『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた

遅ればせながら、上野の森美術館で開催されている「メカニックデザイナー 大河原邦男展」に行ってきた。

大河原邦男展

ガッチャマンからガンダムまで デザイナー「大河原邦男展」 8月8日から、東京・上野

六本木で開催されていた「機動戦士ガンダム展」の入場券を見せると、チケット代が200円割り引かれます。(オイラは忘れてました…)




スポンサーリンク


オイラにとって初めて触れた大河原デザインは、たぶん小学校に上がる前に見ていたサンライズの勇者シリーズの1作目「勇者エクスカイザー」なのだ。
キングエクスカイザーのおもちゃをおじいちゃんに買ってもらった。クリスマスにはドラゴンカイザーを買ってもらって、グレートエクスカイザーへ合体させて遊んだ。(腕がもげちゃったけど…)
後に大人向けにデザインとギミックがリファインされた玩具が発売されたのも記憶に新しい。





今振り返ってみると、勇者シリーズのフェイスマスクのデザインは、特にアゴの部分の処理がガンダムに通じるものがあるね。

オイラが初めて大河原邦男という人の存在を意識したのは、2006年頃にフレッツ・スクウェアで配信されていた「INSIDE ガンダム」という情報番組だった。ガンダムのデザイナーである大河原邦男氏の自宅を訪問する回で、大河原氏の自宅にある町工場みたいな工房スペース 通称「大河原ファクトリー」が紹介されていた。最近で言うところのMakers的な設備を自宅に持っているわけですね。
本展でも少し触れられていたが、大河原氏は立体として破綻の無いデザインを常に心がけており、紙の上だけでなく、実際にモックアップを制作してプレゼンを行うこともあるという。絵を描くことよりも、純粋にメカが好きらしく、金属を加工してオブジェを作成したりもしているらしい。
その感覚はロボットの変形ギミックに表れており、大河原氏が描いた変形機構の説明図なども展示されていた。この手のことは通常だったらおもちゃメーカー側か考えるような部分らしいが、大河原氏は自ら提案しているようです。

イラストレーターとしても活躍する大河原氏、本展ではデモンストレーションとして、描き下ろしのガンダムのイラストを仕上げるまでの過程が映像で紹介されていた。下絵が描かれた紙の裏を鉛筆で塗りつぶしてカーボン紙と同じ状態を作り、それを本番紙に重ね、赤いボールペンで上からなぞることで線画を転写していた。


スポンサーリンク
超レアな「ガンダム」制作ドキュメント映像 大河原邦男展で公開

大河原氏がイラストを描く際の画材としてポスターカラーを多く利用している理由は、アニメの背景画出身のため、背景を描くのに使用していた名残のようだ。

今回は公式図録と、この本を購入した。↓

メカニックデザイナーの仕事論


スポンサーリンク

関連記事

エアブラシの思い出
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ミニ四駆のラジコン化情報
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
遺伝子検査で自己分析
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
三丁目ゴジラ
東京オリンピックと案内表示
生物の骨格
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Profilograph
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ゴジラムービースタジオツアー
HerokuでMEAN stack
バーガーキングのCM
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
読書は趣味か?
デザインのリファイン再び
Raspberry Piでカーナビを自作できるキット『iCarus』
2017年 観に行った映画振り返り
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ブログをWordpressに引っ越して1周年
ウルトラマンパワードがBlu-Ray Box化!
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ガンダムはALSOKによって守られている
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
操演という仕事
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushのお勉強
そのアプローチは帰納的か演繹的か
胡散臭いデザインの参考サイト
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工
顔のモデリング

コメント