メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理

バンダイのメカコレクションNO.02のウルトラホーク1号の方も、表面処理は結局ジェットビートルの方とほぼ同時進行だったのです。



メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.02 ウルトラホーク1号 プラモデル

こちらは曲線で構成されたデザインのジェットビートルと違って、直線を基本に構成されたデザインなこともあってか、塗装前に接着・合わせ目消しをするような箇所が無くて楽だ。


スポンサーリンク


その代り、ちゃんとバリを取ってパーティングラインも消して、平面をキレイに出すことを心がける。(当たり前か)

ウルトラホーク1号

メカコレはパーツ数が少なくて気楽ですね。パーツの分割が何となくα、β、γ号っぽいのはモールドに沿って分割されてるからかな。

メタリック系の色を載せる予定なので1500番の黒サーフェイサーを吹いてしまう。

黒サーフェイサー1500番を吹く

裏面側につくパーツは曲線というか、ミサイル系の円筒パーツがありますね。

裏面のパーツは曲線が多いかも

吹き終わった後に、ややバリの跡や薄らとしたパーティングラインを見つけてしまったので。その部分を600番のペーパーで削ってから500番と粗めのグレーサーフェイサーを吹いて埋める。

500番のサーフェイサーでやり直し

水平尾翼のパーティングラインを消す

未だに表面処理の効率的な手順が分からないんだよなぁ。結局何回かサーフェイサーを吹くはめになってしまう。メタリック系の発色を考えたらこの上から黒を塗るかしないといかんよな。。。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
ゴジラの口の色
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工
エアブラシの思い出
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
模型制作の環境を考える
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
映画『ダウンサイズ』を観た
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
顔のモデリング
GMKゴジラのドライブラシ
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
Zウィングマグナム
GMKゴジラの口接着
今年も怪獣大進撃
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
サンダーバード ARE GO
模型用塗料の収納問題
フルCGのウルトラマン!?
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装

コメント