OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ

スウェーデンのスタートアップMapillary社が公開しているOpenSfMというStructure from Motion用のライブラリがあるそうです。ライセンスは簡易BSDライセンス(Simplified BSD License)。2条項BSDライセンス(BSD 2-Clause license)とも呼ばれるやつで、著作権を表示すれば商用利用、修正、配布、サブライセンスOKだ。

OpenSfM

OpenSfMは、OpenCVを用いてPythonで書かれたStructure from Motionライブラリです。このライブラリは、複数枚の画像からカメラの姿勢と3Dシーンを再構成するための処理パイプラインとして機能します。ロバストでスケーラブルな復元パイプラインの構築を重視したStructure from Motionの基本モジュール(特徴検出/マッチング、minimal solvers)で構成されています。
また、外部センサー(例えば、GPS、加速度センサー)の値を統合し、地理的な位置合わせや、よりロバストな結果を得ることができます。JavaScriptのビューアを設けており、モデルのプレビューや、パイプラインのデバッグに利用できます。

要はスマートフォンなどで撮影した複数枚の画像からGoogleストリートビューのようなものを作成するためのライブラリということのようです。画像だけでなくGPSや加速度センサーの情報も利用するあたり、とてもストリートビュー的な規模を意識している感じ。専用の撮影車両に依存しない、スマホユーザー達による民主的なストリートビュー作成ツールと言ったところ。
https://blog.mapillary.com/update/2014/12/15/sfm-preview.html


スポンサーリンク


このライブラリは、クラウドソーシングでストリート映像を作成するプロジェクトのためのものですかね。↓
http://gigazine.net/news/20140903-mapillary/
https://jp.techcrunch.com/2018/09/15/2018-09-13-mapillary-rekognition-amazon/

このライブラリを使うには以下の依存ライブラリも必要となります。


スポンサーリンク

依存ライブラリ

OpenCVだけでなくOpenGVも使っているんですね。



QiitaではDocker上で動かす方法を書いている人がいる。
http://qiita.com/takahi/items/c0b21714a62935f67606

名称の”SfM”は”Structure from Motion”の略だと思うけど、カメラ位置の推定と撮影画像の補間までもStructure from Motionと呼ぶんですかね。てっきり3次元形状復元までの処理も含めてStructure from Motionだと思っていた。

このライブラリのリポジトリをGourceで可視化した動画を見つけた。2013年から始まってるのね。



むちゃくちゃ巨大なライブラリというわけでもなさそうだな。

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
ROSでガンダムを動かす
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
OpenGVの用語
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
機械学習で遊ぶ
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
ZBrushのZScript入門
UnityでOpenCVを使うには?
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
ROMOハッカソンに行ってきた
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Raspberry Pi
Konashiを買った
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Model View Controller
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
UnityでARKit2.0
pythonもかじってみようかと
C++始めようと思うんだ
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Active Appearance Models(AAM)
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
3D復元技術の情報リンク集
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Unityの薄い本
MeshroomでPhotogrammetry

コメント