Paul Debevec

先週の金曜日にデジタルコンテンツエキスポ2015に行ってきた。



シンポジウム・ステージイノベイティブ・テクノロジーが未来を変える」にImage Based ModelingImage Based Rendering, Image Based Lighting, 近年では高精細なスキャンベースの写実的な人間のCGで有名な南カリフォルニア大学のPaul Debevec教授が登壇するというので、予約して講演を聴きに行った。

イノベイティブ・テクノロジーが未来を変える

映画『スパイダーマン』や『アバタ―』のCG技術の開発等で世界的に著名なCG研究者であるPaul Debevec氏を米国から招聘し、新しい技術の発想やCGのトレンド等について語っていただきます。また、自身がUSCで開発した「An Auto-Multiscopic Projector Array for Interactive Digital Humans」がDCEXPO2015 Special Prizeを受賞したことを受け、本技術の面白さや今後の応用についてもお話いただきます。


スポンサーリンク

まだオイラが学生だった5,6年前にDebevec氏が来日した時も講演を聴きに行った記憶がある。


スポンサーリンク


Debevec氏がImage Based Modelingを始めたきっかけは、映画「Back to the Future」の空飛ぶデロリアンを自分の車で再現したいからだったと、とてもタイムリー(?)な導入から、映画「マトリックス」の有名なBullet-timeシーンのフルCGの背景制作から始まった映画産業との連携、ライトステージの開発から人間をCGで再現する取り組みが始まり、ついにリアルタイムで高精細なフルCGの人間の顔を描画できるまでになった進歩の歴史がざっと語られた。



Digital Emily ProjectもDebevec氏によるもの。
https://blog.negativemind.com/2014/09/27/%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%81%ae%e9%a1%94%e3%82%92%e3%81%9d%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%becg%e3%81%a7%e5%be%a9%e5%85%83%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%8edigital-emily-project/

最近は、映画ではなく、オバマ大統領の高精細3Dスキャンや、歴史資料となるインタビューのバーチャルリアリティアーカイブに注力しているらしい。





以前も思ったけど、昔SubSurface scatteringで人の肌を描画するデモが登場したころも、現在のリアルタイムCG技術の最先端も「スキンヘッドのおっさんの顔を描画する」というのはちょっと気になります(笑)



どうでもいいけど、年月と共にDebevecさんのひげの範囲が広がってるな。


スポンサーリンク

関連記事

Active Appearance Models(AAM)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
CEDEC 3日目
Blenderでよく使うaddon
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
CLO:服飾デザインツール
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Vancouver Film Schoolのデモリール
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
マイケル・ベイの動画の感覚
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
機械学習手法『Random Forest』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
UnityのAR FoundationでARKit 3
ラクガキの立体化 モールドの追加
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Mayaのレンダリング アトリビュート
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
機械学習について最近知った情報
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
フルCGのウルトラマン!?
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Mayaのシェーディングノードの区分
注文してた本が届いた
ゴジラ(2014)のメイキング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』

コメント