ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrush 2018へのアップグレード
素敵なパーティクル
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
プログラムによる景観の自動生成
Unite 2014の動画
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ラクガキの立体化 目標設定
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのUV MasterでUV展開
シン・ゴジラのファンアート
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushで人型クリーチャー
Unityをレンダラとして活用する
CEDEC 3日目
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ZBrushトレーニング
Physically Based Rendering
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
Mayaのプラグイン開発
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し

コメント