Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

MakeHumanのブログを見て知ったんだけど、Russian3DScannerが出してるWrapっていうトポロジー転送ツールがすごい。

MakeHumanブログ記事↓

MakeHuman and R3DS: a perfect synergy

トポロジー転送っていうのは、任意のメッシュを、別に用意しておいたキレイなメッシュ構造へ、形状を保ったまま転写できるということ。つまり、リトポロジーってやつですよ。
で、このリトポロジーは3Dスキャナーでスキャンしたグチャグチャなデータに対しては特に重要で、例えば人の顔みたいに大体構造が同じものに対しては、別の表情(形状)でも同一構造のトポロジーを持たせたい。同一のトポロジーであれば、ブレンドシェイプで表情のアニメーションを付けることができる。

ということでWrapの紹介。

Wrapとは?

R3DS::Wrapはトポロジー転送ツールです。3Dスキャン等によるハイポリモデルを既存のトポロジーでラップすることができます。
また、事前の位置合わせ、スカルプティング、テクスチャ焼き付け機能も備えています。
Wrapはオリジナルとなるベースメッシュの頂点の順序や、テクスチャ座標を維持できるため、スキャンデータを用いて異なる表情のモーフターゲットを作成することができます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

で、さらにそのWrapの上位版となるWrapXというのがリリースされたらしい。こちらは開発者向けにPythonのAPIを提供しているらしい。

WrapXとは?

WrapXは、WrapのPython APIを提供するProfessional版です。
WrapXなら、剛体の位置合わせ、非剛体の位置合わせ、Subdivision、Mesh Projection、テクスチャの転送などの機能を組み込んだあなた独自のスキャン処理を構築できます。

以下のツールセットも含まれています:

  • モデルの表示とテクスチャ
  • 頂点とポリゴンの選択
  • ファイルへの保存・ファイルからの読み込み
  • 位置合わせ処理の可視化

WrapXを使うには2つの方法があります:

  • WrapX IDEと豊富なビジュアルツールセットによるカスタムScriptの簡易開発
  • Pythonモジュールを使用してあなたのパイプラインにWrapXを組み込む

WrapXのドキュメントはこちら↓
http://www.russian3dscanner.com/docs/WrapX/

WrapもWrapXも有料ソフトウェアだけど、Demo機能だけは無料で体験できる。

価格は
Wrap 2.3:150ドル
WrapX 1.0:370ドル

リトポロジー系の論文を読んでみたいところだけど、イマイチ調べ始める取っ掛かりがつかめない。


スポンサーリンク

関連記事

新年の衝動買い
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
色んな三面図があるサイト
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
最高にカッコイイガラス細工
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Google App Engineのデプロイ失敗
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
CM
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
サンプルコードにも間違いはある?
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
なりきり玩具と未来のガジェット
ZScript
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
WordPressの表示を高速化する
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
動的なメモリの扱い
Oculus Goを購入!
マイケル・ベイの動画の感覚
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
PCの自作
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Paul Debevec
全脳アーキテクチャ勉強会
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
Raspberry Pi
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
東京オリンピックと案内表示

コメント