Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ

GoogleがSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)のオープンソースライブラリCartographer発表した

Apache(v2)ライセンスなので、ライセンスと著作権、変更点を表示すれば商用利用もできる。

Cartographer

Cartographerは、リアルタイムの自己位置推定と、複数プラットフォーム・センサー間での2Dと3Dマッピング(SLAM)を提供するシステムです。

http://shiropen.com/2016/10/06/20203

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)ってのは、日本語で言うと「自己位置推定と環境地図作成」ですかね。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHub上にあり、ドキュメントはこちらにある。↓
https://google-cartographer.readthedocs.io/

推奨動作環境

Cartographerは他の環境でも動作しますが、以下の構成での動作を確認しております:


スポンサーリンク
  • 64-bit, modern CPU (例:core i7 第3世代)
  • 16 GB RAM
  • Ubuntu 14.04 (Trusty)
  • gcc version 4.8.4

ROS(Robot Operating System)用のAPIも用意されており、有名なToyota HSRTurtleBotsについてはもう対応したコードが公開されているようだ。↓

Cartographerの3D SLAMのデモ動画↓



Qiitaに失敗談だけは上がっている(笑)
http://qiita.com/syoamakase/items/ea3ad5040cd53507ca5e

ROS自体もマルチプラットフォーム対応のバージョン2.0の準備が進んでますが、これからロボット制御ソフトウェアの開発はどんどんお手軽になっていくんですかね。
https://github.com/ros2


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
PCA (主成分分析)
仮想関数
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
まだ続くブログの不調
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
konashiのサンプルコードを動かしてみた
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
今年もSSII
タマムシっぽい質感
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
機械学習手法『Random Forest』
WordPress on Windows Azure
pythonもかじってみようかと
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
ROSの薄い本
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
Unityの薄い本
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Mean Stack開発の最初の一歩
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
Iterator
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン

コメント