UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset

バージョン5から無料化が発表されたUnityの話題。Unreal Engineも無料化されちゃったね。オイラはここ2年ほどUnityユーザーだったので、しばらくはUnityをメインで使うかな。Unreal Engine 4のインストールはしたけど。

Unityで手軽にTweenアニメーションを実装できるライブラリないか調べてみたら、無料のScript Assetが3つもあることに気づいた。

iTweenDOTween (HOTween v2)LeanTweenの3つ。それぞれ基本的にできることは大体同じだけど、コードの書きやすさや、GUI上での編集のしやすさで少し差がある感じ。順番に感想を書いていく。


スポンサーリンク

iTween

iTween
iTweenは色んな書籍でも取り上げられてるから一番有名で、日本語の情報も手に入りやすい。「Unity, Tween」で検索するとすぐに出てくるのがこのiTweenだ。色んな値をTweenアニメーションできて、あんまり不満は無いんだけど、1つだけ欠点がある。
オブジェクトの移動をPath(曲線)に沿って制御したい場合、このiTweenではCatmull-rom曲線を使ってるんだけど、制御点の位置は指定できても、接線のサイズ指定とかができないのだ。任意の曲線を作るのは結構試行錯誤が必要となる。
Pathアニメーション以外はそんなに不満はない。ハッシュによる指定はコードの1行が長くなりがちな仕様だなぁってぐらいかな。
あと、オブジェクトの透明度のフェードイン・フェードアウトも「FadeTo」っていう関数で楽々実装できるよ。

APIドキュメント

Unity – トゥイーンライブラリiTweenを使用する
Try Unity _5 GUITextureをiTween①
Try Unity _6 GUITextureをiTween②


スポンサーリンク

DOTween (HOTween v2)

DOTween
DOTweenは、もともとHOTweenっていうライブラリがあったようで、それのバージョンアップ版らしい。このライブラリでできることはiTweenとほとんど変わらないんだけど、iTweenが全てC#のScriptコードで成り立っているのに対して、このライブラリはDLLがメイン。
そのせいなのか、最初に初期化が必要だったりと、とり回しがやや面倒な感じ。複数プラットフォームでの書き出しを想定すると、互換性が悪くなりそうなのでお勧めできない。

LeanTween

LeanTween
さて、3つめのLeanTweenは、割とマイナーで日本語の情報も少ないんだけど、iOSに最適化されているらしくてパフォーマンスは良さそう。GitHubにもある。
触ってみた印象だと、iTweenよりも短い行数で同じ実装ができるし、Pathアニメーションも独自のスプライン型を利用すればコントロールしやすい感じ。
iOS最適化されてるってことは、モバイルでのパフォーマンスも期待できるってことだよな。これは本格的に活用してみようと思う。

追記:LeanTweenはポケモンGOにも使われているらしい↓
http://qiita.com/NoriakiOshita/items/29c56fe39e21b12d1527
以上、ちょっとしたメモ書きでした。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Raspberry Pi 2を買いました
MeshroomでPhotogrammetry
プログラムによる景観の自動生成
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Stanford Bunny
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ミニ四駆で電子工作
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ジュラシック・パークのメイキング
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Adobe Photoshop CS5の新機能
まだ続くブログの不調
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
タマムシっぽい質感
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
クラスの基本
Houdiniのライセンスの種類
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
OpenMayaのPhongShaderクラス
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
BlenderのRigifyでリギング
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushでカスタムUIを設定する
立体視を試してみた
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能

コメント

  1. […] Unity で Tween アニメーションを実装できる3種類の無料 Asset | NegativeMindException […]