3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』

MPL 2.0(Mozilla Public License Version 2.0)下で、BSD licenseとGPL(GNU General Public License)とのハイブリッドライセンスで商用利用可能ということだろうか。

OpenVDB

OpenVDB

OpenVDBは、3Dグリッドに離散化されたSparse Volumeデータを効率的に保存・操作するための新しい階層的データ構造と豊富なツール群からなるオープンソースのC++ライブラリです。
OpenVDBは、 長編映画の制作で一般的に必要となるボリュームアプリケーションに使用するためにDreamWorks Animationが開発しました。現在はAcademy Software Foundation(ASWF)によってメンテナンスされています。

こちらによると、VDBという名前の由来はVolumetric, Dynamic grid that shares several characteristics with B+treesだそうです。

ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/dreamworksanimation/openvdb


スポンサーリンク


ライブラリ・ツールというより、現在はHoudini等のツール間でやりとりできる共通のデータフォーマットとしての側面が強そう。


スポンサーリンク
OpenVDB: An Open Source Data Structure and Toolkit for High-Resolution Volumes

Build OpenVDB C++ Library on CentOS 7

Unity用にプラグイン化した方もいる↓
https://github.com/karasusan/OpenVDBForUnity

OpenVDBForUnity

こちらはこういう経緯だったんですね↓
https://qiita.com/karasusan/items/ce8891f5c4b63d7d06ba


スポンサーリンク

関連記事

ZScript
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Mean Stack開発の最初の一歩
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Verilog HDL
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ファンの力
ZBrushのUV MasterでUV展開
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVで動画の手振れ補正
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
HD画質の無駄遣い
タダでRenderManを体験する方法
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Unreal Engineの薄い本
SIGGRAPH ASIAのマスコット
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Subsurface scatteringの動画
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
3DCGのモデルを立体化するサービス
AfterEffectsプラグイン開発
天体写真の3D動画
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
pythonもかじってみようかと
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
NICOGRAPHって有名?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
UnityでLight Shaftを表現する
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法

コメント