UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset

バージョン5から無料化が発表されたUnityの話題。Unreal Engineも無料化されちゃったね。オイラはここ2年ほどUnityユーザーだったので、しばらくはUnityをメインで使うかな。Unreal Engine 4のインストールはしたけど。

Unityで手軽にTweenアニメーションを実装できるライブラリないか調べてみたら、無料のScript Assetが3つもあることに気づいた。

iTweenDOTween (HOTween v2)LeanTweenの3つ。それぞれ基本的にできることは大体同じだけど、コードの書きやすさや、GUI上での編集のしやすさで少し差がある感じ。順番に感想を書いていく。


スポンサーリンク

iTween

iTween
iTweenは色んな書籍でも取り上げられてるから一番有名で、日本語の情報も手に入りやすい。「Unity, Tween」で検索するとすぐに出てくるのがこのiTweenだ。色んな値をTweenアニメーションできて、あんまり不満は無いんだけど、1つだけ欠点がある。
オブジェクトの移動をPath(曲線)に沿って制御したい場合、このiTweenではCatmull-rom曲線を使ってるんだけど、制御点の位置は指定できても、接線のサイズ指定とかができないのだ。任意の曲線を作るのは結構試行錯誤が必要となる。
Pathアニメーション以外はそんなに不満はない。ハッシュによる指定はコードの1行が長くなりがちな仕様だなぁってぐらいかな。
あと、オブジェクトの透明度のフェードイン・フェードアウトも「FadeTo」っていう関数で楽々実装できるよ。

APIドキュメント

Unity – トゥイーンライブラリiTweenを使用する
Try Unity _5 GUITextureをiTween①
Try Unity _6 GUITextureをiTween②


スポンサーリンク

DOTween (HOTween v2)

DOTween
DOTweenは、もともとHOTweenっていうライブラリがあったようで、それのバージョンアップ版らしい。このライブラリでできることはiTweenとほとんど変わらないんだけど、iTweenが全てC#のScriptコードで成り立っているのに対して、このライブラリはDLLがメイン。
そのせいなのか、最初に初期化が必要だったりと、とり回しがやや面倒な感じ。複数プラットフォームでの書き出しを想定すると、互換性が悪くなりそうなのでお勧めできない。

LeanTween

LeanTween
さて、3つめのLeanTweenは、割とマイナーで日本語の情報も少ないんだけど、iOSに最適化されているらしくてパフォーマンスは良さそう。GitHubにもある。
触ってみた印象だと、iTweenよりも短い行数で同じ実装ができるし、Pathアニメーションも独自のスプライン型を利用すればコントロールしやすい感じ。
iOS最適化されてるってことは、モバイルでのパフォーマンスも期待できるってことだよな。これは本格的に活用してみようと思う。

追記:LeanTweenはポケモンGOにも使われているらしい↓
http://qiita.com/NoriakiOshita/items/29c56fe39e21b12d1527
以上、ちょっとしたメモ書きでした。


スポンサーリンク

関連記事

Houdiniのライセンスの種類
BlenderのRigifyでリギング
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Subsurface scatteringの動画
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
OpenGVのライブラリ構成
ROMOハッカソンに行ってきた
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ブログが1日ダウンしてました
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
なんかすごいサイト
マイケル・ベイの動画の感覚
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Blender 2.8がついに正式リリース!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
この連休でZBrushの スキルアップを…
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
2012のメイキングまとめ(途中)
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
AfterEffectsプラグイン開発
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
顔のモデリング
ZBrush 2018での作業環境を整える
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
リニアアクチュエータ
プログラムによる景観の自動生成
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ラクガキの立体化 反省
OpenMayaRender
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

コメント

  1. […] Unity で Tween アニメーションを実装できる3種類の無料 Asset | NegativeMindException […]