Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
オープンソースの取引プラットフォーム
Mayaのプラグイン開発
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
Blenderでよく使うaddon
adskShaderSDK
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
UnityでARKit2.0
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
CEDEC 3日目
UnityでOpenCVを使うには?
Open Shading Language (OSL)
UnityでLight Shaftを表現する
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
マジョーラ
ZBrushの練習 手のモデリング
注文してた本が届いた
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
OpenMayaRender
3Dグラフィックスの入門書
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
マインドマップ作成ツール『MindNode』
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Google App Engineのデプロイ失敗
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
海外ドラマのChromaKey
MRenderUtil::raytrace
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Studio One Prime:音楽制作ソフトの無償版
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
布地のシワの法則性
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
ラクガキの立体化 進捗
CGのためのディープラーニング
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ

コメント