OpenCVで顔のモーフィングを実装する

映画の視覚効果で初めてモーフィング技術が使われたのは映画「ウィロー」だとILMのドキュメンタリーで見た記憶がある。



ウィロー [Blu-ray]

まだ3DCGはもちろん、デジタルな視覚効果そのものが珍しかった1988年の映画だ。画像を変形させてシームレスに別の画像へ変化させて見せる「モーフィング」という表現は、旧来のオプティカル合成では到底考えられないビジュアルだった。


スポンサーリンク


邦画でも90年代中頃から結構使われていた気がする。「モスラ2 海底の大決戦」でモスラが水中モードへ変身するビジュアルもモーフィングだ。



当時小学生だったオイラでも「あ、モーフィングだ」と思った記憶があるので、当時でももうそれほど目新しい表現ではなかったかもな。
今見ると、いかにも2次元な処理でのっぺりして見える。

モスラ3部作 Blu-ray(3枚組)

時は流れ、2Dの画像加工はそれほど珍しいものではなくなり、モーフィング処理の演算コストも今時のパソコンなら気にならないレベルだ。最近は、モーフィング表現単体で驚くようなことも無い。AfterEffectsなど、この手のアプリケーションでは当たり前のように搭載されている。
http://tv.adobe.com/jp/watch/335/4863/


スポンサーリンク

単純なモーフィング Creative COWのリーダーであるエラン・スターンがタイムリマップとピクセルモーションを使用して単純なモーフィングを作成する方法をご紹介します。

前置きが長くなったけど、OpenCVとDlibを使って顔画像のモーフィングを実装するチュートリアルを見つけた。ソースコードも配布されています。↓
https://www.learnopencv.com/face-morph-using-opencv-cpp-python/



現在は顔の器官を自動で検出することができるから、顔画像同士のモーフィングを自動で処理できるわけですね。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenMayaRender
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
3Dグラフィックスの入門書
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OANDAのfxTrade API
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
書籍『ROSプログラミング』
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
UnityでARKit2.0
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Open Shading Language (OSL)
MRenderUtil::raytrace
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Managing Software Requirements: A Unified Approach
ブログのデザイン変えました
Paul Debevec
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Boost オープンソースライブラリ
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ManimML:機械学習の概念を視覚的に説明するためのライブラリ

コメント