Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Profilograph
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
参考書
ミニ四駆で電子工作
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
文献管理ツール『ReadCube』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
スクレイピング
マルコフ連鎖モンテカルロ法
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
書籍『ROSプログラミング』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
MFnMeshクラスのsplit関数
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
仮想関数
BlenderのRigifyでリギング
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
インターフェイスは世界を規定する
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信

コメント