生物の骨格

世の中には、骨の写真集というものが存在する。
オイラはその手のものが結構好き。生き物の骨格に、独特の機能美みたいなものを見出してしまう。筋肉や色味が無くなることで、硬質でやや機械的な冷たさと静けさを感じる。

ニューヨークに1ヶ月ほど滞在した時、美術館で、花や風景と牛や鹿などの骸骨を一緒に描くジョージア・オキーフという画家の存在を知った。その時に見た絵がやたらと記憶に残っている。
それ以来、動物の骨格の資料が欲しくなり、写真集を買うようになった。

この「骨から見る生物の進化」は洋書の翻訳本。
骨から見る生物の進化

この写真集は後にサイズを縮小した普及版が発売された。


スポンサーリンク


この写真集に「キョン」という鹿の仲間の頭蓋骨が載っているのだが、これがドラゴンのようでカッコイイのだ。キョンは草食動物だが、大きな牙があり、頭蓋骨だけ見ると、とても獰猛な印象を受ける。

これをモチーフに、恐竜の要素も加味したらカッコイイんじゃないかと思ってZBrushで作ろうとしたことがある。ちょうど辰年の年賀状にしようかと思っていたが、上手くまとまらずに挫折。


スポンサーリンク

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。



この写真集には色々な生き物の骨格が載っている。オラウータンの骸骨は獣風なのに、チンパンジーの骨格は人間に似過ぎて少し不気味に見えたのが印象に残っている。

そういえば、前田幸太郎さんの「骨蜘蛛」という、本来外骨格生物である蜘蛛の骨を想像して作った作品もカッコよくて好き。

こういう、生物の骨格に美を見出すのは、透明標本も割と近いジャンルだと勝手に思っている。

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

薬品で筋肉を透明にし、骨に色をつけるには何年もかかるそうだが、CGでそれを再現できないだろうかと妄想する。透明標本の質感を再現するShaderとか作れないだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

マインドマップ作成ツール『MindNode』
MRenderUtil::raytrace
書籍『天才を殺す凡人』読了
ミニ四駆で電子工作
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
MeshroomでPhotogrammetry
ウルトラマンパワードがBlu-Ray Box化!
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
2019年 観に行った映画振り返り
CM
なんかすごいサイト
映画『ピーターラビット』を観た
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
手軽にRAID環境が構築できる高機能ストレージケース『Drobo(ドロボ)』
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
2015年の振り返り
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
2019年10月 行動振り返り
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
甲虫の色とか
Maya API Reference
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
自作の映像作品をAmazonビデオで配信できる『Amazon Video Direct』
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Mayaのプラグイン開発
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
タマムシっぽい質感
研究者のための英文校正業者比較サイト
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
服飾デザインツール『CLO』
顔モデリングのチュートリアル
『ピクサー展』へ行ってきた
胡散臭いデザインの参考サイト

コメント