OpenCVで顔のモーフィングを実装する

映画の視覚効果で初めてモーフィング技術が使われたのは映画「ウィロー」だとILMのドキュメンタリーで見た記憶がある。

1988 Industrial Light & Magic – "Willow" (morphing sequence)

ウィロー [Blu-ray]

まだ3DCGはもちろん、デジタルな視覚効果そのものが珍しかった1988年の映画だ。画像を変形させてシームレスに別の画像へ変化させて見せる「モーフィング」という表現は、旧来のオプティカル合成では到底考えられないビジュアルだった。


スポンサーリンク


邦画でも90年代中頃から結構使われていた気がする。「モスラ2 海底の大決戦」でモスラが水中モードへ変身するビジュアルもモーフィングだ。

https://www.youtube.com/watch?v=JxXZjuw-VPI

当時小学生だったオイラでも「あ、モーフィングだ」と思った記憶があるので、当時でももうそれほど目新しい表現ではなかったかもな。
今見ると、いかにも2次元な処理でのっぺりして見える。

モスラ3部作 Blu-ray(3枚組)

時は流れ、2Dの画像加工はそれほど珍しいものではなくなり、モーフィング処理の演算コストも今時のパソコンなら気にならないレベルだ。最近は、モーフィング表現単体で驚くようなことも無い。AfterEffectsなど、この手のアプリケーションでは当たり前のように搭載されている。
http://tv.adobe.com/jp/watch/335/4863/


スポンサーリンク

単純なモーフィング Creative COWのリーダーであるエラン・スターンがタイムリマップとピクセルモーションを使用して単純なモーフィングを作成する方法をご紹介します。

前置きが長くなったけど、OpenCVとDlibを使って顔画像のモーフィングを実装するチュートリアルを見つけた。ソースコードも配布されています。↓
https://www.learnopencv.com/face-morph-using-opencv-cpp-python/

Face Morphing using OpenCV (C++ / Python)

現在は顔の器官を自動で検出することができるから、顔画像同士のモーフィングを自動で処理できるわけですね。


スポンサーリンク

関連記事

池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
3D復元技術の情報リンク集
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Raspberry Pi
ニューラルネットワークと深層学習
機械学習手法『Random Forest』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
プログラミングスキルについて考える
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Boost オープンソースライブラリ
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Adobe MAX 2015
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Open Shading Language (OSL)
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
OpenMayaのPhongShaderクラス
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Raspberry PiでIoTごっこ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
UnityでARKit2.0
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

コメント