Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ

GoogleがSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)のオープンソースライブラリCartographer発表した

Apache(v2)ライセンスなので、ライセンスと著作権、変更点を表示すれば商用利用もできる。

Cartographer

Cartographerは、リアルタイムの自己位置推定と、複数プラットフォーム・センサー間での2Dと3Dマッピング(SLAM)を提供するシステムです。

http://shiropen.com/2016/10/06/20203

SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)ってのは、日本語で言うと「自己位置推定と環境地図作成」ですかね。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHub上にあり、ドキュメントはこちらにある。↓
https://google-cartographer.readthedocs.io/

推奨動作環境

Cartographerは他の環境でも動作しますが、以下の構成での動作を確認しております:


スポンサーリンク
  • 64-bit, modern CPU (例:core i7 第3世代)
  • 16 GB RAM
  • Ubuntu 14.04 (Trusty)
  • gcc version 4.8.4

ROS(Robot Operating System)用のAPIも用意されており、有名なToyota HSRTurtleBotsについてはもう対応したコードが公開されているようだ。↓

Cartographerの3D SLAMのデモ動画↓



Qiitaに失敗談だけは上がっている(笑)
http://qiita.com/syoamakase/items/ea3ad5040cd53507ca5e

ROS自体もマルチプラットフォーム対応のバージョン2.0の準備が進んでますが、これからロボット制御ソフトウェアの開発はどんどんお手軽になっていくんですかね。
https://github.com/ros2


スポンサーリンク

関連記事

RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
WordPress on Windows Azure
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
WinSCP
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Quartus II
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
PythonでBlenderのAdd-on開発
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Mayaのプラグイン開発
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Raspberry PiでIoTごっこ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Google App Engineのデプロイ失敗
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法

コメント