ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ

最近、ARToolKit以外にもっとコンパクトなARライブラリがないか調べてる。
ARアプリを作りたいわけじゃなくて、アプリケーション開発の部品として、単眼カメラによるマーカー認識で3次元座標を取得する機能が欲しいだけなので、あんまりゴテゴテとデカくても困る。カメラの3次元位置を手軽に計測する手段として考えているのです。

そこで見つけたのがOpenCVベースのArUco。(なんて読むんだ?)
BSDライセンスだそうです。

ArUco


スポンサーリンク

ArUcoの主な特徴:

  • たった1行のC++コードでマーカー検出が可能。
  • ArUcoボード(複数のマーカーで構成されたマーカー)の検出。
  • 依存ライブラリはOpenCVのみ。(バージョン2.4.9以上)
  • 1024個以上の異なる標準のマーカー辞書に加え、さらに多くのHRMマーカーに対応。
  • 手軽にOpenGLとOGREを統合可能。
  • OpenCVによる高速処理と信頼性、クロスプラットフォーム対応。
  • 5分足らずでARアプリを実装できるほど充実したサンプル。
  • BSDライセンス。
  • Python版Javaベータ版が利用可能。

ソースコードをダウンロードしてビルドしてみた感じだと、OpenCV バージョン3でもちゃんと動きそうな感じ。


スポンサーリンク


以前、凹みTipsで詳しく解説されていたので今さらではあるんですけどね。
http://tips.hecomi.com/entry/2015/06/17/234142
http://tips.hecomi.com/entry/2015/09/16/014119

つい最近OpenCVのバージョン3.1がリリースされたけど、リポジトリのopencv_contribに含まれているarucoってこれと同じものなのかな?
https://github.com/Itseez/opencv_contrib/tree/master/modules/aruco

追記:OpenCVのcontribモジュールに含まれているArUcoの使い方についてはdandelionさんがまとめている↓
https://github.com/atinfinity/lab/wiki/ArUco
https://github.com/atinfinity/lab/wiki/aruco%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E7%94%9F%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B
https://github.com/atinfinity/lab/wiki/aruco%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E6%A4%9C%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B

Arucoマーカーだけじゃなくて、チェスボードや、両者を組み合わせたChArUcoマーカーも検出できる。
http://qiita.com/nonbiri15/items/b893cb614d7dd6c8c86a

OpenCV3.2のcontribに含まれているArUcoのチュートリアル↓
http://docs.opencv.org/3.2.0/d9/d6d/tutorial_table_of_content_aruco.html


スポンサーリンク

関連記事

Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Multi-View Environment:複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
まだ続くブログの不調
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ZScript
Google Chromecast
3D復元技術の情報リンク集
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
統計的な顔モデル
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
今年もSSII
書籍『ROSプログラミング』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
参考書
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Raspberry Pi 2を買いました
タマムシっぽい質感
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Open Shading Language (OSL)
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
ブログが1日ダウンしてました
プログラムによる景観の自動生成
手を動かしながら学ぶデータマイニング
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ベイズ推定とグラフィカルモデル
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
OpenMayaのPhongShaderクラス

コメント