ゴジラ(2014)のメイキング

またゴジラネタですが。YouTubeにメイキングが公開されている。



メイキング動画は他にもたくさん公開されているけど、まだゴジラの姿が出てくるものがほとんど無い。コンポジットのブレイクダウン的なのがあるのはこれぐらいだった。
キャラクターの姿がコンピュータ上で作られてるから仕方ないね。完成形を知らずにCG制作の途中経過見せられても動画として映えないし。


スポンサーリンク


パシフィックリムでもそうだったけど、怪獣の表現手段が着ぐるみじゃなくてCGになると世間的には味気なく見えるのかな。特撮のメインがCGに移ってから、ミニチュア並べてそうな手作り感というか、箱庭感が失われて見えてしまうのは理解できるんだよね。頑張れば真似できそうな、少年の工作の延長ような感覚。
映像の専門家でもない限り、どうやって作っているのか想像できなくなってきた。本来それで良いと思うんだが、「温もりが無い」とか「伝統が失われた」とか言わる一因にもなってそう。

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

MFnDataとMFnAttribute
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見た (ややネタバレ)
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
GMKゴジラの爪の塗装
Mayaのプラグイン開発
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
Ambient Occlusionを解析的に求める
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
SIGGRAPH Asia
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所の本格修復
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
Unityの薄い本
Raytracing Wiki
ゴジラ・フェス 2018
映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushのZScript入門
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
映画『メッセージ』を観た
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ゴジラの造形
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
天体写真の3D動画
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング

コメント