ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

PureRef:リファレンス画像専用ビューア
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Stanford Bunny
CGのためのディープラーニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
MFnDataとMFnAttribute
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
3Dグラフィックスの入門書
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
UnityのGlobal Illumination
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ラクガキの立体化 進捗
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Unreal Engineの薄い本
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
この連休でZBrushの スキルアップを…
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング

コメント