海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3

前回は、胴体内部に透明なインナーパーツを作ろうとしてあえなく失敗したのでした。

電飾を想定すると勝手が分からず牛歩な感じです。 とりあえず前回のエポキシパテの跡を溶きパテで均した。 これは電飾関係なく普通の工作。

前回の反省

ちょっと反省する。
前回使った透明素材「すけるくん」は、溶剤が揮発することで硬化するタイプの材料だった。(すけるくんの場合は水が溶剤みたいなもの)
そして、溶剤は空気と触れている表面から揮発していくため、体積に対して表面積が少ないと、内側の溶剤が揮発せずに残ってしまう。その結果、硬化不良を起こしてしまった。というのがオイラの予想。

透明粘土でインナーパーツを作る

ということで、使う材料を変えて再びインナーパーツの作成に挑戦。
今回は前回とはまた別の透明な粘土系素材を使ってみる。その名もずばり「透明粘土」。

透明粘土

こいつは、前回使ったすけるくんと違って、2種類の材料を混ぜ合わせると化学反応で硬化するタイプ。なので、体積や表面積に関係なく硬化してくれると睨んだのだ。


スポンサーリンク



ただ、この透明粘土はお値段の割に内容量が少ないのがちょっと残念。
さっそく全部使っちゃおう。この2種類の材料を混ぜ合わせると硬化するわけですね。



説明書によると、最初は少し固いので、まずは練ってほぐす必要があるらしい。



って、固っ!少しどころか結構固いじゃないか。のばし棒に体重かけないと伸びないぞこれ。



汗だぐになりながらそこそこほぐしてから硬化促進剤を全部乗せる。促進剤も完全な透明なのね。



再び体重をかけてのばし棒で練って促進剤をよく混ぜる。やっぱり固い…



十分に混ぜたら、胴体の内側に盛る。
一応、盛る前にソフビの内側にはスプレータイプ離型剤を吹いておいた。硬化後にペリッと剥がせるようにしておきたいのだ。



盛ったら指やスパチュラを使って伸ばし、形を整える。



少し余ったので上腕にも盛っておいた。



完全に硬化するまで1日待てば良いはず。



ということで、硬化した。
透明度とか見た目の変化は無いですね。やや白く曇っている箇所は練った時に混入した気泡だろうか。



今更ながら、腕のパーツの基部に電飾配線用の穴を開けた。


光の拡散度合いのテスト

中に仕込む予定の黄色の帽子型LEDを裏から当てて光の拡散具合を見てみる。



やや光が弱いような気もするけど、良い感じに光源がぼやけてくれている気がする。
光量的に、当初の予定よりも沢山密集させるように配置しても良いかもな。この帽子型LEDを100個も買っちゃったし。



ところで、いくつかの素材で透明インナーパーツ作りを試したけど、グルーガンで良かったような気がしてきた(笑)

goot ホットボンド トリガー付 HB-45

太もものインナーパーツはグルーガンで充填することにしよう。



グルーガン用のスティックを多めに買い込んでおこう。

goot ホットスティック HB-40S クリア

続きは次回。


スポンサーリンク

関連記事