ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher

平日の趣味と化したZBrushいじりの続きです。金曜の夜中にちょっと作業しました。

前回記事↓



前回使ってみたDynaMeshって、有効にするとSubdivideの階層が破棄されてしまうのね。あんまり度々使う機能というわけでもなさそう。全体のシルエットを大きくいじる時に使うと良さげ。

前回はMeshの解像度が粗すぎてパキッとしたラインを彫り込むことができなかったので、Meshの分割数を増やしてClayブラシでもう少しディティールを入れ始めた。↓

Meshの分割を増やして彫り込む

Meshの分割を増やして彫り込む



もしかして、ZBrushでハードサーフェイスなモデリングをする時って、一度分割を増やしてパキッとしたラインを見出してからリトポロジーでMeshを少なく再構成する流れなのかな?


スポンサーリンク


横顔は単なるドクロのシルエット状態。筋彫りモールドを入れるにはまだMeshの解像度が足りないかな。

側面

さて、今回はZRemesherという機能を試してみる。DynaMeshとはまた別のリトポロジー機能だ。まだZBrush系の情報のググりスキルが足りないのでオイラでも分かる情報になかなかたどり着けない。かろうじて分かりそうだったのがこちらの記事。↓

http://thfreestyle.blog.fc2.com/blog-entry-432.html


スポンサーリンク

ZRemesher

ZRemesherは自動でリトポロジーできるけど、Topologyブラシというもので明示的にガイドを引けば、より意図に近いリトポロジーができるらしい。

Topologyブラシ

どういうことかまだピンと来ないけど、とりあえずやってみる。なんとなくパーツの分割ラインになりそうな線を引いてみた。↓

Topologyブラシでガイドを描き込む

まだZRemsherの各種パラメータの意味がよくわからないけど、ポチってみた。

ZRemesherのパラメータ

分割が減った。彫ったディティールも減ったけど。。。↓

リメッシュ後

ハードサーフェイスのモデリングは、もっとうんと分割を増やしておいて良いんじゃないだろうか。と思ってDivideを連打した。もっと細いブラシで筋彫りを入れていこう。

またちょっとヌルくなった

またちょっとヌルくなった

そこそこ形を保ったまま分割を減らす方法があることは分かったので、次はめちゃくちゃ高解像度のMeshで気にせず彫って磨いてみようと思う。

ある程度操作の全体像がわかり始めたから、そろそろ個別機能についてはZBrushの公式リファレンスを読みながら覚えていくフェーズかもしれん。


スポンサーリンク

関連記事

池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
UnityでLight Shaftを表現する
サンプルコードにも間違いはある?
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Physically Based Rendering
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
色んな三面図があるサイト
2016年 観に行った映画振り返り
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
プログラムによる景観の自動生成
天体写真の3D動画
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Vancouver Film Schoolのデモリール
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
シフトカーを改造してラジコン化する人達
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
ラクガキの立体化 進捗
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
線画を遠近法で描く
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Mayaのレンダリング アトリビュート
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Raytracing Wiki
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
参考書
3DCG Meetup #4に行ってきた
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

コメント