Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

ミニ四駆ブーム?
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
動的なメモリの扱い
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
『ピクサー展』へ行ってきた
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrushの作業環境を見直す
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Physically Based Rendering
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
WinSCP
テスト
エニアグラム
なんかすごいサイト
ミニ四駆のラジコン化情報
Quartus II
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
HD画質の無駄遣い
Raspberry Pi
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
WordPressの表示を高速化する
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
機械学習手法『Random Forest』
機械学習で遊ぶ
シフトカーの改造
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

コメント