ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

HD画質の無駄遣い
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
ZBrushのZScript入門
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
顔モデリングのチュートリアル
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Paul Debevec
PythonでBlenderのAdd-on開発
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
SIGGRAPH Asia
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenMayaRender
Maya API Reference
Physically Based Rendering
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
adskShaderSDK
そのアプローチは帰納的か演繹的か
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Unite 2014の動画
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Houdiniのライセンスの種類
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』

コメント