メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理

バンダイのメカコレクションNO.02のウルトラホーク1号の方も、表面処理は結局ジェットビートルの方とほぼ同時進行だったのです。



メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.02 ウルトラホーク1号 プラモデル

こちらは曲線で構成されたデザインのジェットビートルと違って、直線を基本に構成されたデザインなこともあってか、塗装前に接着・合わせ目消しをするような箇所が無くて楽だ。


スポンサーリンク


その代り、ちゃんとバリを取ってパーティングラインも消して、平面をキレイに出すことを心がける。(当たり前か)

ウルトラホーク1号

メカコレはパーツ数が少なくて気楽ですね。パーツの分割が何となくα、β、γ号っぽいのはモールドに沿って分割されてるからかな。

メタリック系の色を載せる予定なので1500番の黒サーフェイサーを吹いてしまう。

黒サーフェイサー1500番を吹く

裏面側につくパーツは曲線というか、ミサイル系の円筒パーツがありますね。

裏面のパーツは曲線が多いかも

吹き終わった後に、ややバリの跡や薄らとしたパーティングラインを見つけてしまったので。その部分を600番のペーパーで削ってから500番と粗めのグレーサーフェイサーを吹いて埋める。

500番のサーフェイサーでやり直し

水平尾翼のパーティングラインを消す

未だに表面処理の効率的な手順が分からないんだよなぁ。結局何回かサーフェイサーを吹くはめになってしまう。メタリック系の発色を考えたらこの上から黒を塗るかしないといかんよな。。。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.2 ウルトラホーク1号
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズからウルトラマンシリーズの初期作品に登場するビークルが発売され、そのNo.2がこのウルトラホーク1号。 価格が500円で、パーツ数も少なくてお手軽なキット。なんだけど表面処理に気を遣...


スポンサーリンク

関連記事

ロボットクリエーター
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所の本格修復
ジュラシック・パークのメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
各種サイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)フィギュア
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
ゴジラの造形
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
まだまだ積んでるキット達
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
消費の記録
シフトカーを改造する人達
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 完成
トレジャーフェスタ・オンライン
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
ドリフトパッケージナノとシフトカー

コメント