Paul Debevec

先週の金曜日にデジタルコンテンツエキスポ2015に行ってきた。

DCEXPO2015 Highlights!

シンポジウム・ステージイノベイティブ・テクノロジーが未来を変える」にImage Based ModelingImage Based Rendering, Image Based Lighting, 近年では高精細なスキャンベースの写実的な人間のCGで有名な南カリフォルニア大学のPaul Debevec教授が登壇するというので、予約して講演を聴きに行った。

イノベイティブ・テクノロジーが未来を変える

映画『スパイダーマン』や『アバタ―』のCG技術の開発等で世界的に著名なCG研究者であるPaul Debevec氏を米国から招聘し、新しい技術の発想やCGのトレンド等について語っていただきます。また、自身がUSCで開発した「An Auto-Multiscopic Projector Array for Interactive Digital Humans」がDCEXPO2015 Special Prizeを受賞したことを受け、本技術の面白さや今後の応用についてもお話いただきます。

まだオイラが学生だった5,6年前にDebevec氏が来日した時も講演を聴きに行った記憶がある。


スポンサーリンク


Debevec氏がImage Based Modelingを始めたきっかけは、映画「Back to the Future」の空飛ぶデロリアンを自分の車で再現したいからだったと、とてもタイムリー(?)な導入から、映画「マトリックス」の有名なBullet-timeシーンのフルCGの背景制作から始まった映画産業との連携、ライトステージの開発から人間をCGで再現する取り組みが始まり、ついにリアルタイムで高精細なフルCGの人間の顔を描画できるまでになった進歩の歴史がざっと語られた。


スポンサーリンク
Light Stage: Amazing avatars worthy of the Army, and Hollywood

Digital Emily ProjectもDebevec氏によるもの。



最近は、映画ではなく、オバマ大統領の高精細3Dスキャンや、歴史資料となるインタビューのバーチャルリアリティアーカイブに注力しているらしい。

The President, in 3D

SIGGRAPH 2015 Emerging Technologies: Paul Debevec

以前も思ったけど、昔SubSurface scatteringで人の肌を描画するデモが登場したころも、現在のリアルタイムCG技術の最先端も「スキンヘッドのおっさんの顔を描画する」というのはちょっと気になります(笑)

VRLA Summer Expo: Light Fields and Photoreal Virtual Actors for Virtual Reality with Paul Debevec

どうでもいいけど、年月と共にDebevecさんのひげの範囲が広がってるな。


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Kinect for Windows v2の日本価格決定
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
続・ディープラーニングの資料
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
無料で使える人体3DCG作成ツール
この本読むよ
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Mayaのレンダリング アトリビュート
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Adobe MAX 2015
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
MFnMeshクラスのsplit関数
タダでRenderManを体験する方法
注文してた本が届いた
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
プログラムによる景観の自動生成
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
NICOGRAPHって有名?
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
OpenMayaRender
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
フルCGのウルトラマン!?

コメント