バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成

前回、エアブラシで黒立ち上げっぽく陰影塗装したけど、やっぱりちょっと物足りないので墨入れすることにした。



タミヤカラー エナメル塗料のスモークで、奥まった部分の明度を落として影を作った。

以前と同じ角度で

汚しではなく、あくまで影を作るのが目的なので、拭き跡は残さずしっかりと拭き取った。

スポンサーリンク


最初は綿棒を使って拭き取ってたんだけど、これだけ精密なモールドのキットだと、普通の綿棒じゃ上手く拭き取れない部分が多かったので、ガイアノーツのフィニッシュマスターというツールを使ってみた。↓

フィニッシュマスター

綿棒と違って繊維が付着することもないので、こういう繊細なモールドとの相性が良い。

ということで、ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー完成です。


スポンサーリンク

台座にはいろんな人がやっているように、キットの箱に印刷されているエンブレムを切り抜いて両面テープで貼ってみた。

台座に影が落ちてよく見えんな

ターンテーブルに乗せて動画を撮ってみた。4K画質だぞ。微妙に綿棒の繊維が付着してるのに後から気づいた。。。



上から

後ろ

後ろ上

斜め上から

反対サイド

映画的な角度

斜め

斜め

制作まとめページ↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


スポンサーリンク

関連記事

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
ジュラシック・パークのメイキング
ゴジラのガレージキットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
ゴジラの造形
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
模型をターンテーブルで撮影
最近のフィギュアの製造工程
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
シフトカーを改造してラジコン化する人達
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
模型制作の環境を考える
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 接着・ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
映画『シン・ウルトラマン』の特報!
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる

コメント