ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2

あまり気負わず、1度に大きく進めようとせずにとりあえず触る頻度を上げて、眺める時間を多く取るようにしてみる。



なので目立った進捗は無く、ただひたすら微調整している途中です。

腕のDynaMeshの解像度を上げ、首のSubToolと同じぐらいのレベルでシワのディティールを入れて、シルエットの流れがつながっているか様子を見る。



アヴァン・ガメラの腕と脚は、トゲトゲが多くてシルエットを掴みにくいけど、いっそのことシワとトゲトゲを入れながら徐々に似た概形へ収束させて行こうかと。



基本はトトガメラと同じパーツにパーツを追加したものだとはいえ、トトガメラの手足はやたら細くて似てるのかどうかがよくわからんのだ。
腹甲の模様もちゃんと入れ始めよう。


スポンサーリンク


甲羅も色んな写真を見ながらMoveブラシでちょいちょい移動させて概形を近づけていく。



脚は写真によってポーズが全然違うので、脚の長さのバランスをまだ掴み切れていない。



尻尾のSubToolだけ解像度が粗いのが目立つな。他の箇所と進み具合が全然違う。ちゃんと形状を確認して作り込まないと。ほぼトトガメラと同じで良いんだろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

前回同様、各SubToolの調整作業を1つの動画につないだ↓



とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
『特撮のDNA』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
2012のメイキングまとめ(途中)
ラクガキの立体化 胴体の追加
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
ジュラシック・パークのメイキング
ゴジラの造形
TVML (TV program Making language)
日本でMakersは普及するだろうか?
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
BlenderのRigifyでリギング
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
素敵なパーティクル
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrushCore
ゴジラのガレージキット組み立て動画
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Open Shading Language (OSL)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZBrush 2018での作業環境を整える
Unityで360度ステレオVR動画を作る

コメント