海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め

前回は口の中を小改造した。

前回までで、口以外のパーツの接着と継ぎ目のパテ埋めを終えた。 次は口のパーツを少し改造する。 ソフビ製のパーツは、レジンキットなんかと比べるとシャープさに欠けるので、牙がちょっと丸っこくなり過ぎている。先端に気泡が入って欠けてい...

次は表面処理の第1ステップ。ソフビのパーツ製造時に入ってしまった気泡の処理を行う。
このキットは古いキットの再販品だからなのか、表面に気泡が沢山ある。おそらく、当時と同じ金型を使って生産されているので、ソフビの成型技術の水準が当時のままなんじゃないかな。最近のソフビ製品では気泡ってそれほど気にならないし。

なので、目立つ気泡だけパテで埋めて、それ以外はモールドと解釈してしまうことにする。
以前同シリーズの初代ゴジラのキットを組み立てた時も気泡が沢山あったけど、小さい気泡は溶きパテや粗めのサーフェイサーでほとんど埋まってくれた気がするし。
初めて購入した怪獣ガレージキット。2005年ぐらいに秋葉原の海洋堂ホビーロビー東京で購入。酒井ゆうじ氏が海洋堂時代に出した1954年公開の「ゴジラ」に登場するゴジラの20cmサイズのソフトビニールキット。 追記:このキ...


スポンサーリンク



エポキシパテの塊からスパチュラで小さくすくい取り、気泡部分に擦り付けるようにほんの少しだけ盛りつけて、モールドの流れに沿うように整形していく。
ポツポツと白く見えるところがエポキシパテを埋めた部分。

目立つ気泡をエポキシパテで埋める

オイラが愛用しているスパチュラはこちらのセットの、特に右端のやつ↓

ミネシマ モールディングセット TM-5

足のように、特に深いモールドが密集している箇所は気泡が多かった。(型から空気が逃げにくいんですかね)

足まわりは特に気泡が多かった

パテが固まったら、盛ったパテが後でポロッと取れてしまわないように、念のためパテとソフビの境目に瞬間接着剤を流し込んで接着しておく。

で、さらにその上から溶きパテを塗ってパテとソフビの境目をごまかす馴染ませる。

溶きパテで馴染ませる

ほぼ全体に溶きパテ塗ってるみたいになったな。

ほとんど全体に溶きパテ塗ってるな

溶きパテが乾いたら、次はサーフェイサーを吹こうと思うんだけど、どのサーフェイサーを使おうか。最近お気に入りのガイアノーツのエヴォ ブラックにしようか、それともまずはもっと目の粗いサーフェイサーで細かい気泡を埋めていくか。

追記:制作記事まとめページ作りました↓

https://blog.negativemind.com/portfolio/sci-fi-monster-soft-vinyl-model-kit-collection-godzilla-1962/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.