Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
PCの自作
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
CEDEC 2日目
C++始めようと思うんだ
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Vancouver Film Schoolのデモリール
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
タマムシ
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
Mean Stack開発の最初の一歩
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
動的なメモリの扱い
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
テスト
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushで基本となるブラシ

コメント