書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入

発売前から結構気になっていたので「OpenCV 3 プログラミングブック」を購入した。



本書の解説で使用しているサンプルコードは書籍のサポートサイトからダウンロードできる。


スポンサーリンク


本書の構成は、OpenCVの入門書と言うよりも、画像認識技術を用いたAR・VR・インタラクティブアプリケーションの開発を始めたい人に最適な感じ。理論よりは実践の割合が多いのでとっつきやすい。

OpenCV開発環境の導入・デバッグ方法の基本的な説明から始まり、3次元幾何の概要説明、OpenCVとOpenGLによるAR合成の実装、今流行のディープラーニングフレームワークCaffeをOpenCVから利用する方法、プロジェクションマッピング、Oculus Riftで表示するための画像加工、KinectV2、そしてOpenCL連携(バージョン3の新機能UMat)についてと、時代のニーズに合わせた情報をコンパクトにまとめている。

実際にそういうアプリを作ってみたいけど、まだ経験の無い人には特に有難い書籍だと思う。逆に言うと、ある意味偏った内容なので、純粋に画像認識技術に入門したい人にはちょっと焦点がわからない構成かもしれない。詳しい理論体系は別で学びましょう。

オイラはというと、一番の目当ては5,6章の3次元幾何とかカメラ画像との合成まわり。カメラ位置・姿勢推定について、数式だけじゃなくてソースコードで追えるのがとても有難いのです。(数式読むの苦手なので…)

OpenCV 2の時に出ていた書籍と内容はほとんどかぶっていないので、両方持っていると良いかも。



画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
2D画像からの3D情報復元について調べていたらこんなオープンソースライブラリを見つけた。↓ The OpenGV library OpenGVライブラリは、キャリブレーション済みカメラの姿勢計算に必要となる幾何学アルゴリズムを効率的...

複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
最近、この手の2D→3D復元系のライブラリを色々と調べている。何となく、自分で3D復元ツールを作ってみたくてね。この間のOpenGVは複数画像からカメラ(視点)の3次元位置・姿勢を推定するライブラリだった。↓こっちのopenMVG...

Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
3DCGをガッツリ学んでたもんで、「2次元の画像処理よりも3次元のCGの方が抽象度が高くて美しい」という感覚があって、コンピュータビジョンに対して「お前らとは次元が違うんだよ」とか思ってたんだけど、最近のコンピュータビジョンは結構3次元なの...

https://blog.negativemind.com/2014/08/28/opencv%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BCar%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%80%8Eopenar%E3%80%8F/
https://blog.negativemind.com/2015/12/23/aruco/


スポンサーリンク

関連記事

CGのためのディープラーニング
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
MeshroomでPhotogrammetry
深海魚
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
ディズニー映画『ズートピア』を観た
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
konashiのサンプルコードを動かしてみた
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
ブログが1日ダウンしてました
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
MRenderUtil::raytrace
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
自前のShaderがおかしい件
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
動的なメモリの扱い
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
東京オリンピックと案内表示
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
3D復元技術の情報リンク集
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
映画『この世界の片隅に』を観た
仮面ライダー4号
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た

コメント