ゴジラ(2014)のメイキング

またゴジラネタですが。YouTubeにメイキングが公開されている。


スポンサーリンク
Godzilla: Creating the Animalistic and Masculine Kaiju Monster-Design FX-WIRED

メイキング動画は他にもたくさん公開されているけど、まだゴジラの姿が出てくるものがほとんど無い。コンポジットのブレイクダウン的なのがあるのはこれぐらいだった。
キャラクターの姿がコンピュータ上で作られてるから仕方ないね。完成形を知らずにCG制作の途中経過見せられても動画として映えないし。


スポンサーリンク


パシフィックリムでもそうだったけど、怪獣の表現手段が着ぐるみじゃなくてCGになると世間的には味気なく見えるのかな。特撮のメインがCGに移ってから、ミニチュア並べてそうな手作り感というか、箱庭感が失われて見えてしまうのは理解できるんだよね。頑張れば真似できそうな、少年の工作の延長ような感覚。
映像の専門家でもない限り、どうやって作っているのか想像できなくなってきた。本来それで良いと思うんだが、「温もりが無い」とか「伝統が失われた」とか言わる一因にもなってそう。

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
ZBrush 2018へのアップグレード
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ZBrushCore
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
マイケル・ベイの動画の感覚
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
ゴジラ・フェス 2018
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
映画『GODZILLA VS. KONG』の予告編が公開された!
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
S.H.MonsterArtsから『ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.』が出るぞ~!
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
注文してた本が届いた
Raytracing Wiki
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
この連休でZBrushの スキルアップを…
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ラクガキの立体化
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
TOHOシネマズ新宿
WebGL開発に関する情報が充実してきている
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
デザインのリファイン再び
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ

コメント