OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発

プロとして画像処理というものに一応関わっているので、Photoshopのプラグインの作り方を知っておこうかと思う。

こちらの本はOpenCVの解説と、Photoshopプラグインの作り方が載っているのである↓

OpenCV 2 プログラミングブック OpenCV 2.2/2.3対応

この本の解説に従ってSDKに付属のサンプルコードビルドしてみた。本ではフィルタープラグインのDissolveのコードが例に載ってるので、それを試す。SDKを解凍したディレクトリのpluginsdk/samplecode/filter/dissolve以下に入っている。


スポンサーリンク


さて、ビルドしようとしたらエラーが出てしまった。マクロの定義の問題で、標準ライブラリですでに定義されているマクロを再定義しようとしている、とエラー。
対処方法はここに載ってた。
sdk側のヘッダファイルPITypes.hの以下の記述をコメントアウト。


スポンサーリンク
#ifndef TRUE
#define TRUE 1
#endif
 
#ifndef FALSE
#define FALSE 0
#endif
 
#ifndef true
#define true       TRUE
#endif
 
#ifndef false
#define false      FALSE
#endif

無事ビルドできた。
やってみて気付いたけど、この本の初版だと264ページに載ってる「Dissolveの実行結果」って画像、Dissolveじゃなくて階調反転になってるぞ。第2版以降では直ってるのかな。

After Effectsプラグインの作り方も調べてみようかな。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Open Shading Language (OSL)
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Unityからkonashiをコントロールする
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
続・ディープラーニングの資料
Model View Controller
OpenMayaRender
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
ポイントクラウドコンソーシアム
このブログのデザインに飽きてきた
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Konashiを買った
Adobe Photoshop CS5の新機能
pythonもかじってみようかと
紅葉 その3
サンプルコードにも間違いはある?
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Adobe MAX 2015
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCV
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
HerokuでMEAN stack
ニューラルネットワークで画像分類
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』

コメント