Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方

だいぶサボってたけど、Raspberry Pi 2でセンサーを扱うPythonプログラミングを再開した。
この前Lチカを試した時、RPi.GPIOはピン番号でしか入出力のピン指定できないのかと誤解してたけど、ちゃんとナンバリング設定の方法があるようだ。↓

RPi.GPIOの基本的な使い方

RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定するための方法が2つ用意されています。
1つは
GPIO.setmode(GPIO.BOARD)
とする方法で、もう1つは
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
とする方法です。

ということで、RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定する方法が2種類用意されていて、ちゃんと選べるのね。


スポンサーリンク


プルアップ抵抗とかプルダウン抵抗とか、まだよくわからん。。。この辺りはセンサーを繋いで動かしながら学んでいくか。↓


スポンサーリンク

RPi.GPIO.setupメソッドについてもう少し

センサーの情報は、できれば記録しておいて時系列でグラフ化したりしてみたいんだけど、データベースとか大事にならずにcsvか何かに出力してどうにか手軽にできないだろうか。やっぱりサーバサイドの開発知識が不十分だなぁ。。
ラズパイでセンサーのデータを継続的に記録する(ソフトウェア編)
Raspberry PiのPythonからTMP36のアナログ温度センサとMCP3008のADコンバータを使う

ところで、Raspberry Piのターミナル上で日本語が文字化けしてしまうので、jfbtermというのをインストールしてみた。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Python2とPython3
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
OpenCV
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
UnityでOpenCVを使うには?
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
3Dグラフィックスの入門書
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Raspberry Pi
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ROSの薄い本
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Raspberry Piでカーナビを自作できるキット『iCarus』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Verilog HDL
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
adskShaderSDK
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Google App Engineのデプロイ失敗
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
機械学習手法『Random Forest』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Google App EngineでWordPress
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Amazon Web ServicesでWordPress
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Unreal Engineの薄い本

コメント