Mayaのポリゴン分割ツールの進化

ちょっとしたジェネレーションギャップ(?)の話。CG制作ツールが日々進化してて、使う側の知識にもアップデートが必要だと痛感した出来事。

最近のMaya(バージョン2015)で、久しぶりにポリゴンモデリングしようと思ってメニューから”Split Polygon Tool”を探したら、見当たらなかったのだ。
オイラがMayaのポリゴンモデリングの操作で最初に覚えたのが、Split Polygon Toolだった。そしてExtrude Face, Marge Vertexと覚えていった。モデリング操作はほとんどこの3つのツールだけでゴリゴリ作っていた。頂点の位置を一つ一つ微調整したりと、今思えばかなり低次元な作業をしていたな。

さて、Split Polygon Toolが無いのは一体どういうことかと調べてみたら、こういうことだった。↓

【Mayaあるある】ポリゴンの分割ツールがない

Mayaのバージョンが新しくなるにつれ、「ポリゴンのスプリットツール」は「ポリゴンの分割ツール」に名前を変え、「インタラクティブ分割ツール」が登場して共存してたかと思えば、Maya2015ではモデリングツールキットの「マルチカットツール」だけ(?)に。
改良されて便利になっているとは思うので、素直にそちらを使うのがベストだとは思うのですが、やっぱり忙しいときなど使い慣れたものを使いたいということもあるあるだと思います。


スポンサーリンク

Mayaのバージョンが上がるにつれて、機能の追加・統合が行われていて、古いツールは新しいツールに吸収されているようだ。古いツールは今でもコマンドで起動することはできるみたい。

ツールの名前の変化を古い順に並べると、

Split Polygon Tool(ポリゴンの分割ツール) → Interactive Split Tool(インタラクティブ分割ツール) → Multi-Cut Tool(マルチカットツール)

ということで、現在はMulti-Cut Tool(マルチカットツール)という名前だそうです。

今のWindows OSはバージョン8.1(しかももう10が予告されている)で、Mayaのバージョンももう2015だ。オイラがMayaに触り始めたのは2005年だったから、もう10年ぐらい経つ。当時のMayaのバージョンはまだ西暦表記じゃなくて数字表記で、バージョン7だった。WindowsもまだXPの時代。MayaのUI表示もまだ日本語版が無かった。
ソフトウェアという変化の激しいジャンルで、10年経ってもまだ生き残っているツールを学生時代に習得できたのは何気にラッキーだったなぁと思う。


スポンサーリンク


学生の頃はMayaのチュートリアル本をせっせと読んでいたけど、Maya LT版が登場しているから、より一層書籍の需要は広がってるのかな。
最近はこの本がちょっと気になる。↓

Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)

MayaもOcullusプラグインが出てたり、また別次元の3DCG制作方法が生まれていきそう。

mOculus for Autodesk Maya

https://www.youtube.com/watch?v=pJs7UEyEDhU

モデリング操作ならZBrushのOcullusプラグインが出てくれた方がうれしいけど。

ちなみに、オイラが初めて触れた3DCGツールは、実はMayaじゃなくてdiscreet社のplasmaというソフトウェアだった。3ds Maxの廉価版のような位置づけのツールで、3ds Maxの指南書が割と参考になったのだ。今で言うとMayaに対してMaya LTみたいな感じか。


スポンサーリンク

関連記事

タダでRenderManを体験する方法
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
WebGL開発に関する情報が充実してきている
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
布地のシワの法則性
マインドマップ作成ツール『MindNode』
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushのお勉強
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ラクガキの立体化 モールドの追加
CreativeCOW.net
Maya LTのQuick Rigを試す
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
MRenderUtil::raytrace
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
MeshroomでPhotogrammetry
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Open Shading Language (OSL)
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
線画を遠近法で描く
3D復元技術の情報リンク集
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
書籍『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』読了
prosper
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Web配信時代のコンテンツ構成
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
プログラムによる景観の自動生成
ゴジラ(2014)のメイキング
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
無料で使える人体3DCG作成ツール

コメント