ZScript

MayaやAfterEffectsはプラグインの開発SDKの情報が結構出回ってるのに、ZBrushに関してはあんまり無いなと思ってたんだけど、ZBrushのプラグインはそもそもSDKという形ではないらしい。
ZBrushの拡張機能開発はZScriptで行う。ZScripting公式ドキュメントにドキュメントとサンプルがある。
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/

外部との連携するGoZのような機能はPixologic社に問い合わせてSDKをもらう必要があるみたい。

追記:ZScriptを使ってみた↓



スポンサーリンク

関連記事

「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ラクガキの立体化 目標設定
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Adobe Photoshop CS5の新機能
マルコフ連鎖モンテカルロ法
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
Unityで学ぶC#
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrushCore
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
この本読むよ
HerokuでMEAN stack
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrush 4R7
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
映画『ゴジラ-1.0』 メイキング情報まとめ
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
ゴジラ(2014)のメイキング
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
立体視を試してみた
Blenderでよく使うaddon
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
デザインのリファイン再び

コメント