グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?

と、最近思い始めている。もちろん、GI使った方がリアルなのは間違いないんだけど。
ローカルイルミネーションを極めない限り、究極のリアルには到達できないと思うんだよ。(やや意味不明)
必要とされるリアリティを得るための手段はGIだけじゃないと思うんだ。
その辺を何も考えずにGI使うのは時間を浪費するだけな気がするよ。(そして時間かけた割にショボかったり)

ところで、初めて動画うpしてみた。


スポンサーリンク
Phong with Fresnel reflection

もちろんローカルイルミネーションだよ。(なぜウサギの背後から回転が始まっているのかと…)
しかもyoutubeが1080pに対応したというのに640×480で上げるっていう…

さて、色々言ったけどGIが大好きです。


スポンサーリンク

関連記事

Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ラクガキの立体化
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
adskShaderSDK
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
参考になりそうなサイト
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
海外ドラマのChromaKey
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Unityをレンダラとして活用する
3DCGのモデルを立体化するサービス
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
素敵なパーティクル
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Photogrammetry (写真測量法)
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
Maya LTのQuick Rigを試す
注文してた本が届いた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
UnityのAR FoundationでARKit 3
Maya 2015から標準搭載されたMILA
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
MRenderUtil::raytrace
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushで基本となるブラシ
ゴジラ(2014)のメイキング
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

コメント