海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?

今回は作業ではなく、失敗の記録です。

前回、仕上げとしてつや消し(水性プレミアムトップコート)を吹いた。



吹いた直後は良い感じだと思っていたのだが、乾いたらこんなことになってしまった。。。



ちょうどパーツの継ぎ目をパテで埋めた箇所だけ塗装が溶け落ちちゃったのか、不思議なことに。。。


スポンサーリンク


影を強調するためのウォッシングで使ったアクリル塗料だけが溶けてしまったようだ。しかもパーツの継ぎ目部分だけ。
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
前回まででエアブラシ塗装は一区切り。これ以上細かい塗り分けは自分のスキル的にエアブラシ塗装で上手くできなさそうなので、ここからは筆塗りメインで進めていく。まずは失敗した箇所をレタッチ。本当は爪と皮膚の境界をエアブラシで自然にぼか...


トップコートを吹いた日は晴れてたけど湿度が高かったので、トップコートが乾く前にその下のアクリル塗料を溶かしてしまったのかも。ただ、溶けたのがパーツの継ぎ目の(つまりパテを盛った)部分だけってのが解せない。



パテを盛った上からサーフェイサーを吹いているし、ベース塗装はラッカー系だったのだから、パテの影響とは考えにくい。
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
前回までで口内の塗装は済ませた。 首の接着・パテ埋め 軸打ち加工しておいた首パーツを接着し、継ぎ目をエポキシパテで埋めた。 まずパーツの隙間をパテで埋め、硬化後にハンディールーターでモールドの流れに沿って削り込み、...


継ぎ目部分は他と比べてモールドが浅いから塗料が流れてしまったのだろうか?



でも、だとしたら眉のブラウン塗装にも影響が出ているはずだよな。サーフェイサーを通過して何かパテから染み出してくるものがあるのだろうか。



失敗こそ記録すべきだと思ってブログに書いてるけど、まるで原因がわからん。。。

修正してもまた同じことが起こっちゃったら意味ないし、どうしよう。エナメル塗料の似た色でウォッシングしてみようかな。


スポンサーリンク

関連記事

シン・ゴジラのティザーポスターが公開された!
ゴジラの日
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
ゴジラ・フェス 2018
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
2016年 観に行った映画振り返り
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
アニメーション映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の予告編が公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
大ゴジラ特撮展
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
NHKのゴジラ特番
ガレージキットのフィニッシャー
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
模型制作の環境を考える
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
Optimus PrimeとJetfire
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
平成ガメラ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
ふなっしーのプラモデル
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた

コメント