バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成

前回、エアブラシで黒立ち上げっぽく陰影塗装したけど、やっぱりちょっと物足りないので墨入れすることにした。



タミヤカラー エナメル塗料のスモークで、奥まった部分の明度を落として影を作った。

以前と同じ角度で

汚しではなく、あくまで影を作るのが目的なので、拭き跡は残さずしっかりと拭き取った。

スポンサーリンク


最初は綿棒を使って拭き取ってたんだけど、これだけ精密なモールドのキットだと、普通の綿棒じゃ上手く拭き取れない部分が多かったので、ガイアノーツのフィニッシュマスターというツールを使ってみた。↓

フィニッシュマスター

綿棒と違って繊維が付着することもないので、こういう繊細なモールドとの相性が良い。

ということで、ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー完成です。


スポンサーリンク

台座にはいろんな人がやっているように、キットの箱に印刷されているエンブレムを切り抜いて両面テープで貼ってみた。

台座に影が落ちてよく見えんな

ターンテーブルに乗せて動画を撮ってみた。4K画質だぞ。微妙に綿棒の繊維が付着してるのに後から気づいた。。。



上から

後ろ

後ろ上

斜め上から

反対サイド

映画的な角度

斜め

斜め

制作まとめページ↓

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
スター・ウォーズ旧三部作に登場するスター・デストロイヤーを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。iPhone6Sで4K画質の動画を撮ってみた。高解像度で鮮明な分、ホコリ(墨入れ拭き取り時に付着した綿棒の繊維)もハッキ...


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
3DCGのモデルを立体化するサービス
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
ドリフトパッケージナノとシフトカー
今年も怪獣大進撃
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
2020年 観に行った映画振り返り
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
ファンの力
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 墨入れ・クリアーコート
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
ゴジラのガレージキットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
Zウィングマグナム
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
ゴジラ三昧
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
模型をターンテーブルで撮影
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
黒澤映画
シフトカーの改造
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
GMKゴジラ完成!
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
積みキット進捗
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装

コメント