PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』

スウェーデンのスタートアップMapillary社が公開しているOpenSfMというStructure from Motion用のライブラリがあるそうです。ライセンスは簡易BSDライセンス(Simplified BSD License)。2条項BSDライセンス(BSD 2-Clause license)とも呼ばれるやつで、著作権を表示すれば商用利用、修正、配布、サブライセンスOKだ。

OpenSfM

OpenSfMは、OpenCVを用いてPythonで書かれたStructure from Motionライブラリです。このライブラリは、複数枚の画像からカメラの姿勢と3Dシーンを再構成するための処理パイプラインとして機能します。ロバストでスケーラブルな復元パイプラインの構築を重視したStructure from Motionの基本モジュール(特徴検出/マッチング、minimal solvers)で構成されています。
また、外部センサー(例えば、GPS、加速度センサー)の値を統合し、地理的な位置合わせや、よりロバストな結果を得ることができます。JavaScriptのビューアを設けており、モデルのプレビューや、パイプラインのデバッグに利用できます。

要はスマートフォンなどで撮影した複数枚の画像からGoogleストリートビューのようなものを作成するためのライブラリということのようです。画像だけでなくGPSや加速度センサーの情報も利用するあたり、とてもストリートビュー的な規模を意識している感じ。専用の撮影車両に依存しない、スマホユーザー達による民主的なストリートビュー作成ツールと言ったところ。
https://blog.mapillary.com/update/2014/12/15/sfm-preview.html


スポンサーリンク


このライブラリは、クラウドソーシングでストリート映像を作成するプロジェクトのためのものですかね。↓
http://gigazine.net/news/20140903-mapillary/
https://jp.techcrunch.com/2018/09/15/2018-09-13-mapillary-rekognition-amazon/

このライブラリを使うには以下の依存ライブラリも必要となります。


スポンサーリンク

依存ライブラリ

OpenCVだけでなくOpenGVも使っているんですね。



QiitaではDocker上で動かす方法を書いている人がいる。
http://qiita.com/takahi/items/c0b21714a62935f67606

名称の”SfM”は”Structure from Motion”の略だと思うけど、カメラ位置の推定と撮影画像の補間までもStructure from Motionと呼ぶんですかね。てっきり3次元形状復元までの処理も含めてStructure from Motionだと思っていた。

このライブラリのリポジトリをGourceで可視化した動画を見つけた。2013年から始まってるのね。

https://www.youtube.com/watch?v=7YHvFVwUwcw

むちゃくちゃ巨大なライブラリというわけでもなさそうだな。

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Quartus II
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Amazon Web ServicesでWordPress
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ニューラルネットワークで画像分類
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
プログラミングスキルとは何か?
UnityのAR FoundationでARKit 3
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OANDAのfxTrade API
Boost オープンソースライブラリ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ROSの薄い本
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
機械学習について最近知った情報
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...

コメント