Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
ubuntuでサーバー作るよ
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
サンプラー音源ツール『SampleTank』シリーズの最新フリー版『SampleTank 3 Fre...
UnityのAR FoundationでARKit 3
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
線画を遠近法で描く
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
ファンの力
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
ZBrush 4R8 リリース!
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ReadCube:文献管理ツール
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Google App Engineのデプロイ失敗
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
IBM Watsonで性格診断
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
立体視を試してみた
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Boost オープンソースライブラリ
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート

コメント