Paul Debevec

先週の金曜日にデジタルコンテンツエキスポ2015に行ってきた。

DCEXPO2015 Highlights!

シンポジウム・ステージイノベイティブ・テクノロジーが未来を変える」にImage Based ModelingImage Based Rendering, Image Based Lighting, 近年では高精細なスキャンベースの写実的な人間のCGで有名な南カリフォルニア大学のPaul Debevec教授が登壇するというので、予約して講演を聴きに行った。

イノベイティブ・テクノロジーが未来を変える

映画『スパイダーマン』や『アバタ―』のCG技術の開発等で世界的に著名なCG研究者であるPaul Debevec氏を米国から招聘し、新しい技術の発想やCGのトレンド等について語っていただきます。また、自身がUSCで開発した「An Auto-Multiscopic Projector Array for Interactive Digital Humans」がDCEXPO2015 Special Prizeを受賞したことを受け、本技術の面白さや今後の応用についてもお話いただきます。

まだオイラが学生だった5,6年前にDebevec氏が来日した時も講演を聴きに行った記憶がある。


スポンサーリンク


Debevec氏がImage Based Modelingを始めたきっかけは、映画「Back to the Future」の空飛ぶデロリアンを自分の車で再現したいからだったと、とてもタイムリー(?)な導入から、映画「マトリックス」の有名なBullet-timeシーンのフルCGの背景制作から始まった映画産業との連携、ライトステージの開発から人間をCGで再現する取り組みが始まり、ついにリアルタイムで高精細なフルCGの人間の顔を描画できるまでになった進歩の歴史がざっと語られた。


スポンサーリンク
Light Stage: Amazing avatars worthy of the Army, and Hollywood

Digital Emily ProjectもDebevec氏によるもの。



最近は、映画ではなく、オバマ大統領の高精細3Dスキャンや、歴史資料となるインタビューのバーチャルリアリティアーカイブに注力しているらしい。

The President, in 3D

SIGGRAPH 2015 Emerging Technologies: Paul Debevec

以前も思ったけど、昔SubSurface scatteringで人の肌を描画するデモが登場したころも、現在のリアルタイムCG技術の最先端も「スキンヘッドのおっさんの顔を描画する」というのはちょっと気になります(笑)

VRLA Summer Expo: Light Fields and Photoreal Virtual Actors for Virtual Reality with Paul Debevec

どうでもいいけど、年月と共にDebevecさんのひげの範囲が広がってるな。


スポンサーリンク

関連記事

サンプルコードにも間違いはある?
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
OpenCV
OpenCVで動画の手振れ補正
顔画像処理技術の過去の研究
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Adobe MAX 2015
HD画質の無駄遣い その2
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
マジョーラ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
プログラムによる景観の自動生成
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
なんかすごいサイト
布地のシワの法則性
マイケル・ベイの動画の感覚
Oculus Goを購入!
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ZBrushの練習 手のモデリング
UnityでPoint Cloudを表示する方法
続・ディープラーニングの資料

コメント