生物の骨格

世の中には、骨の写真集というものが存在する。
オイラはその手のものが結構好き。生き物の骨格に、独特の機能美みたいなものを見出してしまう。筋肉や色味が無くなることで、硬質でやや機械的な冷たさと静けさを感じる。

ニューヨークに1ヶ月ほど滞在した時、美術館で、花や風景と牛や鹿などの骸骨を一緒に描くジョージア・オキーフという画家の存在を知った。その時に見た絵がやたらと記憶に残っている。
それ以来、動物の骨格の資料が欲しくなり、写真集を買うようになった。

この「骨から見る生物の進化」は洋書の翻訳本。
骨から見る生物の進化

この写真集は後にサイズを縮小した普及版が発売された。


スポンサーリンク


この写真集に「キョン」という鹿の仲間の頭蓋骨が載っているのだが、これがドラゴンのようでカッコイイのだ。キョンは草食動物だが、大きな牙があり、頭蓋骨だけ見ると、とても獰猛な印象を受ける。

これをモチーフに、恐竜の要素も加味したらカッコイイんじゃないかと思ってZBrushで作ろうとしたことがある。ちょうど辰年の年賀状にしようかと思っていたが、上手くまとまらずに挫折。


スポンサーリンク

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。



この写真集には色々な生き物の骨格が載っている。オラウータンの骸骨は獣風なのに、チンパンジーの骨格は人間に似過ぎて少し不気味に見えたのが印象に残っている。

そういえば、前田幸太郎さんの「骨蜘蛛」という、本来外骨格生物である蜘蛛の骨を想像して作った作品もカッコよくて好き。

こういう、生物の骨格に美を見出すのは、透明標本も割と近いジャンルだと勝手に思っている。

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

薬品で筋肉を透明にし、骨に色をつけるには何年もかかるそうだが、CGでそれを再現できないだろうかと妄想する。透明標本の質感を再現するShaderとか作れないだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
S.H.MonsterArts GMKゴジラ(2001)届きました
書籍『天才を殺す凡人』読了
映画『破裏拳ポリマー』を観た
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
書籍『伝わる イラスト思考』読了
そのアプローチは帰納的か演繹的か
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Virtual Network Computing
「うぶんちゅ!」
ZBrushの練習 手のモデリング
かっこいい大人にはなれなかったけど
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ブログのデザイン変えました
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
AfterEffectsプラグイン開発
単純に遊びに行くのはだめなのか?
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
NICOGRAPHって有名?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
テスト
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
日米の働き方をコミカルに比較した動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
映画『パワーレンジャー』を観た (ややネタバレ)
服飾デザインツール『CLO』
構造色研究会 -Society of Structural Colors-

コメント