ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2

あまり気負わず、1度に大きく進めようとせずにとりあえず触る頻度を上げて、眺める時間を多く取るようにしてみる。



なので目立った進捗は無く、ただひたすら微調整している途中です。

腕のDynaMeshの解像度を上げ、首のSubToolと同じぐらいのレベルでシワのディティールを入れて、シルエットの流れがつながっているか様子を見る。



アヴァン・ガメラの腕と脚は、トゲトゲが多くてシルエットを掴みにくいけど、いっそのことシワとトゲトゲを入れながら徐々に似た概形へ収束させて行こうかと。



基本はトトガメラと同じパーツにパーツを追加したものだとはいえ、トトガメラの手足はやたら細くて似てるのかどうかがよくわからんのだ。
腹甲の模様もちゃんと入れ始めよう。


スポンサーリンク


甲羅も色んな写真を見ながらMoveブラシでちょいちょい移動させて概形を近づけていく。



脚は写真によってポーズが全然違うので、脚の長さのバランスをまだ掴み切れていない。



尻尾のSubToolだけ解像度が粗いのが目立つな。他の箇所と進み具合が全然違う。ちゃんと形状を確認して作り込まないと。ほぼトトガメラと同じで良いんだろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

前回同様、各SubToolの調整作業を1つの動画につないだ↓



とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中… 模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。 「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。 ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加までを一通りやっ...


スポンサーリンク

関連記事

Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
UnityでLight Shaftを表現する
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
映画『モスラ』 4Kデジタルリマスター版
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
ゴジラ三昧
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ゴジラのガレージキット組み立て動画
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Blender 2.8がついに正式リリース!
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
UnityでARKit2.0
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
自前Shaderの件 解決しました
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrush キャラクター&クリーチャー
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
『特撮のDNA 平成ガメラ3部作』を見てきた

コメント