顔のモデリング

学生時代、Mayaで人の顔をモデリングしてポリ男と名づけた。2006年〜2008年の話。

Poly-O_Phongpoly-O_SSS

口が猿みたい。今ならもっと上手く作れそうな気がするけど、そんな情熱がもう無い。
1つの人種に縛られるのが何となく嫌で、色んな人種の特徴を観察して「人間の顔」というものを一般化しようとしていた。2006年はたまたまニューヨークに計2ヶ月ほど滞在したので、すれ違う様々な人種の顔を観察できた。

彫刻方面からヒューマンポートレイトを勉強したりもした。人の顔を構成する要素が理解できれば、それを応用して色々なバリエーションが作れるはず、と考えていた。
「人間という生物」ではなく、キャラクターとしてのパーソナリティを持たせる難しさを知った。無表情な状態のモデリングで不気味の谷を超えるハードルの高さ。キャラクターアニメーションで極端な表情を持たせる理由を何となく理解した。

実装寄りな話で言うと、ポリゴンのトポロジーを意識しながら形状をいじるのは頭が混乱した。特に口元はポリゴンの分割が密集して上手くさばけなかった。耳はもう諦めていた。
当時はZBrushの流行り始めで、ポリゴンのトポロジーと形状の関係をユーザーがあまり意識しなくて済むスカルプトUIに憧れるきっかけとなった。その後ZBrushを購入した。

さらに時代は変わって、最近では人体キャラクターを制作するためのリソースが充実してきた。オンラインでモデリングできるサービスや、オープンソースのモデリングツールも登場している。


スポンサーリンク


Autodesk Character Generator
Screenshot of charactergenerator.autodesk.com

Makehuman
Screenshot of www.makehuman.org

「一般化できたことはツール化する」というのはソフトウェアの世界で良く行われることだが、絵画や彫刻などでお馴染みの西洋的な「技法の体系化」がそもそもこういう文化なのかもしれない、と最近感じる。「先人の知恵を体系化したもの」がソフトウェアとして制作ツールになったんだなぁ、と。こういうツールが職人文化の日本から生まれるのは難しそうだ。

近々顔モデリングに特化した書籍が出るらしい。(とりあえずポチった)



スポンサーリンク

関連記事

Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
AfterEffectsプラグイン開発
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
4K HDR『ガメラ3 邪神覚醒』
大人の知識で玩具の改造
ワンダーフェスティバル2021[冬]はWeb開催
サンライズの勇者シリーズ30周年
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
この連休でZBrushの スキルアップを…
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
線画を遠近法で描く
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
2015年の振り返り
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrushの練習 手のモデリング
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
まだまだ続く空想科学読本
UnityでARKit2.0
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
CGのためのディープラーニング
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅・皮膚の仕上げ塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工

コメント