Mayaのポリゴン分割ツールの進化

ちょっとしたジェネレーションギャップ(?)の話。CG制作ツールが日々進化してて、使う側の知識にもアップデートが必要だと痛感した出来事。

最近のMaya(バージョン2015)で、久しぶりにポリゴンモデリングしようと思ってメニューから”Split Polygon Tool”を探したら、見当たらなかったのだ。
オイラがMayaのポリゴンモデリングの操作で最初に覚えたのが、Split Polygon Toolだった。そしてExtrude Face, Marge Vertexと覚えていった。モデリング操作はほとんどこの3つのツールだけでゴリゴリ作っていた。頂点の位置を一つ一つ微調整したりと、今思えばかなり低次元な作業をしていたな。

さて、Split Polygon Toolが無いのは一体どういうことかと調べてみたら、こういうことだった。↓

【Mayaあるある】ポリゴンの分割ツールがない

Mayaのバージョンが新しくなるにつれ、「ポリゴンのスプリットツール」は「ポリゴンの分割ツール」に名前を変え、「インタラクティブ分割ツール」が登場して共存してたかと思えば、Maya2015ではモデリングツールキットの「マルチカットツール」だけ(?)に。
改良されて便利になっているとは思うので、素直にそちらを使うのがベストだとは思うのですが、やっぱり忙しいときなど使い慣れたものを使いたいということもあるあるだと思います。


スポンサーリンク

Mayaのバージョンが上がるにつれて、機能の追加・統合が行われていて、古いツールは新しいツールに吸収されているようだ。古いツールは今でもコマンドで起動することはできるみたい。

ツールの名前の変化を古い順に並べると、

Split Polygon Tool(ポリゴンの分割ツール) → Interactive Split Tool(インタラクティブ分割ツール) → Multi-Cut Tool(マルチカットツール)

ということで、現在はMulti-Cut Tool(マルチカットツール)という名前だそうです。

今のWindows OSはバージョン8.1(しかももう10が予告されている)で、Mayaのバージョンももう2015だ。オイラがMayaに触り始めたのは2005年だったから、もう10年ぐらい経つ。当時のMayaのバージョンはまだ西暦表記じゃなくて数字表記で、バージョン7だった。WindowsもまだXPの時代。MayaのUI表示もまだ日本語版が無かった。
ソフトウェアという変化の激しいジャンルで、10年経ってもまだ生き残っているツールを学生時代に習得できたのは何気にラッキーだったなぁと思う。


スポンサーリンク


学生の頃はMayaのチュートリアル本をせっせと読んでいたけど、Maya LT版が登場しているから、より一層書籍の需要は広がってるのかな。
最近はこの本がちょっと気になる。↓

Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)

MayaもOcullusプラグインが出てたり、また別次元の3DCG制作方法が生まれていきそう。

mOculus for Autodesk Maya

https://www.youtube.com/watch?v=pJs7UEyEDhU

モデリング操作ならZBrushのOcullusプラグインが出てくれた方がうれしいけど。

ちなみに、オイラが初めて触れた3DCGツールは、実はMayaじゃなくてdiscreet社のplasmaというソフトウェアだった。3ds Maxの廉価版のような位置づけのツールで、3ds Maxの指南書が割と参考になったのだ。今で言うとMayaに対してMaya LTみたいな感じか。


スポンサーリンク

関連記事

情報の編集
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
仮面ライダーバトライド・ウォー
海外ドラマのChromaKey
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
タダでRenderManを体験する方法
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
日本でMakersは普及するだろうか?
Unityで360度ステレオVR動画を作る
自前のShaderがおかしい件
ZBrushで基本となるブラシ
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ファンの力
ZBrushのUV MasterでUV展開
iPhone欲しいなぁ
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ラクガキの立体化
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
Photogrammetry (写真測量法)
CreativeCOW.net
企画とエンジニア 時間感覚の違い
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
マイケル・ベイの動画の感覚
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
MFnDataとMFnAttribute
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
HD画質の無駄遣い
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
操演という仕事
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZScript

コメント