Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ

GoogleがSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)のオープンソースライブラリCartographer発表した

Apache(v2)ライセンスなので、ライセンスと著作権、変更点を表示すれば商用利用もできる。

Cartographer

Cartographerは、リアルタイムの自己位置推定と、複数プラットフォーム・センサー間での2Dと3Dマッピング(SLAM)を提供するシステムです。

http://shiropen.com/2016/10/06/20203

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)ってのは、日本語で言うと「自己位置推定と環境地図作成」ですかね。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHub上にあり、ドキュメントはこちらにある。↓
https://google-cartographer.readthedocs.io/

推奨動作環境

Cartographerは他の環境でも動作しますが、以下の構成での動作を確認しております:


スポンサーリンク
  • 64-bit, modern CPU (例:core i7 第3世代)
  • 16 GB RAM
  • Ubuntu 14.04 (Trusty)
  • gcc version 4.8.4

ROS(Robot Operating System)用のAPIも用意されており、有名なToyota HSRTurtleBotsについてはもう対応したコードが公開されているようだ。↓

Cartographerの3D SLAMのデモ動画↓



Qiitaに失敗談だけは上がっている(笑)
http://qiita.com/syoamakase/items/ea3ad5040cd53507ca5e

ROS自体もマルチプラットフォーム対応のバージョン2.0の準備が進んでますが、これからロボット制御ソフトウェアの開発はどんどんお手軽になっていくんですかね。
https://github.com/ros2


スポンサーリンク

関連記事

第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ディープラーニング
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
WordPressの表示を高速化する
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
UnityでARKit2.0
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
OpenCV
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Open Shading Language (OSL)
ドットインストールのWordPress入門レッスン
SVM (Support Vector Machine)
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
動的なメモリの扱い
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)

コメント