生物の骨格

世の中には、骨の写真集というものが存在する。
オイラはその手のものが結構好き。生き物の骨格に、独特の機能美みたいなものを見出してしまう。筋肉や色味が無くなることで、硬質でやや機械的な冷たさと静けさを感じる。

ニューヨークに1ヶ月ほど滞在した時、美術館で、花や風景と牛や鹿などの骸骨を一緒に描くジョージア・オキーフという画家の存在を知った。その時に見た絵がやたらと記憶に残っている。
それ以来、動物の骨格の資料が欲しくなり、写真集を買うようになった。

この「骨から見る生物の進化」は洋書の翻訳本。
骨から見る生物の進化

この写真集は後にサイズを縮小した普及版が発売された。


スポンサーリンク


この写真集に「キョン」という鹿の仲間の頭蓋骨が載っているのだが、これがドラゴンのようでカッコイイのだ。キョンは草食動物だが、大きな牙があり、頭蓋骨だけ見ると、とても獰猛な印象を受ける。

これをモチーフに、恐竜の要素も加味したらカッコイイんじゃないかと思ってZBrushで作ろうとしたことがある。ちょうど辰年の年賀状にしようかと思っていたが、上手くまとまらずに挫折。


スポンサーリンク

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。

ドラゴンの骸骨を目指そうとして挫折。



この写真集には色々な生き物の骨格が載っている。オラウータンの骸骨は獣風なのに、チンパンジーの骨格は人間に似過ぎて少し不気味に見えたのが印象に残っている。

そういえば、前田幸太郎さんの「骨蜘蛛」という、本来外骨格生物である蜘蛛の骨を想像して作った作品もカッコよくて好き。

こういう、生物の骨格に美を見出すのは、透明標本も割と近いジャンルだと勝手に思っている。

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

薬品で筋肉を透明にし、骨に色をつけるには何年もかかるそうだが、CGでそれを再現できないだろうかと妄想する。透明標本の質感を再現するShaderとか作れないだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 3Dプリント注文
操演という仕事
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
日米の働き方をコミカルに比較した動画
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
Unityで360度ステレオVR動画を作る
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
深海魚
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
マジョーラ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
2019年10月 行動振り返り
歯を食いしばって見るべき動画
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
Maya LTのQuick Rigを試す
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
副業の基本と常識
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ゴジラムービースタジオツアー
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrush 4R7
Subsurface scatteringの動画
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
UnityのuGUIチュートリアル
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む

コメント