Mayaのポリゴン分割ツールの進化

ちょっとしたジェネレーションギャップ(?)の話。CG制作ツールが日々進化してて、使う側の知識にもアップデートが必要だと痛感した出来事。

最近のMaya(バージョン2015)で、久しぶりにポリゴンモデリングしようと思ってメニューから”Split Polygon Tool”を探したら、見当たらなかったのだ。
オイラがMayaのポリゴンモデリングの操作で最初に覚えたのが、Split Polygon Toolだった。そしてExtrude Face, Marge Vertexと覚えていった。モデリング操作はほとんどこの3つのツールだけでゴリゴリ作っていた。頂点の位置を一つ一つ微調整したりと、今思えばかなり低次元な作業をしていたな。

さて、Split Polygon Toolが無いのは一体どういうことかと調べてみたら、こういうことだった。↓

【Mayaあるある】ポリゴンの分割ツールがない

Mayaのバージョンが新しくなるにつれ、「ポリゴンのスプリットツール」は「ポリゴンの分割ツール」に名前を変え、「インタラクティブ分割ツール」が登場して共存してたかと思えば、Maya2015ではモデリングツールキットの「マルチカットツール」だけ(?)に。
改良されて便利になっているとは思うので、素直にそちらを使うのがベストだとは思うのですが、やっぱり忙しいときなど使い慣れたものを使いたいということもあるあるだと思います。


スポンサーリンク

Mayaのバージョンが上がるにつれて、機能の追加・統合が行われていて、古いツールは新しいツールに吸収されているようだ。古いツールは今でもコマンドで起動することはできるみたい。

ツールの名前の変化を古い順に並べると、

Split Polygon Tool(ポリゴンの分割ツール) → Interactive Split Tool(インタラクティブ分割ツール) → Multi-Cut Tool(マルチカットツール)

ということで、現在はMulti-Cut Tool(マルチカットツール)という名前だそうです。

今のWindows OSはバージョン8.1(しかももう10が予告されている)で、Mayaのバージョンももう2015だ。オイラがMayaに触り始めたのは2005年だったから、もう10年ぐらい経つ。当時のMayaのバージョンはまだ西暦表記じゃなくて数字表記で、バージョン7だった。WindowsもまだXPの時代。MayaのUI表示もまだ日本語版が無かった。
ソフトウェアという変化の激しいジャンルで、10年経ってもまだ生き残っているツールを学生時代に習得できたのは何気にラッキーだったなぁと思う。


スポンサーリンク


学生の頃はMayaのチュートリアル本をせっせと読んでいたけど、Maya LT版が登場しているから、より一層書籍の需要は広がってるのかな。
最近はこの本がちょっと気になる。↓

Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)

MayaもOcullusプラグインが出てたり、また別次元の3DCG制作方法が生まれていきそう。

mOculus for Autodesk Maya

https://www.youtube.com/watch?v=pJs7UEyEDhU

モデリング操作ならZBrushのOcullusプラグインが出てくれた方がうれしいけど。

ちなみに、オイラが初めて触れた3DCGツールは、実はMayaじゃなくてdiscreet社のplasmaというソフトウェアだった。3ds Maxの廉価版のような位置づけのツールで、3ds Maxの指南書が割と参考になったのだ。今で言うとMayaに対してMaya LTみたいな感じか。


スポンサーリンク

関連記事

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
海外ドラマのChromaKey
CGのためのディープラーニング
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
SIGGRAPH Asia
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
SFX技術のドキュメンタリー番組『ムービー・マジック』
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushのお勉強
天体写真の3D動画
Web配信時代のコンテンツ構成
iPhone5S → iPhone6S
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Unite 2014の動画
TVML (TV program Making language)
2016年の振り返り
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ラクガキの立体化 胴体の追加
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
iPhone欲しいなぁ
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
生物の骨格
Ambient Occlusionを解析的に求める
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
フォトンの放射から格納までを可視化した動画

コメント