Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』

複数枚の2D画像から、カメラの3D姿勢情報と被写体の疎(sparse)な3D点群を推定するのがStructure from Motionという手法。そこで求めたカメラの姿勢、点群の情報を使ってさらに密(dense)な点群を求めるのがMulti-View Stereoという手法。
Structure from Motionのライブラリは結構色々あるみたいなんだけど、そこから密な点群を求めるMulti-View Stereoのライブラリはあんまり見かけないんだよね。(PMVSというツールは有名ですが)

このOpenMVS(Multi-View Stereo)は、名前の通り、密な点群を復元するMulti-View Stereoのアルゴリズムを実装したライブラリ。OpemMVS自体はAGPLライセンスだけど、依存しているサードパーティのライブラリが細々と沢山あり、それぞれのライセンスに従うのでこちらを参照。

OpenMVS

OpenMVS(Multi-View Stereo)は、コンピュータビジョン科学者、特にMulti-View Stereo reconstructionの分野を対象としたライブラリです。
Structure-from-Motionのパイプラインを実装した(OpenMVGなどの)オープンソースプロジェクトを使えば、入力画像セットからカメラの姿勢や疎な3次元点群を復元できますが、それだけではphotogrammetry chain-flowの最後のプロセスが欠けています。OpenMVSは、この最後のプロセス、再構築するシーンの完全なサーフェイスを復元するためのアルゴリズムを提供します。
OpenMVSへの入力はカメラの姿勢セットと疎な点群、OpenMVSからの出力はテクスチャ付きのMeshになります。
このプロジェクトの主な特長は以下の通りです。

  • 密な点群の復元:可能な限り完全・正確な点群を得るための復元
  • Meshの再構築:入力点群から高品質なMesh表面を推定するためのMesh再構築
  • Meshの分割:全てのディティールを復元するためのMesh分割
  • Meshのテクスチャリング:Meshを着色するためのシャープで正確なテクスチャ計算

詳細なドキュメントはWikiをご覧ください。


スポンサーリンク

このライブラリ、OpenMVGのドキュメントで紹介されていたのだ。


スポンサーリンク


OpenMVGのドキュメントによると、OpenMVGとOpenMVSの連携は比較的簡単にできるみたい。
ソースコードはGitHubにある。↓
https://github.com/cdcseacave/openMVS

ドキュメントはGitHub上のWikiに。↓
https://github.com/cdcseacave/openMVS/wiki

OpenMVGの出力結果をOpenMVSの入力に使う例も載ってる。↓

使い方

secene dense

追記:ドキュメントに従ってサンプルを動かしてみた↓


関連資料

Multi-View Stereoについては、毎度おなじみコンピュータビジョン最先端ガイド5と、コンピュータビジョン勉強会@関東の第28回の資料が参考になる。

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)





スポンサーリンク

関連記事

C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ROMOハッカソンに行ってきた
HD画質の無駄遣い その2
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
立体視を試してみた
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ベイズ推定とグラフィカルモデル
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
仮想関数
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Unityの薄い本
Model View Controller
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Unreal Engineの薄い本
Mayaのシェーディングノードの区分
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
定数
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
Active Appearance Models(AAM)
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZScript
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ

コメント

  1. […] がとうございます。 NegativeMindさんありがとうございます。 NegativeMindException | Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』 NegativeMindException | 複数視点画像から3次元形状を復元するラ […]