HD画質の無駄遣い

意味も無くこの前の動画の1080pバージョンをうpした。(ホントなんでだよ)


スポンサーリンク
Phong with Fresnel HD

ローカルイルミネーションだと、解像度が上がるほどShadowの精度が問題になるよね。
Bufferサイズも大きくしないといけないし。
GIならそんなこと考えなくても良いわけだけど、処理時間がねぇ。

でもGIは大好きです。


スポンサーリンク

関連記事

写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Unityの薄い本
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Mayaのプラグイン開発
Vancouver Film Schoolのデモリール
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ROSの薄い本
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ZBrushの作業環境を見直す
OpenGVのライブラリ構成
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
自前のShaderがおかしい件
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
OpenGVの用語
Houdiniのライセンスの種類
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
3D復元技術の情報リンク集
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Paul Debevec
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Amazon Web ServicesでWordPress
Mayaのレンダリング アトリビュート
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
書籍『ROSプログラミング』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
AfterEffectsプラグイン開発
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
この連休でZBrushの スキルアップを…
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント