Paul Debevec

先週の金曜日にデジタルコンテンツエキスポ2015に行ってきた。



シンポジウム・ステージイノベイティブ・テクノロジーが未来を変える」にImage Based ModelingImage Based Rendering, Image Based Lighting, 近年では高精細なスキャンベースの写実的な人間のCGで有名な南カリフォルニア大学のPaul Debevec教授が登壇するというので、予約して講演を聴きに行った。

イノベイティブ・テクノロジーが未来を変える

映画『スパイダーマン』や『アバタ―』のCG技術の開発等で世界的に著名なCG研究者であるPaul Debevec氏を米国から招聘し、新しい技術の発想やCGのトレンド等について語っていただきます。また、自身がUSCで開発した「An Auto-Multiscopic Projector Array for Interactive Digital Humans」がDCEXPO2015 Special Prizeを受賞したことを受け、本技術の面白さや今後の応用についてもお話いただきます。


スポンサーリンク

まだオイラが学生だった5,6年前にDebevec氏が来日した時も講演を聴きに行った記憶がある。


スポンサーリンク


Debevec氏がImage Based Modelingを始めたきっかけは、映画「Back to the Future」の空飛ぶデロリアンを自分の車で再現したいからだったと、とてもタイムリー(?)な導入から、映画「マトリックス」の有名なBullet-timeシーンのフルCGの背景制作から始まった映画産業との連携、ライトステージの開発から人間をCGで再現する取り組みが始まり、ついにリアルタイムで高精細なフルCGの人間の顔を描画できるまでになった進歩の歴史がざっと語られた。



Digital Emily ProjectもDebevec氏によるもの。
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Met...


最近は、映画ではなく、オバマ大統領の高精細3Dスキャンや、歴史資料となるインタビューのバーチャルリアリティアーカイブに注力しているらしい。





以前も思ったけど、昔SubSurface scatteringで人の肌を描画するデモが登場したころも、現在のリアルタイムCG技術の最先端も「スキンヘッドのおっさんの顔を描画する」というのはちょっと気になります(笑)



どうでもいいけど、年月と共にDebevecさんのひげの範囲が広がってるな。


スポンサーリンク

関連記事

テスト
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
adskShaderSDK
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushのお勉強
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
MeshroomでPhotogrammetry
Unreal Engineの薄い本
3DCGのモデルを立体化するサービス
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
マジョーラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Unite 2014の動画
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
色んな三面図があるサイト
Active Appearance Models(AAM)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
続・ディープラーニングの資料
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Raytracing Wiki

コメント