OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発

プロとして画像処理というものに一応関わっているので、Photoshopのプラグインの作り方を知っておこうかと思う。

こちらの本はOpenCVの解説と、Photoshopプラグインの作り方が載っているのである↓

OpenCV 2 プログラミングブック OpenCV 2.2/2.3対応

この本の解説に従ってSDKに付属のサンプルコードビルドしてみた。本ではフィルタープラグインのDissolveのコードが例に載ってるので、それを試す。SDKを解凍したディレクトリのpluginsdk/samplecode/filter/dissolve以下に入っている。


スポンサーリンク


さて、ビルドしようとしたらエラーが出てしまった。マクロの定義の問題で、標準ライブラリですでに定義されているマクロを再定義しようとしている、とエラー。
対処方法はここに載ってた。
sdk側のヘッダファイルPITypes.hの以下の記述をコメントアウト。


スポンサーリンク
#ifndef TRUE
#define TRUE 1
#endif
 
#ifndef FALSE
#define FALSE 0
#endif
 
#ifndef true
#define true       TRUE
#endif
 
#ifndef false
#define false      FALSE
#endif

無事ビルドできた。
やってみて気付いたけど、この本の初版だと264ページに載ってる「Dissolveの実行結果」って画像、Dissolveじゃなくて階調反転になってるぞ。第2版以降では直ってるのかな。

After Effectsプラグインの作り方も調べてみようかな。


スポンサーリンク

関連記事

SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
PCA (主成分分析)
仮想関数
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Pix2Pix:CGANによる画像変換
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
UnityのAR FoundationでARKit 3
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
機械学習について最近知った情報
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
MFnMeshクラスのsplit関数
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
UnityでARKit2.0
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
GoogleのDeep Learning論文
スクレイピング
ブログの復旧が難航してた話
MRenderUtil::raytrace
ポイントクラウドコンソーシアム
Paul Debevec
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
コンピュータビジョンの技術マップ
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
adskShaderSDK
統計的な顔モデル
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ZBrushのZScript入門
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』

コメント