グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?

と、最近思い始めている。もちろん、GI使った方がリアルなのは間違いないんだけど。
ローカルイルミネーションを極めない限り、究極のリアルには到達できないと思うんだよ。(やや意味不明)
必要とされるリアリティを得るための手段はGIだけじゃないと思うんだ。
その辺を何も考えずにGI使うのは時間を浪費するだけな気がするよ。(そして時間かけた割にショボかったり)

ところで、初めて動画うpしてみた。



もちろんローカルイルミネーションだよ。(なぜウサギの背後から回転が始まっているのかと…)
しかもyoutubeが1080pに対応したというのに640×480で上げるっていう…

さて、色々言ったけどGIが大好きです。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushでカスタムUIを設定する
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ゴジラの造形
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
天体写真の3D動画
海外ドラマのChromaKey
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
参考書
素敵なパーティクル
タダでRenderManを体験する方法
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushでアマビエを作る その2
Mayaのプラグイン開発
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
布地のシワの法則性
無料で使える人体3DCG作成ツール
注文してた本が届いた
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
UnityでLight Shaftを表現する
AfterEffectsプラグイン開発
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
adskShaderSDK
Pix2Pix:CGANによる画像変換
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ

コメント