ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2

あまり気負わず、1度に大きく進めようとせずにとりあえず触る頻度を上げて、眺める時間を多く取るようにしてみる。



なので目立った進捗は無く、ただひたすら微調整している途中です。

腕のDynaMeshの解像度を上げ、首のSubToolと同じぐらいのレベルでシワのディティールを入れて、シルエットの流れがつながっているか様子を見る。



アヴァン・ガメラの腕と脚は、トゲトゲが多くてシルエットを掴みにくいけど、いっそのことシワとトゲトゲを入れながら徐々に似た概形へ収束させて行こうかと。



基本はトトガメラと同じパーツにパーツを追加したものだとはいえ、トトガメラの手足はやたら細くて似てるのかどうかがよくわからんのだ。
腹甲の模様もちゃんと入れ始めよう。


スポンサーリンク


甲羅も色んな写真を見ながらMoveブラシでちょいちょい移動させて概形を近づけていく。



脚は写真によってポーズが全然違うので、脚の長さのバランスをまだ掴み切れていない。



尻尾のSubToolだけ解像度が粗いのが目立つな。他の箇所と進み具合が全然違う。ちゃんと形状を確認して作り込まないと。ほぼトトガメラと同じで良いんだろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

前回同様、各SubToolの調整作業を1つの動画につないだ↓



とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
タマムシっぽい質感
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
布地のシワの法則性
ゴジラ・フェス 2018
NICOGRAPHって有名?
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Unityで360度ステレオVR動画を作る
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenMayaのPhongShaderクラス
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ゴジラの造形
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrush 4R7
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Paul Debevec
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
線画を遠近法で描く
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Photogrammetry (写真測量法)
タダでRenderManを体験する方法
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
UnityでPoint Cloudを表示する方法
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...

コメント