Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのAR FoundationでARKit 3
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Ambient Occlusionを解析的に求める
Stanford Bunny
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
pythonもかじってみようかと
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
ラクガキの立体化 モールドの追加
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
Maya LTのQuick Rigを試す
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
PCの自作
手を動かしながら学ぶデータマイニング
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
ミニ四駆ブーム?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

コメント