ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

3Dグラフィックスの入門書
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
CGのためのディープラーニング
Vancouver Film Schoolのデモリール
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrush 4R7
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Unityをレンダラとして活用する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
3DCG Meetup #4に行ってきた
ファンの力
布地のシワの法則性
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Ambient Occlusionを解析的に求める
Oculus Goを購入!
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
参考書
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushCore
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushでカスタムUIを設定する
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Mayaのレンダリング アトリビュート
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Subsurface scatteringの動画
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ZBrushの練習 手のモデリング

コメント