ブログが1日ダウンしてました

6月28日の夜~6月29日の夜まで当ブログが表示されなくなってました。
28日の20:30頃、久しぶりにJetpackからダウン通知メールが来て、アクセスしてみたら確かにページ表示が重くてサーバのエラーページが表示されていた。その状態のスナップショットを撮ってAMIを作って、別のインスタンスで動かしてみたら画面が真っ白なままになってしまった。

1日経って冷静になってから、wp-config.phpの
define(‘WP_DEBUG’, true);
を有効にしてエラーメッセージを表示して見てみた。
どうやらWordpressのキャッシュプラグインZenCacheが正常に動作しなくなっていた様子。
2日前に報告された不具合と同じエラーメッセージが出ていたけど、不具合が報告されているPHPのバージョンは5.3.20で、オイラの環境は5.4.41何だよなぁ。↓


スポンサーリンク

Fatal Error or Blank Page with v150626

PHP Fatal error: Base lambda function for closure not found #511

とりあえずZenCacheを無効にしたらブログは表示できるようになったけど、いつまた動かなくなるかわからんのでちょいちょい不安ですね。(久しぶりにAWSにSSHで接続して操作したぜ)


スポンサーリンク


UpdraftPlusでブログのバックアップを取って、またインスタンスを新しいのに移行しようかな。

ちょっと調べたら、網元AMIの新しいのが利用可能になっているみたい。↓

網元HHVMの提供開始

チューニング済みの WordPress 環境が簡単に手に入る網元AMIシリーズに hhvm が設定済みのAMIが追加されました。
WordPress powered by AMIMOTO (HHVM)
こちらのAMIは 14日間の free trial 期間がありますので、気になる方は気軽にお試しください。
AWSでは、アカウント開設後1年間はEC2の t1.micro, t2.micro の利用料が無料になりますので、新規アカウントで作成すれば14日間は無料で利用して試すことができます。

今よりちょっとパフォーマンスが向上しそうだ。
ということで、移行作業に伴って近日中にまたブログがアクセスしにくくなるかもです。


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry PiでIoTごっこ
オープンソースの取引プラットフォーム
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
HD画質の無駄遣い
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
C++の抽象クラス
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
スクレイピング
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ブログをAWSからwpXへ移行
C++始めようと思うんだ
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
サンプルコードにも間違いはある?
タマムシっぽい質感
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCVで動画の手ぶれ補正
Boost オープンソースライブラリ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入

コメント