ファンの力

最近は、YouTubeとかで有名な映画やゲームなんかのファンが自主制作したファンムービーが結構見れる。
クオリティの高いものも多く、すげえ時代だなぁ、と。
マニアックなファンの情熱はすさまじいもので、映画そのものが作れるんじゃないかと思えるようなクオリティの素材が山ほど見つかる。

例えば、Sci-Fi 3DというサイトにはSF映画ファンが3Dモデルデータを作り、無料で配布している。ファンが作っているのでそれぞれの3Dモデルのこだわりっぷりが半端じゃない。人気の高いモチーフは重複して何個もある。


スポンサーリンク


モデルデータの利用にあたっては、Sci-Fi 3Dのデータを使っていることを明記するというルールがある。

ということで、そのサイトに集まったモデルデータを並べるだけでこんな画が完成する↓

Sci-Fi 3Dのデータで作成

実は、この画をレンダリングしたのは4年ぐらい前。(Mayaを使用)

モデルがしっかり作りこまれているのでAmbient Occlusionをかけるだけでメチャクチャリアルになってしまうのだ。
このサイトにはスターデストロイヤーだけじゃなく、デススターⅡとかもある。(どこからそんなエネルギーがわいてくるのか)

ということを、これを見て何となく思った↓

STAR WARS DAY


スポンサーリンク

関連記事

Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
2019年1月~2月 振り返り
2022年の振り返り
2022年2月 振り返り
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
2020年4月 振り返り
3D復元技術の情報リンク集
2017年 観に行った映画振り返り
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
Amazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』を観た
2023年6月 振り返り
ZBrushのUV MasterでUV展開
1週間のサイクル
2022年3月 振り返り
仕事の速いファンアート
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
2022年5月 振り返り
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
Web配信時代のコンテンツ構成
UnityのGlobal Illumination
Unreal Engineの薄い本
2018年6月~7月 振り返り
仮面ライダークウガ 20周年
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
無能の作り方
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
動画配信ぐらい当たり前の時代
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
注文してた本が届いた
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
2017年11月 振り返り
職場におけるセルフブランディング
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』

コメント