ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ

最近、ARToolKit以外にもっとコンパクトなARライブラリがないか調べてる。
ARアプリを作りたいわけじゃなくて、アプリケーション開発の部品として、単眼カメラによるマーカー認識で3次元座標を取得する機能が欲しいだけなので、あんまりゴテゴテとデカくても困る。カメラの3次元位置を手軽に計測する手段として考えているのです。

そこで見つけたのがOpenCVベースのArUco。(なんて読むんだ?)
BSDライセンスだそうです。

ArUco


スポンサーリンク

ArUcoの主な特徴:

  • たった1行のC++コードでマーカー検出が可能。
  • ArUcoボード(複数のマーカーで構成されたマーカー)の検出。
  • 依存ライブラリはOpenCVのみ。(バージョン2.4.9以上)
  • 1024個以上の異なる標準のマーカー辞書に加え、さらに多くのHRMマーカーに対応。
  • 手軽にOpenGLとOGREを統合可能。
  • OpenCVによる高速処理と信頼性、クロスプラットフォーム対応。
  • 5分足らずでARアプリを実装できるほど充実したサンプル。
  • BSDライセンス。
  • Python版Javaベータ版が利用可能。

ソースコードをダウンロードしてビルドしてみた感じだと、OpenCV バージョン3でもちゃんと動きそうな感じ。


スポンサーリンク


以前、凹みTipsで詳しく解説されていたので今さらではあるんですけどね。
http://tips.hecomi.com/entry/2015/06/17/234142
http://tips.hecomi.com/entry/2015/09/16/014119

つい最近OpenCVのバージョン3.1がリリースされたけど、リポジトリのopencv_contribに含まれているarucoってこれと同じものなのかな?
https://github.com/Itseez/opencv_contrib/tree/master/modules/aruco

追記:OpenCVのcontribモジュールに含まれているArUcoの使い方についてはdandelionさんがまとめている↓
https://github.com/atinfinity/lab/wiki/ArUco
https://github.com/atinfinity/lab/wiki/aruco%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E7%94%9F%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B
https://github.com/atinfinity/lab/wiki/aruco%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E6%A4%9C%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B

Arucoマーカーだけじゃなくて、チェスボードや、両者を組み合わせたChArUcoマーカーも検出できる。
http://qiita.com/nonbiri15/items/b893cb614d7dd6c8c86a

OpenCV3.2のcontribに含まれているArUcoのチュートリアル↓
http://docs.opencv.org/3.2.0/d9/d6d/tutorial_table_of_content_aruco.html


スポンサーリンク

関連記事

オーバーロードとオーバーライド
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
UnityでPoint Cloudを表示する方法
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Mayaのプラグイン開発
Unityの薄い本
機械学習手法『Random Forest』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrushのZScript入門
Maya API Reference
Pix2Pix:CGANによる画像変換
オープンソースの取引プラットフォーム
Unreal Engineの薄い本
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
仮想関数
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Active Appearance Models(AAM)
Konashiを買った
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
OpenMayaのPhongShaderクラス
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ポイントクラウドコンソーシアム
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

コメント