ZScript

MayaやAfterEffectsはプラグインの開発SDKの情報が結構出回ってるのに、ZBrushに関してはあんまり無いなと思ってたんだけど、ZBrushのプラグインはそもそもSDKという形ではないらしい。
ZBrushの拡張機能開発はZScriptで行う。ZScripting公式ドキュメントにドキュメントとサンプルがある。
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/

外部との連携するGoZのような機能はPixologic社に問い合わせてSDKをもらう必要があるみたい。


スポンサーリンク

関連記事

Unite 2014の動画
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
Managing Software Requirements: A Unified Approach
WordPressのテーマを自作する
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Raspberry PiでIoTごっこ
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
3Dグラフィックスの入門書
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Verilog HDL
ZBrushトレーニング
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushの練習 手のモデリング
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
PolyPaint
Unityからkonashiをコントロールする
書籍『ROSプログラミング』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
マジョーラ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
CGのためのディープラーニング
Model View Controller
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する

コメント