グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?

と、最近思い始めている。もちろん、GI使った方がリアルなのは間違いないんだけど。
ローカルイルミネーションを極めない限り、究極のリアルには到達できないと思うんだよ。(やや意味不明)
必要とされるリアリティを得るための手段はGIだけじゃないと思うんだ。
その辺を何も考えずにGI使うのは時間を浪費するだけな気がするよ。(そして時間かけた割にショボかったり)

ところで、初めて動画うpしてみた。



もちろんローカルイルミネーションだよ。(なぜウサギの背後から回転が始まっているのかと…)
しかもyoutubeが1080pに対応したというのに640×480で上げるっていう…

さて、色々言ったけどGIが大好きです。


スポンサーリンク

関連記事

CGのためのディープラーニング
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
サンプルコードにも間違いはある?
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ラクガキの立体化 モールドの追加
天体写真の3D動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
iPhone欲しいなぁ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Subsurface scatteringの動画
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
SIGGRAPH Asia
CreativeCOW.net
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
デザインのリファイン再び
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ゴジラの造形
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する

コメント