Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

HD画質の無駄遣い その2
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ROSでガンダムを動かす
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Google App Engineのデプロイ失敗
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ほっこり日常まんが
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
PowerPointによるプレゼン
ZBrushのお勉強
消費の記録
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
天体写真の3D動画
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
ガメラ生誕50周年
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
素敵なパーティクル
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
単純に遊びに行くのはだめなのか?
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
Vancouver Film Schoolのデモリール
このブログのデザインに飽きてきた
ZBrushで基本となるブラシ
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
参考になりそうなサイト
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Paul Debevec
Unityの各コンポーネント間でのやり取り

コメント