OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発

プロとして画像処理というものに一応関わっているので、Photoshopのプラグインの作り方を知っておこうかと思う。

こちらの本はOpenCVの解説と、Photoshopプラグインの作り方が載っているのである↓

OpenCV 2 プログラミングブック OpenCV 2.2/2.3対応

この本の解説に従ってSDKに付属のサンプルコードビルドしてみた。本ではフィルタープラグインのDissolveのコードが例に載ってるので、それを試す。SDKを解凍したディレクトリのpluginsdk/samplecode/filter/dissolve以下に入っている。


スポンサーリンク


さて、ビルドしようとしたらエラーが出てしまった。マクロの定義の問題で、標準ライブラリですでに定義されているマクロを再定義しようとしている、とエラー。
対処方法はここに載ってた。
sdk側のヘッダファイルPITypes.hの以下の記述をコメントアウト。


スポンサーリンク
#ifndef TRUE
#define TRUE 1
#endif
 
#ifndef FALSE
#define FALSE 0
#endif
 
#ifndef true
#define true       TRUE
#endif
 
#ifndef false
#define false      FALSE
#endif

無事ビルドできた。
やってみて気付いたけど、この本の初版だと264ページに載ってる「Dissolveの実行結果」って画像、Dissolveじゃなくて階調反転になってるぞ。第2版以降では直ってるのかな。

After Effectsプラグインの作り方も調べてみようかな。


スポンサーリンク

関連記事

機械学習について最近知った情報
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ブログのデザイン変えました
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Open Shading Language (OSL)
自前のShaderがおかしい件
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Google App EngineでWordPress
プログラムによる景観の自動生成
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
CGのためのディープラーニング
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Google Chromecast
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
定数
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
プログラミングスキルとは何か?
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
UnityでPoint Cloudを表示する方法
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Adobe Photoshop CS5の新機能
まだ続くブログの不調
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする

コメント