シン・ゴジラのファンアート

いっすーことYOSUKE ISHIKAWA氏によるシン・ゴジラのファンアート。



https://www.artstation.com/artwork/5bbag

Wip シンゴジラ 口

YOSUKE ISHIKAWA氏は、何年か前に3DCGコミュニティサイトcgUDK(UNREAL DEVELOPER KIT)で描画した特撮キャラクターのCGをアップしていて、当時からハイディティールのCGをリアルタイムで描画できるまでチューンナップされていたようだ。最近はMarmoset ToolbagMarmoset Viewerでブラウザ上でグリグリ見れる良い時代。

ところで、制作途中の進捗をWIP(Work In Progress)って言うんですね。


スポンサーリンク

Twitterでずっと制作過程をアップされていたけど、初期段階からすごいクオリティだった。


スポンサーリンク



強烈な作品は二次創作も活発。
ZBrushで胸像を作った人もいますね。

『シン・ゴジラ』 Making Of Shin Godzilla Fan Art


スポンサーリンク

関連記事

UnityでPoint Cloudを表示する方法
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
プログラムによる景観の自動生成
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
7月にNHK BSプレミアムでゴジラ映画が放送されるぞ
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
タマムシっぽい質感
ゴジラの音楽
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
大ゴジラ特撮展
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushの練習 手のモデリング
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
生物の骨格
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
Oculus Goを購入!
ゴジラの口の色
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた

コメント