オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』

GoogleがSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)のオープンソースライブラリCartographer発表した

Apache(v2)ライセンスなので、ライセンスと著作権、変更点を表示すれば商用利用もできる。

Cartographer

Cartographer 2D SLAM Loop Closure Demo

Cartographerは、リアルタイムの自己位置推定と、複数プラットフォーム・センサー間での2Dと3Dマッピング(SLAM)を提供するシステムです。

http://shiropen.com/2016/10/06/20203

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)ってのは、日本語で言うと「自己位置推定と環境地図作成」ですかね。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHub上にあり、ドキュメントはこちらにある。↓
https://google-cartographer.readthedocs.io/


スポンサーリンク

推奨動作環境

Cartographerは他の環境でも動作しますが、以下の構成での動作を確認しております:

  • 64-bit, modern CPU (例:core i7 第3世代)
  • 16 GB RAM
  • Ubuntu 14.04 (Trusty)
  • gcc version 4.8.4

ROS(Robot Operating System)用のAPIも用意されており、有名なToyota HSRTurtleBotsについてはもう対応したコードが公開されているようだ。↓

Cartographerの3D SLAMのデモ動画↓

Cartographer 3D SLAM Demo

Qiitaに失敗談だけは上がっている(笑)
http://qiita.com/syoamakase/items/ea3ad5040cd53507ca5e

ROS自体もマルチプラットフォーム対応のバージョン2.0の準備が進んでますが、これからロボット制御ソフトウェアの開発はどんどんお手軽になっていくんですかね。
https://github.com/ros2


スポンサーリンク

関連記事

「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Active Appearance Models(AAM)
Open Shading Language (OSL)
ディープラーニング
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
スクレイピング
Unityからkonashiをコントロールする
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
書籍『ROSプログラミング』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
OpenCV バージョン4がリリースされた!
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
CGのためのディープラーニング
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
今年もSSII
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ロボットクリエーター
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
WinSCP
UnityでLight Shaftを表現する
Google App Engineのデプロイ失敗
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

コメント