ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
CEDEC 3日目
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
BlenderのRigifyでリギング
Unityをレンダラとして活用する
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
OpenMayaRender
ラクガキの立体化 胴体の追加
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Paul Debevec
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ラクガキの立体化 目標設定
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
MFnMeshクラスのsplit関数
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
なんかすごいサイト
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
TVML (TV program Making language)
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
この連休でZBrushの スキルアップを…
Mayaのプラグイン開発
clearcoat Shader
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ゴジラ三昧
WebGL開発に関する情報が充実してきている

コメント