ZScript

MayaやAfterEffectsはプラグインの開発SDKの情報が結構出回ってるのに、ZBrushに関してはあんまり無いなと思ってたんだけど、ZBrushのプラグインはそもそもSDKという形ではないらしい。
ZBrushの拡張機能開発はZScriptで行う。ZScripting公式ドキュメントにドキュメントとサンプルがある。
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/

外部との連携するGoZのような機能はPixologic社に問い合わせてSDKをもらう必要があるみたい。


スポンサーリンク

関連記事

OANDAのfxTrade API
Unityをレンダラとして活用する
ZBrushCore
ラクガキの立体化 進捗
タダでRenderManを体験する方法
自前Shaderの件 解決しました
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrush 2018へのアップグレード
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
タマムシっぽい質感
仮想関数
Subsurface scatteringの動画
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
このブログのデザインに飽きてきた
SIGGRAPH Asia
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
定数
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
MFnMeshクラスのsplit関数
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
AfterEffectsプラグイン開発
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
布地のシワの法則性
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
マジョーラ
Amazon Web ServicesでWordPress
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Mayaのプラグイン開発
今年もSSII
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

コメント