ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
SIGGRAPH ASIAのマスコット
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrush 2018での作業環境を整える
Physically Based Rendering
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
布のモデリング
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Blender 2.8がついに正式リリース!
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Unityで360度ステレオVR動画を作る
PolyPaint
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
MFnDataとMFnAttribute
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
立体視を試してみた
ZScript
HD画質の無駄遣い
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrush 4R7
色んな三面図があるサイト
Open Shading Language (OSL)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Blenderでよく使うaddon
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ZBrushで基本となるブラシ
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Raytracing Wiki

コメント