ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

以前から気になっていたトポロジー転送ツールWrapから



ZBrushプラグインが登場しました。

ZWrap Plugin for ZBrush

ZWrapは、既存のトポロジーをモデルに自動でフィットさせることができるZBrush用プラグインです。インターフェイスも使いやすく、これを使えば、キャラクターや3Dスキャンデータをプロダクト品質のトポロジーへ変換する作業を大幅に短縮できます。

対応するZBrushのバージョン:4R8, 2018, 2018.1
プラットフォームWin64
グラフィックカード:OpenGL 2.1以上

30日間は無料で試用できる。価格は通常1年間99ドルするところ、今ならブラックフライデーセール中で半額の49ドル。


スポンサーリンク


3Dスキャンした別々の表情の形状データを同一のトポロジーへマップしてブレンドシェイプを作成したり、すでにスキニング・リギング済みのMeshに新たな形状を与えることができる。


スポンサーリンク

https://modelinghappy.com/archives/14716

MakeHumanの顔のボーンリグシステムへ自作の顔モデルを転送して表情作成を簡易化できたりしないだろうか。

そういえば、以前趣味でCEDECへ行った時にも3Dスキャンした顔の形状を同一トポロジーに吸着させる話を聞いたな。
http://cedec.cesa.or.jp/2015/session/VA/5847.html
http://cedil.cesa.or.jp/cedil_sessions/view/1321

ところで、「トポロジー」という言葉、3DCGではMeshの接続構造を指す意味で使われるけど、本来の数学の言葉だと位相幾何学なわけで、Meshよりももっと抽象度の高いものを指すんだよな。割と位相幾何学好きなの。

復刊 位相幾何学―ホモロジー論


スポンサーリンク

関連記事

「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
CreativeCOW.net
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
3Dグラフィックスの入門書
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Unite 2014の動画
この本読むよ
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Raytracing Wiki
Oculus Goを購入!
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
AfterEffectsプラグイン開発
最近のフィギュアの製造工程
MFnDataとMFnAttribute
布地のシワの法則性
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ZBrushのお勉強
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
シン・ゴジラのファンアート
Subsurface scatteringの動画
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
CGのためのディープラーニング
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
サンプルコードにも間違いはある?

コメント