ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
Unityの薄い本
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ラクガキの立体化 反省
AfterEffectsプラグイン開発
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Adobe Photoshop CS5の新機能
ゴジラ(2014)のメイキング
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
UnityでARKit2.0
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Maya 2015から標準搭載されたMILA
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
この本読むよ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrush 2018での作業環境を整える
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushCore
Subsurface scatteringの動画
Maya API Reference
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
フルCGのウルトラマン!?
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』

コメント