グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?

と、最近思い始めている。もちろん、GI使った方がリアルなのは間違いないんだけど。
ローカルイルミネーションを極めない限り、究極のリアルには到達できないと思うんだよ。(やや意味不明)
必要とされるリアリティを得るための手段はGIだけじゃないと思うんだ。
その辺を何も考えずにGI使うのは時間を浪費するだけな気がするよ。(そして時間かけた割にショボかったり)

ところで、初めて動画うpしてみた。


スポンサーリンク
Phong with Fresnel reflection

もちろんローカルイルミネーションだよ。(なぜウサギの背後から回転が始まっているのかと…)
しかもyoutubeが1080pに対応したというのに640×480で上げるっていう…

さて、色々言ったけどGIが大好きです。


スポンサーリンク

関連記事

Raytracing Wiki
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ZBrushトレーニング
服飾デザインツール『CLO』
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ZBrushのUV MasterでUV展開
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
MRenderUtil::raytrace
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
シン・ゴジラのファンアート
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
フルCGのウルトラマン!?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ラクガキの立体化 モールドの追加
Mayaのレンダリング アトリビュート
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
マイケル・ベイの動画の感覚
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
3Dグラフィックスの入門書
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZScript
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
無料で使える人体3DCG作成ツール

コメント