ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher

平日の趣味と化したZBrushいじりの続きです。金曜の夜中にちょっと作業しました。

前回記事↓



前回使ってみたDynaMeshって、有効にするとSubdivideの階層が破棄されてしまうのね。あんまり度々使う機能というわけでもなさそう。全体のシルエットを大きくいじる時に使うと良さげ。

前回はMeshの解像度が粗すぎてパキッとしたラインを彫り込むことができなかったので、Meshの分割数を増やしてClayブラシでもう少しディティールを入れ始めた。↓

Meshの分割を増やして彫り込む

Meshの分割を増やして彫り込む



もしかして、ZBrushでハードサーフェイスなモデリングをする時って、一度分割を増やしてパキッとしたラインを見出してからリトポロジーでMeshを少なく再構成する流れなのかな?


スポンサーリンク


横顔は単なるドクロのシルエット状態。筋彫りモールドを入れるにはまだMeshの解像度が足りないかな。

側面

さて、今回はZRemesherという機能を試してみる。DynaMeshとはまた別のリトポロジー機能だ。まだZBrush系の情報のググりスキルが足りないのでオイラでも分かる情報になかなかたどり着けない。かろうじて分かりそうだったのがこちらの記事。↓

http://thfreestyle.blog.fc2.com/blog-entry-432.html


スポンサーリンク

ZRemesher

ZRemesherは自動でリトポロジーできるけど、Topologyブラシというもので明示的にガイドを引けば、より意図に近いリトポロジーができるらしい。

Topologyブラシ

どういうことかまだピンと来ないけど、とりあえずやってみる。なんとなくパーツの分割ラインになりそうな線を引いてみた。↓

Topologyブラシでガイドを描き込む

まだZRemsherの各種パラメータの意味がよくわからないけど、ポチってみた。

ZRemesherのパラメータ

分割が減った。彫ったディティールも減ったけど。。。↓

リメッシュ後

ハードサーフェイスのモデリングは、もっとうんと分割を増やしておいて良いんじゃないだろうか。と思ってDivideを連打した。もっと細いブラシで筋彫りを入れていこう。

またちょっとヌルくなった

またちょっとヌルくなった

そこそこ形を保ったまま分割を減らす方法があることは分かったので、次はめちゃくちゃ高解像度のMeshで気にせず彫って磨いてみようと思う。

ある程度操作の全体像がわかり始めたから、そろそろ個別機能についてはZBrushの公式リファレンスを読みながら覚えていくフェーズかもしれん。


スポンサーリンク

関連記事

PolyPaint
HD画質の無駄遣い その2
仮面ライダーバトライド・ウォー
Mayaのシェーディングノードの区分
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZScript
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
マイケル・ベイの動画の感覚
なりきり玩具と未来のガジェット
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Unite 2014の動画
シン・ゴジラのファンアート
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
『魂ネイション2015』に行ってきた
UnityでARKit2.0
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
2018年 観に行った映画振り返り
CEDEC 3日目
ラクガキの立体化 反省
Ambient Occlusionを解析的に求める
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ZBrushで基本となるブラシ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrushのZScript入門
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
SIGGRAPH ASIAのマスコット
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
仮面ライダークウガ 20周年
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』

コメント