軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』

このlibiglは、ヘッダーファイルだけで構成された軽量なジオメトリ処理系のライブラリだそうです。ライセンスはMozilla Public License(MPL)で、特許を含まないコードなら改変、再頒布OK。

libigl



libiglは、シンプルなC++ジオメトリ処理ライブラリです。libiglには、離散化された微分幾何学計算、余接ラプラシアンや対角化質量行列などの有限要素行列、シンプルなファセット面とエッジベースのトポロジデータ構造、OpenGLやGLSLのためのMesh表示ユーティリティ幅広い機能が備わっています。また、行列操作のための豊富なコア機能により、Eigenライブラリの機能をMatLabのように扱うことができます。

これは、ヘッダーのみのライブラリです。使用前にライブラリをビルドする必要はありません。iglヘッダー(例:#include )をインクルードするだけでそのまま利用できます。各ヘッダーファイルには関数が1つずつ入っています。(例:igl/cotmatrix.hにはigl::cotmatrix()関数が入っている)。ほとんどがn行3列の頂点位置座標行列V、m行3列の三角形インデックス行列Fに格納された一般的な三角形Mesh上で動作するよう調整されています。

また、必要に応じてライブラリをStatic Libraryにプリコンパイルしておけば、あなたのプロジェクトの全体のコンパイル時間を短縮することもできます。これはあくまでコンパイル時間の短縮のみです。(実行時の動作・パフォーマンスは変わりません。)ハッキリしない場合、ヘッダーのみのデフォルトモードを使用してください。(つまり、使いたいヘッダーファイルのみをインクルードしてください)

libiglは、Eigenライブラリに大きく依存しています。我々はMATLABで多くのプロトタイピングを行っており、便利なMATLABからlibigl+Eigenへの変換テーブルを用意しています。

我々は定期的にMac OS X環境のclang、Linux環境のgcc、Windows環境のVisual Studio 2015 Community Editionでコンパイルテストを実施しています。


スポンサーリンク

libiglを利用しているプロジェクト一覧を見ると、Adobe ResearchとかPixar Researchがいたりして、業界のデファクトスタンダード感がありますね。(オイラは全然知らなかった。。。)


スポンサーリンク


中にcopyleftっていうサブディレクトリがあるけど、逆に言うと、このサブディレクトリ以外は改変・配布しちゃまずいってことなのかな?

チュートリアルが充実しているようなので、ちょこちょこと遊んでみるかな。

Tutorial

libigl tutorial

Hands-on LibiGL Tutorial

libiglのリポジトリの成長をGourceで可視化した動画見つけた。2011年から始まったってことで良いのかな。

https://www.youtube.com/watch?v=rkKGel1AXtc

http://www.gradientspace.com/tutorials/2020/1/2/libigl-in-unreal-engine


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ゴジラの造形
Mayaのシェーディングノードの区分
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
UnityのAR FoundationでARKit 3
ゴジラ三昧
自前のShaderがおかしい件
OANDAのfxTrade API
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Unityからkonashiをコントロールする
Blender 2.8がついに正式リリース!
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
WordPressのテーマを自作する
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
天体写真の3D動画
Houdiniのライセンスの種類
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Google App Engineのデプロイ失敗
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushトレーニング
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
ZBrush キャラクター&クリーチャー
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
ブログのデザイン変えました
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
フルCGのウルトラマン!?
Physically Based Rendering
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト

コメント