ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く

眼を電飾化するために型取り複製して、2次原型を造り始めたけど、



透明パーツの原型はごまかしが効かないので、ちゃんと磨き上げるために溶きパテを塗っては削ってをくり返し中。

さて、2次原型を磨いている間に、元の頭部パーツから目の部分をくり抜いてしまうことにする。くり抜く部分に赤ペンであたりを付ける。

眼の部分に赤ペンであたりをつける

くり抜いちゃったら本当にもう後戻りできなくなるけど、ここは思い切って取り掛かってしまう。


スポンサーリンク


ミニ四駆の肉抜きと同じ要領で、ピンバイスでいくつか穴を空けて、その穴をニッパーで切って繋いで大きな穴にする。

ドリルで穴を空ける

ニッパーで切って穴を繋いで大きい穴にする

ある程度大きな穴になったらデザインナイフで大ざっぱに削って穴を広げていく。

そこそこ縁の形を削り出せたら、棒ヤスリを突っ込んで少しずつ削っていく。ソフビのヤスリがけは、摩擦熱でソフビが柔らかくなるから毛羽立った仕上がりになってしまいがちなんだけど、まだ仕上げの段階じゃないから構わず削っていく。

ヤスリで穴を広げていく

ヤスリでミスってちょっと鼻筋の部分をひっかいて傷ができてしまった。。。後でリカバーせねば。

大方眼の部分はくり抜けたけど、ソフビが意外と肉厚だった。

穴を広げたけど、縁が肉厚だ

縁まわりをリューターでさらに削って薄くする。

リューターで縁を削る

使ったリューターはこちら。回転数が調整で来て、かなりパワーも出るのでお気に入り。これで時間と労力を相当省けるので有難い。

ハンディルーターMk.1 AC

リューターで削った部分の毛羽立ちをデザインナイフで取り除き、とりあえず溶きパテを塗ってみた。間違ってひっかいちゃったところにも。隣にあるのは眼の二次原型。

溶きパテを塗って傷を埋める

結局、クリアーパーツ化した眼をはめ込む時に微調整が必要だから、これ以上の作業は眼のクリアーパーツができてからだな。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
GMKゴジラの口接着
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
GMKゴジラの爪の塗装
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
ロボットクリエーター
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
最近のフィギュアの製造工程
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4
大ゴジラ特撮展
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
ゴジラ トレーディングバトル
シン・ゴジラ第四形態の造形
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ゴジラのガレージキット組み立て動画
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
第1回 ゴジラ検定を受けました
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所の本格修復
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
2018年 観に行った映画振り返り
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
平成ガメラ
怪獣ガレージキット
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装

コメント