ZScript

MayaやAfterEffectsはプラグインの開発SDKの情報が結構出回ってるのに、ZBrushに関してはあんまり無いなと思ってたんだけど、ZBrushのプラグインはそもそもSDKという形ではないらしい。
ZBrushの拡張機能開発はZScriptで行う。ZScripting公式ドキュメントにドキュメントとサンプルがある。
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/

外部との連携するGoZのような機能はPixologic社に問い合わせてSDKをもらう必要があるみたい。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
OpenCV
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Subsurface scatteringの動画
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
シン・ゴジラのファンアート
Houdiniのライセンスの種類
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
AfterEffectsプラグイン開発
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
WinSCP
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Unityをレンダラとして活用する
3DCG Meetup #4に行ってきた
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成

コメント