Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方

だいぶサボってたけど、Raspberry Pi 2でセンサーを扱うPythonプログラミングを再開した。
この前Lチカを試した時、RPi.GPIOはピン番号でしか入出力のピン指定できないのかと誤解してたけど、ちゃんとナンバリング設定の方法があるようだ。↓

RPi.GPIOの基本的な使い方

RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定するための方法が2つ用意されています。
1つは
GPIO.setmode(GPIO.BOARD)
とする方法で、もう1つは
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
とする方法です。

ということで、RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定する方法が2種類用意されていて、ちゃんと選べるのね。


スポンサーリンク


プルアップ抵抗とかプルダウン抵抗とか、まだよくわからん。。。この辺りはセンサーを繋いで動かしながら学んでいくか。↓


スポンサーリンク

RPi.GPIO.setupメソッドについてもう少し

センサーの情報は、できれば記録しておいて時系列でグラフ化したりしてみたいんだけど、データベースとか大事にならずにcsvか何かに出力してどうにか手軽にできないだろうか。やっぱりサーバサイドの開発知識が不十分だなぁ。。
ラズパイでセンサーのデータを継続的に記録する(ソフトウェア編)
Raspberry PiのPythonからTMP36のアナログ温度センサとMCP3008のADコンバータを使う

ところで、Raspberry Piのターミナル上で日本語が文字化けしてしまうので、jfbtermというのをインストールしてみた。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Unityからkonashiをコントロールする
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
adskShaderSDK
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
モータードライバ
ブログの復旧が難航してた話
Python2とPython3
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
光学式マウスのセンサーを応用すると…
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
機械学習で遊ぶ
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
Mayaのプラグイン開発
C++始めようと思うんだ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
C++の抽象クラス
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Google App EngineでWordPress
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
UnityでLight Shaftを表現する

コメント