Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
3DCGのモデルを立体化するサービス
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
定数
Boost オープンソースライブラリ
Mayaのプラグイン開発
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
バーガーキングのCM
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
UnityでARKit2.0
パルクール(Parkour)
仮想関数
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Paul Debevec
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Vancouver Film Schoolのデモリール
布のモデリング
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
フルカラー3Dプリンタ
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
仮面ライダーバトライド・ウォー
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Raspberry Pi
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX

コメント