Paul Debevec

先週の金曜日にデジタルコンテンツエキスポ2015に行ってきた。



シンポジウム・ステージイノベイティブ・テクノロジーが未来を変える」にImage Based ModelingImage Based Rendering, Image Based Lighting, 近年では高精細なスキャンベースの写実的な人間のCGで有名な南カリフォルニア大学のPaul Debevec教授が登壇するというので、予約して講演を聴きに行った。

イノベイティブ・テクノロジーが未来を変える

映画『スパイダーマン』や『アバタ―』のCG技術の開発等で世界的に著名なCG研究者であるPaul Debevec氏を米国から招聘し、新しい技術の発想やCGのトレンド等について語っていただきます。また、自身がUSCで開発した「An Auto-Multiscopic Projector Array for Interactive Digital Humans」がDCEXPO2015 Special Prizeを受賞したことを受け、本技術の面白さや今後の応用についてもお話いただきます。


スポンサーリンク

まだオイラが学生だった5,6年前にDebevec氏が来日した時も講演を聴きに行った記憶がある。


スポンサーリンク


Debevec氏がImage Based Modelingを始めたきっかけは、映画「Back to the Future」の空飛ぶデロリアンを自分の車で再現したいからだったと、とてもタイムリー(?)な導入から、映画「マトリックス」の有名なBullet-timeシーンのフルCGの背景制作から始まった映画産業との連携、ライトステージの開発から人間をCGで再現する取り組みが始まり、ついにリアルタイムで高精細なフルCGの人間の顔を描画できるまでになった進歩の歴史がざっと語られた。



Digital Emily ProjectもDebevec氏によるもの。
https://blog.negativemind.com/2014/09/27/%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%81%ae%e9%a1%94%e3%82%92%e3%81%9d%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%becg%e3%81%a7%e5%be%a9%e5%85%83%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%8edigital-emily-project/

最近は、映画ではなく、オバマ大統領の高精細3Dスキャンや、歴史資料となるインタビューのバーチャルリアリティアーカイブに注力しているらしい。





以前も思ったけど、昔SubSurface scatteringで人の肌を描画するデモが登場したころも、現在のリアルタイムCG技術の最先端も「スキンヘッドのおっさんの顔を描画する」というのはちょっと気になります(笑)



どうでもいいけど、年月と共にDebevecさんのひげの範囲が広がってるな。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushで基本となるブラシ
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Blender 2.8がついに正式リリース!
BlenderのRigifyでリギング
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
PythonでBlenderのAdd-on開発
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神」
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ラクガキの立体化 進捗
サンプルコードにも間違いはある?
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
布地のシワの法則性
ZBrush 2018へのアップグレード
UnityでPoint Cloudを表示する方法
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
UnityのTransformクラスについて調べてみた
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
この連休でZBrushの スキルアップを…

コメント