UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset

バージョン5から無料化が発表されたUnityの話題。Unreal Engineも無料化されちゃったね。オイラはここ2年ほどUnityユーザーだったので、しばらくはUnityをメインで使うかな。Unreal Engine 4のインストールはしたけど。

Unityで手軽にTweenアニメーションを実装できるライブラリないか調べてみたら、無料のScript Assetが3つもあることに気づいた。

iTweenDOTween (HOTween v2)LeanTweenの3つ。それぞれ基本的にできることは大体同じだけど、コードの書きやすさや、GUI上での編集のしやすさで少し差がある感じ。順番に感想を書いていく。


スポンサーリンク

iTween

iTween
iTweenは色んな書籍でも取り上げられてるから一番有名で、日本語の情報も手に入りやすい。「Unity, Tween」で検索するとすぐに出てくるのがこのiTweenだ。色んな値をTweenアニメーションできて、あんまり不満は無いんだけど、1つだけ欠点がある。
オブジェクトの移動をPath(曲線)に沿って制御したい場合、このiTweenではCatmull-rom曲線を使ってるんだけど、制御点の位置は指定できても、接線のサイズ指定とかができないのだ。任意の曲線を作るのは結構試行錯誤が必要となる。
Pathアニメーション以外はそんなに不満はない。ハッシュによる指定はコードの1行が長くなりがちな仕様だなぁってぐらいかな。
あと、オブジェクトの透明度のフェードイン・フェードアウトも「FadeTo」っていう関数で楽々実装できるよ。

APIドキュメント

Unity – トゥイーンライブラリiTweenを使用する
Try Unity _5 GUITextureをiTween①
Try Unity _6 GUITextureをiTween②


スポンサーリンク

DOTween (HOTween v2)

DOTween
DOTweenは、もともとHOTweenっていうライブラリがあったようで、それのバージョンアップ版らしい。このライブラリでできることはiTweenとほとんど変わらないんだけど、iTweenが全てC#のScriptコードで成り立っているのに対して、このライブラリはDLLがメイン。
そのせいなのか、最初に初期化が必要だったりと、とり回しがやや面倒な感じ。複数プラットフォームでの書き出しを想定すると、互換性が悪くなりそうなのでお勧めできない。

LeanTween

LeanTween
さて、3つめのLeanTweenは、割とマイナーで日本語の情報も少ないんだけど、iOSに最適化されているらしくてパフォーマンスは良さそう。GitHubにもある。
触ってみた印象だと、iTweenよりも短い行数で同じ実装ができるし、Pathアニメーションも独自のスプライン型を利用すればコントロールしやすい感じ。
iOS最適化されてるってことは、モバイルでのパフォーマンスも期待できるってことだよな。これは本格的に活用してみようと思う。

追記:LeanTweenはポケモンGOにも使われているらしい↓
http://qiita.com/NoriakiOshita/items/29c56fe39e21b12d1527
以上、ちょっとしたメモ書きでした。


スポンサーリンク

関連記事

リニアアクチュエータ
続・ディープラーニングの資料
Raspberry Pi 2を買いました
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Mayaのシェーディングノードの区分
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
HD画質の無駄遣い その2
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Quartus II
ZBrushの作業環境を見直す
Google Chromecast
Raspberry Pi
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Unityからkonashiをコントロールする
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
MFnDataとMFnAttribute
Unityの薄い本
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Open Shading Language (OSL)
Raspberry PiでIoTごっこ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
MFnMeshクラスのsplit関数
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
C++の抽象クラス
ZBrush 4R8 リリース!
ブログのデザイン変えました
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』

コメント

  1. […] Unity で Tween アニメーションを実装できる3種類の無料 Asset | NegativeMindException […]