Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ブログのデザイン変えました
Verilog HDL
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
BlenderのRigifyでリギング
研究者のための英文校正業者比較サイト
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
マジョーラ
機械学習での「回帰」とは?
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ZBrush 2018での作業環境を整える
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
マインドマップ作成ツール『MindNode』
PythonでBlenderのAdd-on開発
TVML (TV program Making language)
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Mayaのレンダリング アトリビュート
Konashiを買った
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
iPhoneをエレキギターのアンプにする
ROMOハッカソンに行ってきた
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
ラクガキの立体化 目標設定
副業の基本と常識
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Python2とPython3
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
最高にカッコイイガラス細工
機械学習手法『Random Forest』
Houdiniのライセンスの種類

コメント