Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された

Google製のオープンソース機械学習ライブラリTensorFlowのWindows版が公開された。
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1032486.html
https://developers.googleblog.com/2016/11/tensorflow-0-12-adds-support-for-windows.html

Windows版TensorFlowはPythonのパッケージ管理システムPyPIのパッケージとして配布されているらしい。GPUアクセラレーションとしてCUDA 8.0cuDNN 5.1サポートとのこと。

これまで、TensorFlowはUbuntuとMacにしか対応してなかったから、Windows上で動かすにはあの手この手が必要だったんですよね。オイラはDocker使って試してたりしてた。


スポンサーリンク


以前購入した書籍「イラストで学ぶ ディープラーニング」にTensorFlowのチュートリアルが載っていたけど、気づけばTensorFlowの日本語解説書籍って今は結構出てるのな。
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Pylearn2, Caffeと来て、Chainer, TensorFlowと、ディープラーニング系のライブラリが乱立し過ぎて、ある時点から追いかけるのをやめておりました。そもそももう少し仕組みというか、特性を理解しないと活用もできないんだ...


TensorFlowで学ぶディープラーニング入門 ~畳み込みニューラルネットワーク徹底解説~

TensorFlowはじめました 実践!最新Googleマシンラーニング (NextPublishing)

Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック BeautifulSoup,scikit-learn,TensorFlowを使ってみよう


スポンサーリンク

関連記事

スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Unreal Engineの薄い本
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
オープンソースの取引プラットフォーム
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Raspberry Pi
WordPress on Windows Azure
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Managing Software Requirements: A Unified Approach
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
続・ディープラーニングの資料
ディープラーニング
HD画質の無駄遣い
ROSでガンダムを動かす
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
まだ続くブログの不調
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Blender 2.8がついに正式リリース!
Mayaのプラグイン開発
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密

コメント