ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher

平日の趣味と化したZBrushいじりの続きです。金曜の夜中にちょっと作業しました。

前回記事↓



前回使ってみたDynaMeshって、有効にするとSubdivideの階層が破棄されてしまうのね。あんまり度々使う機能というわけでもなさそう。全体のシルエットを大きくいじる時に使うと良さげ。

前回はMeshの解像度が粗すぎてパキッとしたラインを彫り込むことができなかったので、Meshの分割数を増やしてClayブラシでもう少しディティールを入れ始めた。↓

Meshの分割を増やして彫り込む

Meshの分割を増やして彫り込む



もしかして、ZBrushでハードサーフェイスなモデリングをする時って、一度分割を増やしてパキッとしたラインを見出してからリトポロジーでMeshを少なく再構成する流れなのかな?


スポンサーリンク


横顔は単なるドクロのシルエット状態。筋彫りモールドを入れるにはまだMeshの解像度が足りないかな。

側面

さて、今回はZRemesherという機能を試してみる。DynaMeshとはまた別のリトポロジー機能だ。まだZBrush系の情報のググりスキルが足りないのでオイラでも分かる情報になかなかたどり着けない。かろうじて分かりそうだったのがこちらの記事。↓

http://thfreestyle.blog.fc2.com/blog-entry-432.html


スポンサーリンク

ZRemesher

ZRemesherは自動でリトポロジーできるけど、Topologyブラシというもので明示的にガイドを引けば、より意図に近いリトポロジーができるらしい。

Topologyブラシ

どういうことかまだピンと来ないけど、とりあえずやってみる。なんとなくパーツの分割ラインになりそうな線を引いてみた。↓

Topologyブラシでガイドを描き込む

まだZRemsherの各種パラメータの意味がよくわからないけど、ポチってみた。

ZRemesherのパラメータ

分割が減った。彫ったディティールも減ったけど。。。↓

リメッシュ後

ハードサーフェイスのモデリングは、もっとうんと分割を増やしておいて良いんじゃないだろうか。と思ってDivideを連打した。もっと細いブラシで筋彫りを入れていこう。

またちょっとヌルくなった

またちょっとヌルくなった

そこそこ形を保ったまま分割を減らす方法があることは分かったので、次はめちゃくちゃ高解像度のMeshで気にせず彫って磨いてみようと思う。

ある程度操作の全体像がわかり始めたから、そろそろ個別機能についてはZBrushの公式リファレンスを読みながら覚えていくフェーズかもしれん。


スポンサーリンク

関連記事

チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
注文してた本が届いた
Adobe Photoshop CS5の新機能
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ぼくたちのトクサツ!
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
マイケル・ベイの動画の感覚
Unityで360度ステレオVR動画を作る
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
タマムシっぽい質感
マジョーラ
最近のフィギュアの製造工程
デザインのリファイン再び
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushのお勉強
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
仮面ライダーあつめ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
単純に遊びに行くのはだめなのか?
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
変身ベルト
この本読むよ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
まだまだ続く空想科学読本
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Maya 2015から標準搭載されたMILA
MFnDataとMFnAttribute
仮面ライダーの玩具

コメント