生物の骨格

世の中には、骨の写真集というものが存在する。
オイラはその手のものが結構好き。生き物の骨格に、独特の機能美みたいなものを見出してしまう。筋肉や色味が無くなることで、硬質でやや機械的な冷たさと静けさを感じる。

ニューヨークに1ヶ月ほど滞在した時、美術館で、花や風景と牛や鹿などの骸骨を一緒に描くジョージア・オキーフという画家の存在を知った。その時に見た絵がやたらと記憶に残っている。
それ以来、動物の骨格の資料が欲しくなり、写真集を買うようになった。

この「骨から見る生物の進化」は洋書の翻訳本。
骨から見る生物の進化

この写真集は後にサイズを縮小した普及版が発売された。


スポンサーリンク


この写真集に「キョン」という鹿の仲間の頭蓋骨が載っているのだが、これがドラゴンのようでカッコイイのだ。キョンは草食動物だが、大きな牙があり、頭蓋骨だけ見ると、とても獰猛な印象を受ける。

これをモチーフに、恐竜の要素も加味したらカッコイイんじゃないかと思ってZBrushで作ろうとしたことがある。ちょうど辰年の年賀状にしようかと思っていたが、上手くまとまらずに挫折。


スポンサーリンク

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。



この写真集には色々な生き物の骨格が載っている。オラウータンの骸骨は獣風なのに、チンパンジーの骨格は人間に似過ぎて少し不気味に見えたのが印象に残っている。

そういえば、前田幸太郎さんの「骨蜘蛛」という、本来外骨格生物である蜘蛛の骨を想像して作った作品もカッコよくて好き。

こういう、生物の骨格に美を見出すのは、透明標本も割と近いジャンルだと勝手に思っている。

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

薬品で筋肉を透明にし、骨に色をつけるには何年もかかるそうだが、CGでそれを再現できないだろうかと妄想する。透明標本の質感を再現するShaderとか作れないだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
機動武闘伝Gガンダム
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
情報の編集
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
『さらば あぶない刑事』を観た
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
ZBrush 4R8 リリース!
プログラミングスキルとは何か?
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
書籍『グラビアアイドルの仕事論』読了
ZBrushのUV MasterでUV展開
偏愛マップ
ubuntuでサーバー作るよ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
色んな三面図があるサイト
Profilograph
Vancouver Film Schoolのデモリール
趣味でCEDECに来ている者だ
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
仮面ライダー4号
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
「うぶんちゅ!」
3Dグラフィックスの入門書
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
Oculus Goを購入!
韓国のヒーロー
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
映画『メッセージ』を観た
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Blenderでよく使うaddon
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
研究者のための英文校正業者比較サイト

コメント