Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

Maya LTのQuick Rigを試す
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Mean Stack開発の最初の一歩
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Arduinoで人感センサーを使う
UnityでPoint Cloudを表示する方法
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Raspberry Pi 2を買いました
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ZBrushでカスタムUIを設定する
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
HD画質の無駄遣い その2
ZBrushのUV MasterでUV展開
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ドットインストールのWordPress入門レッスン
ラクガキの立体化 進捗
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
立体視を試してみた
参考書
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
機械学習での「回帰」とは?
OpenGVの用語
ZBrushの練習 手のモデリング
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング

コメント