『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた

平日に有給休暇を使って「特撮のDNA ウルトラマン Genealogy」を見てきた。

特撮のDNA ウルトラマン Genealogy

会期:2020年9月5日(土)~2020年10月18日(日)
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo 東京都文京区後楽1-3-61
営業時間:
 土日祝:10:00~19:00
 平日:12:00~20:00
 ※最終入場は、閉場30分前まで

チケットは来場日指定の予約制で、セブンチケットまたは電子チケットの事前購入が必要。会場入り口で当日券は販売されないので注意。
日にち指定の入場制限は新型コロナウィルス感染防止のためなのでしかたがないですね。入場時には検温と手の消毒が義務づけられている。もちろんマスクは必須。

東京ドームシティ Gallery AaMoに行くのは、円谷コンベンションのついでにかいじゅうのすみかに寄った以来かな。




スポンサーリンク


今回は予約日当日の天気が悪かったのもあり、いつものように一眼レフカメラを持参するのは断念した。(傘をさしながら一眼レフを持ち運ぶのがしんどいもので)
なので今回はiPhoneで撮影したのみ。(前日の夜にiPhoneのOSアップデートに失敗してハラハラしましたが)
会場は薄暗かったので、オイラの古い一眼レフではどっちにしろまともに撮れなかった気がする。



昭和、平成の円谷作品のプロップが各作品・年代ごとに並べられており、ウルトラQ、ウルトラマンだけでなく、ブースカ、レッドマン、マイティジャック、ミラーマン、ジャンボーグA、ファイヤーマン、アンドロメロス、グリッドマンの展示もあった。
さすがに初期の作品のプロップは現存しているものが少なく、忠実に再現されたレプリカの展示がほとんどだったけど、ウルトラQの頃の模型が現存しているのは驚きだった。



各時代のプロップを見ていてふと思ったけど、飛行シーン用の模型 通称「飛び人形」や、変身直後の登場シーン 通称グングンカット(?)用の強制パース模型って、たぶんニュージェネレーション以降は使われていないよね。

ウルトラセブンの飛び人形



ウルトラマンティガの初期エピソードでは、飛行シーンが吊りではなく合成で表現されていたけど、しばらくしたら飛び人形を吊ってミニチュアセット・ホリゾンとで撮影するスタイルに回帰していた記憶。

ウルトラマンティガの飛び人形



グングンカット用に強制パースな人形を用いるのは初代ウルトラマンからだけど、もともとは巨大化過程の表現だったのかな。

ウルトラマンティガのグングン人形



平成ウルトラセブン3部作(1998年)で使われた飛び人形も展示されていた。



その後の1999年の6部作ではもっとスーツの造形に近づけて、ウェットスーツのしわも再現された造形物が使用されていた記憶。
そういえば、小学生の頃に向ヶ丘遊園で平成ウルトラセブンのプロップ展示を見たな。

ウルトラマンG、ウルトラマンパワードの展示もあった。海外制作作品のプロップ展示は珍しい。
『ウルトラマンG』と『ウルトラマンパワード』のBlu-ray BOX
シン・ゴジラのBlu-rayもそうですが、同じ時期にウルトラマンパワードのBlu-rayも届いたのです。35mmフィルムからのHDリマスターがキレイ過ぎて驚愕。怪獣スーツのパーツ分割ラインや覗き穴の位置まで丸わかりではないか(笑)...


ウルトラマングレートのマスク

ウルトラマンパワードのマスク



そういえば、パワードの目はウルトラマンの中では珍しくカッティングが無いのね。

オイラは、幼少期に長らくウルトラマンのテレビシリーズが放送されていなかったブランク世代。ウルトラマンティガが始まるまで、再放送で過去のウルトラマンを見て過ごした。
再放送のウルトラマンの昭和の風景は、どこか自分の暮らしている平成とは違う世界にように感じていた。建物や乗り物、生活様式が自分とはだいぶ違っていた。
ビデオ作品では新作がリリースされていたが、ウルトラマンGもウルトラマンパワードも海外制作なので日本の風景は出てこない。

ウルトラマンティガの放送が始まって、初めて自分の生活している平成の風景の中でウルトラマンや防衛隊が活動している映像を体験をした。リアルタイムにテレビシリーズが制作・放送されるとはこういうことなのかと。



今回、展示物の解説は入り口で配布されたシートに全て記載されており、各展示の傍には配置されていなかった。インタビュー系の動画も無く、各コーナーで流れていたのは音楽と静止画スライドで構成された簡素なCM動画だった。
これは感染予防策として人が一ヶ所に長く滞留しないように配慮したからだろうか。

物販は通販もあります↓
https://www.tokusatsu-dna.com/ec

特撮のDNAが毎年恒例行事みたいになってきてとても良い傾向ですね。
『特撮のDNA』を見てきた
蒲田でやっている「特撮のDNA」東京展に行ってきた。特撮のDNA—『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで—会期:2018年12月19日(水)〜2019年1月27日(日) ※1月12日(土)のみ休館会場:日本工学院専門学校「ギャラ...

『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」を見てきた。特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮会期:2019年12月13日(金)~2020年1月26日(日)※2019年12月31日(火) 2020年1月1日(...


スポンサーリンク
初代「ウルトラマン」スーツアクター・古谷敏、スペシウム光線を生披露!フジ隊員・桜井浩子と登場「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」レセプション

「ウルトラマン」シリーズの貴重資料が集結!「特撮のDNA—ウルトラマン Genealogy」内覧会

【Amazon.co.jp限定】ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラマン MovieNEX(メーカー特典:直筆サイン入り生写真付)(L判ビジュアルシート6枚セット付) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
なりきり玩具と未来のガジェット
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
ゴジラ トレーディングバトル
2018年 観に行った映画振り返り
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
『ヒカリ展』に行ってきた
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
無能の作り方
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
『さらば あぶない刑事』を観た
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
『スターウォーズ/フォースの覚醒』のメイキング映像
Ambient Occlusionを解析的に求める
2016年 観に行った映画振り返り
Mr.ビーン
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
三丁目ゴジラ
2020年7月 振り返り
シン・ゴジラ第四形態の造形
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
小説『GODZILLA プロジェクト・メカゴジラ』読了(ネタバレ無し)
最近のフィギュアの製造工程
『社会人』を諦めました
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
ウルトラ×ライダー
スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神」
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる

コメント