ゴジラ(2014)のメイキング

またゴジラネタですが。YouTubeにメイキングが公開されている。


スポンサーリンク
Godzilla: Creating the Animalistic and Masculine Kaiju Monster-Design FX-WIRED

メイキング動画は他にもたくさん公開されているけど、まだゴジラの姿が出てくるものがほとんど無い。コンポジットのブレイクダウン的なのがあるのはこれぐらいだった。
キャラクターの姿がコンピュータ上で作られてるから仕方ないね。完成形を知らずにCG制作の途中経過見せられても動画として映えないし。


スポンサーリンク


パシフィックリムでもそうだったけど、怪獣の表現手段が着ぐるみじゃなくてCGになると世間的には味気なく見えるのかな。特撮のメインがCGに移ってから、ミニチュア並べてそうな手作り感というか、箱庭感が失われて見えてしまうのは理解できるんだよね。頑張れば真似できそうな、少年の工作の延長ような感覚。
映像の専門家でもない限り、どうやって作っているのか想像できなくなってきた。本来それで良いと思うんだが、「温もりが無い」とか「伝統が失われた」とか言わる一因にもなってそう。

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
立体視を試してみた
Photogrammetry (写真測量法)
ラクガキの立体化 反省
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
ゴジラ トレーディングバトル
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ゴジラのプラモデルの組立動画
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
Unityをレンダラとして活用する
黒澤映画
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
ウルトラ×ライダー
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
積みキット進捗
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
映画『BRAVE STORM』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Vancouver Film Schoolのデモリール
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
色んな三面図があるサイト
Transformers: Revenge of the Fallen
テスト
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
『風の谷のナウシカ』を映画館で観た

コメント