサーリンク


放置していた理由はいくつかあるんだけど、要するにZBrushの操作に慣れてなくて進まなかった。大まかなシルエットはできていたけど、そこからの磨き上げや、別パーツの配置方法が良くわかっていなかったのです。
最近、TrimDynamicブラシを使ってエッジを出す方法を覚えたので、シャープな造形も行けそうな気がしてきた。

この状態で放置していた

そろそろこいつに眼のパーツを入れようと思う。SubToolで球体をAppendする。

眼用の球体

サイズと位置を調整してから、Moveブラシを使って眼っぽく形を整える。

位置・スケールを調整


スポンサーリンク

片方の眼が整ったら、そのSubToolをDuplicateして、Deformation→Mirrorで左右反転したコピーを作れば両目が出来上がる。

DuplicateMirror

両目が入った。

透けさせて確認

眼を入れてみたら、だいぶ離れ眼な印象だったので、眼の近辺のバランスをいじって目つきを調整する。

両目が入った状態

元のラクガキを見ずに作業進めたから、ちょっと形が変わってきちゃったな。無意識のうちに龍っぽいラインが入ってしまった。少し修正をかけよう。

こういうオリジナルものは何かの再現よりも気楽で良いな。サクサク進んで行く。


スポンサーリンク

関連記事

マイケル・ベイの動画の感覚
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
顔のモデリング
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
二次創作というやつ
TVML (TV program Making language)
テスト
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
BlenderのRigifyでリギング
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Unityをレンダラとして活用する
天体写真の3D動画
布地のシワの法則性
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
タマムシっぽい質感
WebGL開発に関する情報が充実してきている
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
シン・ゴジラのファンアート
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
変身ベルト
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
生物の骨格
合理的?
OpenMayaRender
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン

コメント