ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2

あまり気負わず、1度に大きく進めようとせずにとりあえず触る頻度を上げて、眺める時間を多く取るようにしてみる。



なので目立った進捗は無く、ただひたすら微調整している途中です。

腕のDynaMeshの解像度を上げ、首のSubToolと同じぐらいのレベルでシワのディティールを入れて、シルエットの流れがつながっているか様子を見る。



アヴァン・ガメラの腕と脚は、トゲトゲが多くてシルエットを掴みにくいけど、いっそのことシワとトゲトゲを入れながら徐々に似た概形へ収束させて行こうかと。



基本はトトガメラと同じパーツにパーツを追加したものだとはいえ、トトガメラの手足はやたら細くて似てるのかどうかがよくわからんのだ。
腹甲の模様もちゃんと入れ始めよう。


スポンサーリンク


甲羅も色んな写真を見ながらMoveブラシでちょいちょい移動させて概形を近づけていく。



脚は写真によってポーズが全然違うので、脚の長さのバランスをまだ掴み切れていない。



尻尾のSubToolだけ解像度が粗いのが目立つな。他の箇所と進み具合が全然違う。ちゃんと形状を確認して作り込まないと。ほぼトトガメラと同じで良いんだろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

前回同様、各SubToolの調整作業を1つの動画につないだ↓



とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrushCore
3D復元技術の情報リンク集
ラクガキの立体化 モールドの追加
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Paul Debevec
参考になりそうなサイト
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
Houdiniのライセンスの種類
映画『モスラ』 4Kデジタルリマスター
ポリ男からMetaHumanを作る
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Blender 2.8がついに正式リリース!
恐竜造形の指南書
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
CGのためのディープラーニング
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
ZBrushトレーニング
この連休でZBrushの スキルアップを…
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ゴジラ・フェス 2018
Open Shading Language (OSL)
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
素敵なパーティクル
黒歴史
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
UnityのGlobal Illumination
海外ドラマのChromaKey
積みキット進捗
3DCG Meetup #4に行ってきた

コメント