生物の骨格

世の中には、骨の写真集というものが存在する。
オイラはその手のものが結構好き。生き物の骨格に、独特の機能美みたいなものを見出してしまう。筋肉や色味が無くなることで、硬質でやや機械的な冷たさと静けさを感じる。

ニューヨークに1ヶ月ほど滞在した時、美術館で、花や風景と牛や鹿などの骸骨を一緒に描くジョージア・オキーフという画家の存在を知った。その時に見た絵がやたらと記憶に残っている。
それ以来、動物の骨格の資料が欲しくなり、写真集を買うようになった。

この「骨から見る生物の進化」は洋書の翻訳本。
骨から見る生物の進化

この写真集は後にサイズを縮小した普及版が発売された。


スポンサーリンク


この写真集に「キョン」という鹿の仲間の頭蓋骨が載っているのだが、これがドラゴンのようでカッコイイのだ。キョンは草食動物だが、大きな牙があり、頭蓋骨だけ見ると、とても獰猛な印象を受ける。

これをモチーフに、恐竜の要素も加味したらカッコイイんじゃないかと思ってZBrushで作ろうとしたことがある。ちょうど辰年の年賀状にしようかと思っていたが、上手くまとまらずに挫折。


スポンサーリンク

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。



この写真集には色々な生き物の骨格が載っている。オラウータンの骸骨は獣風なのに、チンパンジーの骨格は人間に似過ぎて少し不気味に見えたのが印象に残っている。

そういえば、前田幸太郎さんの「骨蜘蛛」という、本来外骨格生物である蜘蛛の骨を想像して作った作品もカッコよくて好き。

こういう、生物の骨格に美を見出すのは、透明標本も割と近いジャンルだと勝手に思っている。

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

薬品で筋肉を透明にし、骨に色をつけるには何年もかかるそうだが、CGでそれを再現できないだろうかと妄想する。透明標本の質感を再現するShaderとか作れないだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
UnityのuGUIチュートリアル
最高にカッコイイガラス細工
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
偏愛マップ
この連休でZBrushの スキルアップを…
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Adobe Photoshop CS5の新機能
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
仮面ライダーバトライド・ウォー
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrush 2018へのアップグレード
PythonでBlenderのAdd-on開発
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
CGのためのディープラーニング
AfterEffectsプラグイン開発
天体写真の3D動画
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
GMKゴジラの口接着
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
2019年10月 行動振り返り
ラクガキの立体化 モールドの追加
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
3D復元技術の情報リンク集
書籍『具体と抽象』読了
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
4K HDR『ガメラ3 邪神覚醒』
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』

コメント