MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト

2年ほど前、自分でスマートテレビもどきを作ろうとしてた時に見つけた情報。

MythTV, Open Source DVR

Linux上で開発された、TV視聴と録画などを行なうサーバーとクライアントからなるマルチメディアシステム。
サーバーとしてはFreeBSDへの移植も行なわれており、クライアントとしてはLinux,FreeBSDのほかWindowsやMacOSX用のものもある。 その他、DVD-Video、Video-CD、音楽CDを再生できる。
クライアントから操作する他、ウェブインターフェイスからの設定や録画ファイルダウンロードが可能。適切な設定を行なえば、インターネットからウェブインターフェイスを利用することも可能。 日本国外在住者が日本国内テレビ放送の視聴に利用する例もある。

録画時間になればLinuxを起動し、録画を開始できる機能を搭載している。


スポンサーリンク

ちなみに、日本のテレビ放送を観れるようにするには、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアとして特殊なチューナーカード(TS抜きのチューナー)が必要。


スポンサーリンク


そんで、公式で配布されてるMythTVは日本のISDB-T(地上デジタル)とISDB-S(BSデジタル)に対応していないそうで、パッチを当てた改造版も存在する。
使うには改造版と本家最新バージョンの差分から修正パッチを作成して、ベースとなるコードにパッチを当てる。
この有志による改造版はなかなかすごいもので、番組表を引っ張ってきて録画予約できたりする。

この時知ったんだけど、デジタル放送って、一定の周期でデータ放送と映像情報がセット送信されてくるみたい。

参考:
PT1/PT2のDVBとMythTV@Wiki
PT2で地デジ対応MythTVを作る
PT2対応のMythTVをビルド

この頃やりたかったのは、テレビチャンネルのマッシュアップだった。放送局単位にとらわれない情報表示方法みたいなもの。あらゆる局のデータ放送を統合して別の意味を見出すような感じ。
デジタル放送時代になってから、番組の映像と同時にデータ放送も含まれるようになったけど、チャンネルごとに情報が閉じているのが気に入らなかった。
次の時代は、「情報を閲覧方法は受け手が決める」だと何となく思っていた。

今なら、コンピュータビジョンで映像中から別の情報を抽出するとか考えちゃうな。顔認識で録画の自動チャプター分割とか、機械学習で番組ごとの傾向を抽出するとか。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
Unreal Engineの薄い本
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Iterator
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
C++の抽象クラス
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
html5のcanvasの可能性
ブログの復旧が難航してた話
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenCV
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
3D復元技術の情報リンク集
ブログが1日ダウンしてました
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
C++始めようと思うんだ
OpenCV バージョン4がリリースされた!

コメント