OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発

プロとして画像処理というものに一応関わっているので、Photoshopのプラグインの作り方を知っておこうかと思う。

こちらの本はOpenCVの解説と、Photoshopプラグインの作り方が載っているのである↓

OpenCV 2 プログラミングブック OpenCV 2.2/2.3対応

この本の解説に従ってSDKに付属のサンプルコードビルドしてみた。本ではフィルタープラグインのDissolveのコードが例に載ってるので、それを試す。SDKを解凍したディレクトリのpluginsdk/samplecode/filter/dissolve以下に入っている。


スポンサーリンク


さて、ビルドしようとしたらエラーが出てしまった。マクロの定義の問題で、標準ライブラリですでに定義されているマクロを再定義しようとしている、とエラー。
対処方法はここに載ってた。
sdk側のヘッダファイルPITypes.hの以下の記述をコメントアウト。


スポンサーリンク
#ifndef TRUE
#define TRUE 1
#endif
 
#ifndef FALSE
#define FALSE 0
#endif
 
#ifndef true
#define true       TRUE
#endif
 
#ifndef false
#define false      FALSE
#endif

無事ビルドできた。
やってみて気付いたけど、この本の初版だと264ページに載ってる「Dissolveの実行結果」って画像、Dissolveじゃなくて階調反転になってるぞ。第2版以降では直ってるのかな。

After Effectsプラグインの作り方も調べてみようかな。


スポンサーリンク

関連記事

クラスの基本
ZBrushのZScript入門
MFnMeshクラスのsplit関数
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Unityで学ぶC#
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ROSの薄い本
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenCV
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
WordPress on Windows Azure
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
コンピュータビジョンの技術マップ
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
WinSCP
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
2018年に購入したiPad Proのその後
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Pix2Pix:CGANによる画像変換
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
オープンソースの取引プラットフォーム
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
デザインのリファイン再び
HerokuでMEAN stack
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
なんかすごいサイト
PythonでBlenderのAdd-on開発
ニューラルネットワークで画像分類

コメント