Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ZBrush キャラクター&クリーチャー
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
服飾デザインツール『CLO』
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
PowerPointによるプレゼン
動的なメモリの扱い
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenMayaRender
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
サンライズの勇者シリーズ30周年
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Google Chromecast
ゴジラ三昧
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ファンの力
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushトレーニング
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
3D復元技術の情報リンク集
Raspberry Pi 2を買いました
ラクガキの立体化 胴体の追加
3DCGのモデルを立体化するサービス
新年の衝動買い
ラクガキの立体化
マイケル・ベイの動画の感覚
胡散臭いデザインの参考サイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!

コメント