ゴジラ(2014)のメイキング

またゴジラネタですが。YouTubeにメイキングが公開されている。



メイキング動画は他にもたくさん公開されているけど、まだゴジラの姿が出てくるものがほとんど無い。コンポジットのブレイクダウン的なのがあるのはこれぐらいだった。
キャラクターの姿がコンピュータ上で作られてるから仕方ないね。完成形を知らずにCG制作の途中経過見せられても動画として映えないし。


スポンサーリンク


パシフィックリムでもそうだったけど、怪獣の表現手段が着ぐるみじゃなくてCGになると世間的には味気なく見えるのかな。特撮のメインがCGに移ってから、ミニチュア並べてそうな手作り感というか、箱庭感が失われて見えてしまうのは理解できるんだよね。頑張れば真似できそうな、少年の工作の延長ような感覚。
映像の専門家でもない限り、どうやって作っているのか想像できなくなってきた。本来それで良いと思うんだが、「温もりが無い」とか「伝統が失われた」とか言わる一因にもなってそう。

パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
CEDEC 3日目
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Adobe Photoshop CS5の新機能
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
adskShaderSDK
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
プラモデルのパチ組み
ポリ男をリファイン
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
Unityの薄い本
ゴジラ・フェス オンライン 2020
OpenMayaRender
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
参考になりそうなサイト
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
この連休でZBrushの スキルアップを…
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Physically Based Rendering
ZScript
Mr.ビーン
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた

コメント