ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

ジュラシック・パークのメイキング
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
平成ガメラ
頭がいい人
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
2019年 観に行った映画振り返り
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
CreativeCOW.net
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
ゴジラ トレーディングバトル
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
布地のシワの法則性
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ガメラ生誕50周年
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
書籍『メモの魔力』読了
ゴジラ三昧
Pix2Pix:CGANによる画像変換
フルCGのウルトラマン!?
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushのUV MasterでUV展開
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
アニゴジ関連情報
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
仮面ライダー4号の最終話を観た
2022年1月 振り返り

コメント