顔のモデリング

学生時代、Mayaで人の顔をモデリングしてポリ男と名づけた。2006年〜2008年の話。

Poly-O_Phong poly-O_SSS

口が猿みたい。今ならもっと上手く作れそうな気がするけど、そんな情熱がもう無い。
1つの人種に縛られるのが何となく嫌で、色んな人種の特徴を観察して「人間の顔」というものを一般化しようとしていた。2006年はたまたまニューヨークに計2ヶ月ほど滞在したので、すれ違う様々な人種の顔を観察できた。

彫刻方面からヒューマンポートレイトを勉強したりもした。人の顔を構成する要素が理解できれば、それを応用して色々なバリエーションが作れるはず、と考えていた。
「人間という生物」ではなく、キャラクターとしてのパーソナリティを持たせる難しさを知った。無表情な状態のモデリングで不気味の谷を超えるハードルの高さ。キャラクターアニメーションで極端な表情を持たせる理由を何となく理解した。

実装寄りな話で言うと、ポリゴンのトポロジーを意識しながら形状をいじるのは頭が混乱した。特に口元はポリゴンの分割が密集して上手くさばけなかった。耳はもう諦めていた。
当時はZBrushの流行り始めで、ポリゴンのトポロジーと形状の関係をユーザーがあまり意識しなくて済むスカルプトUIに憧れるきっかけとなった。その後ZBrushを購入した。

さらに時代は変わって、最近では人体キャラクターを制作するためのリソースが充実してきた。オンラインでモデリングできるサービスや、オープンソースのモデリングツールも登場している。


スポンサーリンク


Autodesk Character Generator
Makehuman

「一般化できたことはツール化する」というのはソフトウェアの世界で良く行われることだが、絵画や彫刻などでお馴染みの西洋的な「技法の体系化」がそもそもこういう文化なのかもしれない、と最近感じる。「先人の知恵を体系化したもの」がソフトウェアとして制作ツールになったんだなぁ、と。こういうツールが職人文化の日本から生まれるのは難しそうだ。

近々顔モデリングに特化した書籍が出るらしい。(とりあえずポチった)



2022年 追記:リファインしてみた↓
ポリ男
大学生の頃にMayaで制作した人間の顔。ティーンネイジャーぐらいの少年を目指してモデリングした。 ポリゴンでできた男の顔なので同級生達に「ポリ男」と名付けられた。 もともとは選択授業の課題として選んだモチーフだったが、課題提出の締め切りに間...


スポンサーリンク

関連記事

自分のスキルセット
まだまだ積んでるキット達
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
ゴジラ三昧
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
TVML (TV program Making language)
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
ガレージキットのフィニッシャー
成果を待てない長学歴化の時代
書籍『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』読了
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
バンダイ ミニプラ 特空機1号セブンガー 目のクリアーパーツ化
ラクガキの立体化 進捗
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
天体写真の3D動画
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
キャリアの振り返り
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工

コメント