UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset

バージョン5から無料化が発表されたUnityの話題。Unreal Engineも無料化されちゃったね。オイラはここ2年ほどUnityユーザーだったので、しばらくはUnityをメインで使うかな。Unreal Engine 4のインストールはしたけど。

Unityで手軽にTweenアニメーションを実装できるライブラリないか調べてみたら、無料のScript Assetが3つもあることに気づいた。

iTweenDOTween (HOTween v2)LeanTweenの3つ。それぞれ基本的にできることは大体同じだけど、コードの書きやすさや、GUI上での編集のしやすさで少し差がある感じ。順番に感想を書いていく。


スポンサーリンク

iTween

iTween
iTweenは色んな書籍でも取り上げられてるから一番有名で、日本語の情報も手に入りやすい。「Unity, Tween」で検索するとすぐに出てくるのがこのiTweenだ。色んな値をTweenアニメーションできて、あんまり不満は無いんだけど、1つだけ欠点がある。
オブジェクトの移動をPath(曲線)に沿って制御したい場合、このiTweenではCatmull-rom曲線を使ってるんだけど、制御点の位置は指定できても、接線のサイズ指定とかができないのだ。任意の曲線を作るのは結構試行錯誤が必要となる。
Pathアニメーション以外はそんなに不満はない。ハッシュによる指定はコードの1行が長くなりがちな仕様だなぁってぐらいかな。
あと、オブジェクトの透明度のフェードイン・フェードアウトも「FadeTo」っていう関数で楽々実装できるよ。

APIドキュメント

Unity – トゥイーンライブラリiTweenを使用する
Try Unity _5 GUITextureをiTween①
Try Unity _6 GUITextureをiTween②


スポンサーリンク

DOTween (HOTween v2)

DOTween
DOTweenは、もともとHOTweenっていうライブラリがあったようで、それのバージョンアップ版らしい。このライブラリでできることはiTweenとほとんど変わらないんだけど、iTweenが全てC#のScriptコードで成り立っているのに対して、このライブラリはDLLがメイン。
そのせいなのか、最初に初期化が必要だったりと、とり回しがやや面倒な感じ。複数プラットフォームでの書き出しを想定すると、互換性が悪くなりそうなのでお勧めできない。

LeanTween

LeanTween
さて、3つめのLeanTweenは、割とマイナーで日本語の情報も少ないんだけど、iOSに最適化されているらしくてパフォーマンスは良さそう。GitHubにもある。
触ってみた印象だと、iTweenよりも短い行数で同じ実装ができるし、Pathアニメーションも独自のスプライン型を利用すればコントロールしやすい感じ。
iOS最適化されてるってことは、モバイルでのパフォーマンスも期待できるってことだよな。これは本格的に活用してみようと思う。

追記:LeanTweenはポケモンGOにも使われているらしい↓
http://qiita.com/NoriakiOshita/items/29c56fe39e21b12d1527
以上、ちょっとしたメモ書きでした。


スポンサーリンク

関連記事

「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
この連休でZBrushの スキルアップを…
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Google App EngineでWordPress
参考になりそうなサイト
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ブログが1日ダウンしてました
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ROMOハッカソンに行ってきた
ZBrushのUV MasterでUV展開
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
HerokuでMEAN stack
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
タダでRenderManを体験する方法
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
ゴジラ(2014)のメイキング
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Iterator
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
注文してた本が届いた

コメント

  1. […] Unity で Tween アニメーションを実装できる3種類の無料 Asset | NegativeMindException […]