ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher

平日の趣味と化したZBrushいじりの続きです。金曜の夜中にちょっと作業しました。

前回記事↓



前回使ってみたDynaMeshって、有効にするとSubdivideの階層が破棄されてしまうのね。あんまり度々使う機能というわけでもなさそう。全体のシルエットを大きくいじる時に使うと良さげ。

前回はMeshの解像度が粗すぎてパキッとしたラインを彫り込むことができなかったので、Meshの分割数を増やしてClayブラシでもう少しディティールを入れ始めた。↓

Meshの分割を増やして彫り込む

Meshの分割を増やして彫り込む



もしかして、ZBrushでハードサーフェイスなモデリングをする時って、一度分割を増やしてパキッとしたラインを見出してからリトポロジーでMeshを少なく再構成する流れなのかな?


スポンサーリンク


横顔は単なるドクロのシルエット状態。筋彫りモールドを入れるにはまだMeshの解像度が足りないかな。

側面

さて、今回はZRemesherという機能を試してみる。DynaMeshとはまた別のリトポロジー機能だ。まだZBrush系の情報のググりスキルが足りないのでオイラでも分かる情報になかなかたどり着けない。かろうじて分かりそうだったのがこちらの記事。↓

http://thfreestyle.blog.fc2.com/blog-entry-432.html


スポンサーリンク

ZRemesher

ZRemesherは自動でリトポロジーできるけど、Topologyブラシというもので明示的にガイドを引けば、より意図に近いリトポロジーができるらしい。

Topologyブラシ

どういうことかまだピンと来ないけど、とりあえずやってみる。なんとなくパーツの分割ラインになりそうな線を引いてみた。↓

Topologyブラシでガイドを描き込む

まだZRemsherの各種パラメータの意味がよくわからないけど、ポチってみた。

ZRemesherのパラメータ

分割が減った。彫ったディティールも減ったけど。。。↓

リメッシュ後

ハードサーフェイスのモデリングは、もっとうんと分割を増やしておいて良いんじゃないだろうか。と思ってDivideを連打した。もっと細いブラシで筋彫りを入れていこう。

またちょっとヌルくなった

またちょっとヌルくなった

そこそこ形を保ったまま分割を減らす方法があることは分かったので、次はめちゃくちゃ高解像度のMeshで気にせず彫って磨いてみようと思う。

ある程度操作の全体像がわかり始めたから、そろそろ個別機能についてはZBrushの公式リファレンスを読みながら覚えていくフェーズかもしれん。


スポンサーリンク

関連記事

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
プラモデルのパチ組み
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
Maya API Reference
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Physically Based Rendering
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
顔モデリングのチュートリアル
ジュラシック・パークのメイキング
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
仮面ライダー4号
仮面ライダー4号の最終話を観た
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
PolyPaint
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
注文してた本が届いた
海外ドラマのChromaKey
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ZBrushのZScript入門
UnityでLight Shaftを表現する
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
UnityのGlobal Illumination

コメント