Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

Quartus II
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
CGのためのディープラーニング
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
東京オリンピックと案内表示
Raspberry PiでIoTごっこ
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
ゴジラ(2014)のメイキング
OANDAのfxTrade API
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
C++始めようと思うんだ
ZBrushでアマビエを作る その2
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
ZBrush 4R7
全脳アーキテクチャ勉強会
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
胡散臭いデザインの参考サイト
PowerPointによるプレゼン
ブログが1日ダウンしてました
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
海外ドラマのChromaKey
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
Raspberry Pi 2を買いました
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
ブログの復旧が難航してた話
プログラマブルなドローン『Phenox』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Konashiを買った
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン

コメント