ブログが1日ダウンしてました

6月28日の夜~6月29日の夜まで当ブログが表示されなくなってました。
28日の20:30頃、久しぶりにJetpackからダウン通知メールが来て、アクセスしてみたら確かにページ表示が重くてサーバのエラーページが表示されていた。その状態のスナップショットを撮ってAMIを作って、別のインスタンスで動かしてみたら画面が真っ白なままになってしまった。

1日経って冷静になってから、wp-config.phpの
define(‘WP_DEBUG’, true);
を有効にしてエラーメッセージを表示して見てみた。
どうやらWordpressのキャッシュプラグインZenCacheが正常に動作しなくなっていた様子。
2日前に報告された不具合と同じエラーメッセージが出ていたけど、不具合が報告されているPHPのバージョンは5.3.20で、オイラの環境は5.4.41何だよなぁ。↓


スポンサーリンク

Fatal Error or Blank Page with v150626

PHP Fatal error: Base lambda function for closure not found #511

とりあえずZenCacheを無効にしたらブログは表示できるようになったけど、いつまた動かなくなるかわからんのでちょいちょい不安ですね。(久しぶりにAWSにSSHで接続して操作したぜ)


スポンサーリンク


UpdraftPlusでブログのバックアップを取って、またインスタンスを新しいのに移行しようかな。

ちょっと調べたら、網元AMIの新しいのが利用可能になっているみたい。↓

網元HHVMの提供開始

チューニング済みの WordPress 環境が簡単に手に入る網元AMIシリーズに hhvm が設定済みのAMIが追加されました。
WordPress powered by AMIMOTO (HHVM)
こちらのAMIは 14日間の free trial 期間がありますので、気になる方は気軽にお試しください。
AWSでは、アカウント開設後1年間はEC2の t1.micro, t2.micro の利用料が無料になりますので、新規アカウントで作成すれば14日間は無料で利用して試すことができます。

今よりちょっとパフォーマンスが向上しそうだ。
ということで、移行作業に伴って近日中にまたブログがアクセスしにくくなるかもです。


スポンサーリンク

関連記事

C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
仮想関数
OpenGVのライブラリ構成
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
UnityでLight Shaftを表現する
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
サンプルコードにも間違いはある?
html5のcanvasの可能性
Konashiを買った
Model View Controller
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Google App EngineでWordPress
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
ブログのデザイン変えました
AWSでシステムトレード
プログラミングスキルとは何か
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
プログラムによる景観の自動生成
Unityで学ぶC#
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』

コメント