Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方

だいぶサボってたけど、Raspberry Pi 2でセンサーを扱うPythonプログラミングを再開した。
この前Lチカを試した時、RPi.GPIOはピン番号でしか入出力のピン指定できないのかと誤解してたけど、ちゃんとナンバリング設定の方法があるようだ。↓

RPi.GPIOの基本的な使い方

RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定するための方法が2つ用意されています。
1つは
GPIO.setmode(GPIO.BOARD)
とする方法で、もう1つは
GPIO.setmode(GPIO.BCM)
とする方法です。

ということで、RPi.GPIOではRaspberry PiのGPIOの各ピンを指定する方法が2種類用意されていて、ちゃんと選べるのね。


スポンサーリンク


プルアップ抵抗とかプルダウン抵抗とか、まだよくわからん。。。この辺りはセンサーを繋いで動かしながら学んでいくか。↓


スポンサーリンク

RPi.GPIO.setupメソッドについてもう少し

センサーの情報は、できれば記録しておいて時系列でグラフ化したりしてみたいんだけど、データベースとか大事にならずにcsvか何かに出力してどうにか手軽にできないだろうか。やっぱりサーバサイドの開発知識が不十分だなぁ。。
ラズパイでセンサーのデータを継続的に記録する(ソフトウェア編)
Raspberry PiのPythonからTMP36のアナログ温度センサとMCP3008のADコンバータを使う

ところで、Raspberry Piのターミナル上で日本語が文字化けしてしまうので、jfbtermというのをインストールしてみた。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
pythonもかじってみようかと
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
サンプルコードにも間違いはある?
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Blender 2.8がついに正式リリース!
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
クラスの基本
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Raspberry Piでカーナビを自作できるキット『iCarus』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
モータードライバ
Quartus II
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ニューラルネットワークで画像分類
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
UnityからROSを利用できる『ROS#』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
WinSCP
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
プログラミングスキルについて考える
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』

コメント