オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』

GoogleがSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)のオープンソースライブラリCartographer発表した

Apache(v2)ライセンスなので、ライセンスと著作権、変更点を表示すれば商用利用もできる。

Cartographer

Cartographer 2D SLAM Loop Closure Demo

Cartographerは、リアルタイムの自己位置推定と、複数プラットフォーム・センサー間での2Dと3Dマッピング(SLAM)を提供するシステムです。

http://shiropen.com/2016/10/06/20203

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)ってのは、日本語で言うと「自己位置推定と環境地図作成」ですかね。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHub上にあり、ドキュメントはこちらにある。↓
https://google-cartographer.readthedocs.io/


スポンサーリンク

推奨動作環境

Cartographerは他の環境でも動作しますが、以下の構成での動作を確認しております:

  • 64-bit, modern CPU (例:core i7 第3世代)
  • 16 GB RAM
  • Ubuntu 14.04 (Trusty)
  • gcc version 4.8.4

ROS(Robot Operating System)用のAPIも用意されており、有名なToyota HSRTurtleBotsについてはもう対応したコードが公開されているようだ。↓

Cartographerの3D SLAMのデモ動画↓

Cartographer 3D SLAM Demo

Qiitaに失敗談だけは上がっている(笑)
http://qiita.com/syoamakase/items/ea3ad5040cd53507ca5e

ROS自体もマルチプラットフォーム対応のバージョン2.0の準備が進んでますが、これからロボット制御ソフトウェアの開発はどんどんお手軽になっていくんですかね。
https://github.com/ros2


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV バージョン4がリリースされた!
WinSCP
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
コンピュータビジョンの技術マップ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Unityからkonashiをコントロールする
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
ブログが1日ダウンしてました
C++始めようと思うんだ
WordPressのテーマを自作する
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
UnityのTransformクラスについて調べてみた
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Paul Debevec
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Unityの薄い本
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
動的なメモリの扱い
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
ニューラルネットワークと深層学習
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
OANDAのfxTrade API
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』

コメント