グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?

と、最近思い始めている。もちろん、GI使った方がリアルなのは間違いないんだけど。
ローカルイルミネーションを極めない限り、究極のリアルには到達できないと思うんだよ。(やや意味不明)
必要とされるリアリティを得るための手段はGIだけじゃないと思うんだ。
その辺を何も考えずにGI使うのは時間を浪費するだけな気がするよ。(そして時間かけた割にショボかったり)

ところで、初めて動画うpしてみた。


スポンサーリンク
Phong with Fresnel reflection

もちろんローカルイルミネーションだよ。(なぜウサギの背後から回転が始まっているのかと…)
しかもyoutubeが1080pに対応したというのに640×480で上げるっていう…

さて、色々言ったけどGIが大好きです。


スポンサーリンク

関連記事

ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
参考書
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Blender 2.8がついに正式リリース!
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
NICOGRAPHって有名?
WebGL開発に関する情報が充実してきている
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Mayaのプラグイン開発
UnityのAR FoundationでARKit 3
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
参考になりそうなサイト
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
生物の骨格
ZScript
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ZBrushCore
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
日本でMakersは普及するだろうか?
MRenderUtil::raytrace
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ラクガキの立体化 反省

コメント