CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー

プログラムでポリゴンジオメトリを何かしら操作するなら、C++で利用できる計算幾何学ライブラリCGALが有名ですね。色々なアルゴリズムが実装されていて便利。

Unity C#環境で使える似たようなライブラリが無いかと探してみたら、そのものズバリC++のCGALをC#でラップしたCGALDotNetというライブラリがUnityのフォーラムで紹介されていた。

CGALDotNet



CGALはcomputational geometric algorithm library(計算幾何学アルゴリズムライブラリ)の略で、三角形化、ボロノイダイアグラム、ポリゴンと多面体のブール演算、ポイントセット処理、曲線の配置、サーフェスとボリュームメッシュの生成、ジオメトリ処理、アルファシェイプ、凸包アルゴリズム、形状の再構築など、様々なアルゴリズムを提供します。

計算幾何学アルゴリズムには、(浮動小数点などの)計算精度の問題に影響されて無効な結果を生成してしまうものも多くあります。CGALでは、計算精度を損なうことなく任意の数値を扱える正確な数値表現を提供することでこの問題を解決しています。この正確な数値表現は高度に最適化されていますが、パフォーマンスにはトレードオフがあります。正確な結果よりも処理速度が必要な場合、CGALは倍精度を使用した不正確な数値表現も提供しています。

CGALDotNetはC++で書かれたライブラリCGALのC#ラッパーであり、CGALへの手軽なアクセスを提供しますが、いくつか制限があります。CGALDotNetは、ポイント、ベクトル、ボックス、円など、CGALにデータを渡すための様々な幾何学的構造体を提供しています。これらのC#構造体は倍精度に制限されているため、CGALとのデータ受け渡しの際に精度が損なわれる可能性があります。

以下は正確な数値表現でポリゴンを作成する例です。

//create some points.
var points = new Point2d[count];

//create a polygon using the exact predicates exact construction kernel.
var polygon = new Polygon2<EEK>();

//set the polygons points.
polygon.SetPoints(points);

以下は不正確な数値表現でポリゴンを作成する例です。


スポンサーリンク
//create some points.
var points = new Point2d[count];

//create a polygon using the exact predicates inexact construction kernel.
var polygon = new Polygon2<EIK>();

//set the polygons points.
polygon.SetPoints(points);

この正確な計算(exact computation)のパラダイムについては、CGALのページのを参照してください。

※コード中の”<“と”>”で囲まれた表記がコード埋め込みでは表示されなかったので、”<“と”>”を全角表記に変えてあります。

CGALDotNetはまだ開発途上で、現在は64ビットのWindows向けバイナリしか提供されていないらしい。
ジオメトリオブジェクトのCGALDotNetGeometryなど、関連するリソースがいくつか別リポジトリで管理されているようだ。


スポンサーリンク


別プロジェクトのCGALDotNetUnityにUnityで利用する場合のサンプルがあり、Unityのデータ形式とCGALDotNetのデータ形式を相互に変換するための拡張メソッドが提供されている↓

Unity Extensions

CGALDotNetは他のプロジェクトから独立するように設計されていますが、C#で記述されているのでそのままUnityと併用できます。

CGALDotNetUnityプロジェクトには、UnityのオブジェクトとCGALDotNetのオブジェクト間の変換を支援する拡張メソッドが用意されています。

以下に例を示します。

//These extension methods need the numeric namespace.
using CGALDotNetGeometry.Numerics;

//Create a CGALDotNet point.
var point1 = new Point3d();

//Convert it to a unity vector.
var vector = point1.ToUnityVector3();

//And back to a CGALDotNet point.
var point2 = point1.ToCGALPoint3();

ポイントやベクトルの配列、レイやボックスなどの形状にも似たメソッドが用意されています。
ポリゴンをGameObjectに変換するメソッドもあります。

//These extension methods need the polygon namespace.
using CGALDotNetGeometry.Polygons;

//Create a polygon.
var polygon = new Polygon2(points);

//Convert polygon to a game object with a triangulated mesh of the polygon.
//Polygon points are 2D and will be converted to 3D for the mesh.
var mesh = polygon.ToUnityMesh("polygon", position, material);

ちょっと触ってみたところ、CGAL側で作成したポリゴンをUnityのGameObjectとして表示するのは楽だけど、UnityのGameObjectからCGALへポリゴンを持って行く方法はあまり整備されてないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
UnityのTransformクラスについて調べてみた
UnityでOpenCVを使うには?
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Maya LTのQuick Rigを試す
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
ZBrushで基本となるブラシ
マルコフ連鎖モンテカルロ法
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ZBrushの作業環境を見直す
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
clearcoat Shader
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Blenderでよく使うaddon
CreativeCOW.net
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
BlenderのRigifyでリギング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ゴジラ三昧
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ブログが1日ダウンしてました
OpenMayaのPhongShaderクラス
デザインのリファイン再び
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
3D復元技術の情報リンク集
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
Unityで360度ステレオVR動画を作る
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
立体視を試してみた
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
色んな三面図があるサイト

コメント