Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方

だいぶサボってたけど、Raspberry Pi 2でセンサーを扱うPythonプログラミングを再開した。
この前Lチカを試した時、RPi.GPIOはピン番号でしか入出力のピン指定できないのかと誤解してたけど、ちゃんとナンバリング設定の方法があるようだ。↓

RPi.GPIOの基本的な使い方

RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定するための方法が2つ用意されています。
1つは
GPIO.setmode(GPIO.BOARD)
とする方法で、もう1つは
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
とする方法です。

ということで、RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定する方法が2種類用意されていて、ちゃんと選べるのね。


スポンサーリンク


プルアップ抵抗とかプルダウン抵抗とか、まだよくわからん。。。この辺りはセンサーを繋いで動かしながら学んでいくか。↓


スポンサーリンク

RPi.GPIO.setupメソッドについてもう少し

センサーの情報は、できれば記録しておいて時系列でグラフ化したりしてみたいんだけど、データベースとか大事にならずにcsvか何かに出力してどうにか手軽にできないだろうか。やっぱりサーバサイドの開発知識が不十分だなぁ。。
ラズパイでセンサーのデータを継続的に記録する(ソフトウェア編)
Raspberry PiのPythonからTMP36のアナログ温度センサとMCP3008のADコンバータを使う

ところで、Raspberry Piのターミナル上で日本語が文字化けしてしまうので、jfbtermというのをインストールしてみた。


スポンサーリンク

関連記事

PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
UnityでLight Shaftを表現する
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Unityからkonashiをコントロールする
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenGVの用語
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
OANDAのfxTrade API
リニアアクチュエータ
AfterEffectsプラグイン開発
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
機械学習で遊ぶ
HD画質の無駄遣い
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Google App Engineのデプロイ失敗
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
続・ディープラーニングの資料
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す

コメント