ZScript

MayaやAfterEffectsはプラグインの開発SDKの情報が結構出回ってるのに、ZBrushに関してはあんまり無いなと思ってたんだけど、ZBrushのプラグインはそもそもSDKという形ではないらしい。
ZBrushの拡張機能開発はZScriptで行う。ZScripting公式ドキュメントにドキュメントとサンプルがある。
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/

外部との連携するGoZのような機能はPixologic社に問い合わせてSDKをもらう必要があるみたい。


スポンサーリンク

関連記事

CreativeCOW.net
今年もSSII
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
ラクガキの立体化
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Quartus II
Unityで学ぶC#
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
素敵なパーティクル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Maya 2015から標準搭載されたMILA
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
HerokuでMEAN stack
iPhone欲しいなぁ
SIGGRAPH Asia
生物の骨格
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
ZBrush 2018へのアップグレード
OpenCV
サンプルコードにも間違いはある?
WordPressプラグインの作り方
ZBrush 2018での作業環境を整える
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Google App Engineのデプロイ失敗
WordPressのテーマを自作する
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ニューラルネットワークで画像分類
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
色んな三面図があるサイト
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
テスト
映画『ブレードランナー 2049』のVFX

コメント