バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 基本工作

昨年11月の終わり頃に、お台場にあるガンダムベース東京で「ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム」を購入した。



工具不要・塗装不要でお値段770円なのにこの驚異的なクオリティが実現されている。
ビームライフルとシールドが付属するのは今のところガンダムベース限定の先行販売仕様で、現在一般販売で手に入るのは袋入りで武器が付属しないライトパッケージVer.

ENTRY GRADE 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム(ライトパッケージVer.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

こちらはさらに安くてお値段550円です。


スポンサーリンク


そして、この工具も塗装も不要なキットを、オイラは丁寧に工具を使って全塗装で仕上げようと思います(笑)
月刊ホビージャパン2020年11月号のJUNⅢ氏の作例を参考にさせていただく↓

月刊ホビージャパン2020年11月号 [雑誌]

基本工作

ということで、塗装を前提にプランを考える。
仮組みしながら、塗装前に接着した方が良い箇所、塗装しやすいように後ハメ加工が必要な個所、埋めた方が良い肉抜き穴などを考えていこう。
このキットに限らず、ガンプラはパーツ同士をはめ込むだけでしっかり固定される接着剤不要のスナップフィットキットなので、仮組みしてからバラしやすいようにまずはニッパーでダボを少し短くカットしておく。
オイラはプラモデルを組む時はいつもこれをやっています。

ガンプラでは定番工作の、アンテナのフラッグを切り落としてシャープ化。

他の1/144のガンプラと違って、このキットの眼はフェイス部と別パーツになっている。



せっかくだから、眼は型取りして透明樹脂で複製して電飾してみたい。ガンダムのフェイスデザインは眼がかなり奥まった位置に付いているから、電飾でもしないと目立ってくれない気がするので。
ということで眼のパーツの加工は後回し。


胴体

襟と排気ダクトが1つの黄色いパーツで構成されており、2つの青いパーツで挟み込む構成になっている。



青いパーツは先に接着して合わせ目を消しておきたいので、黄色いパーツから襟と排気ダクトを切り離して後ハメとする。



黄色いパーツの胴体部分は青いパーツと接着。



2つの青パーツも接着。内側に伸びる部分にエポキシパテを盛って延長しておく。



エポキシパテが硬化したら削って整える。



スポンサーリンク

ランドセル

ランドセルは割と質素な作り。バーニアの造形がショボ過ぎるので市販のディティールアップパーツと交換することにしよう。



バーニアを切り落としてくり抜いて、空いた穴をエポキシパテで埋める。
ついでに、シールドを背中に固定する際に使用するダボ穴も埋めてしまう。(使うつもりがないので)


腕のパーツは、モールドに沿ってパーツが分割されているので、特に合わせ目消しが必要な個所は無かった。
シールド固定用のダボ穴は好みで埋めてしまった。


スカートの裏側の肉抜き穴をエポキシパテで埋め、



前スカートの左右がそれぞれ独立して可動できるように左右を切り離し、



間を1mmの真鍮線でつなぐ。



左右と後ろのスカートも裏の肉抜き穴をエポキシパテで埋めた。


スネパーツはパーツの合わせ目が前面に出てしまうので、接着して合わせ目を消す。


ビームライフル

ビームライフルは銃口をピンバイスで開口し、



スコープ裏の肉抜き穴をエポキシパテで埋めた。



その他も含め、エポキシパテで肉抜き穴を埋めたパーツはこんな感じ。



関節パーツは組んだら内側が見えなくなるのでやる必要なかったな。。。

パーティングラインや接着の合わせ目が目立つ箇所に軽く400番のサンドペーパーをかけてから、ちょっと仮組み。



次はいったんサーフェイサーを吹いて本格的な表面処理に入ろう。

このキットの製作記事まとめページ↓



スポンサーリンク

関連記事

メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム グラデーション塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム バーニアの交換
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
ゴジラの造形
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 表面処理
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム グラデーション塗装
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
模型制作の環境を考える
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
エアブラシの思い出
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
ロボットクリエーター
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
変身ベルト
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!

コメント